スポンサーリンク

隷属への愛が実現する至高のディストピア「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー 著

ずっと読みたいと思っていた。1932年に描かれた本作はディストピア小説の傑作として、オーウェルの「一九八四年」と並び称されることも多い。その理由は読めばわかる。すばらしい新

記事を読む

NO IMAGE

医療技術の革新?一瞬で止血するジェル”VETI-GEL”についてのTEDスピーチ

ジョー・ランドリーナ: 一瞬で止血するジェル | Talk Video | TED.comTEDでとても興味深いスピーチが公開されていた。そのタイトルの通り、瞬時に傷口

記事を読む

2015冬アニメ気になる作品のPVまとめ

2015年1月(冬期)開始アニメで観ようと思う作品のPVまとめ。艦隊これくしょん -艦これ-艦これジャーナル 艦娘たちのお正月posted with ama

記事を読む

スポンサーリンク

江戸時代のナポレオン~「江戸の海外情報ネットワーク (歴史文化ライブラリー)」岩下 哲典 著

徳川幕府の支配体制の解体から明治維新へと至るプロセスに「情報」が大きな役割を果たした。特に鎖国下の海外情報は幕府によって管理統制されてその流通は限定的であった。その中で限定的な海外

記事を読む

お城に関するおすすめの入門・概説書「城郭の見方・調べ方ハンドブック」西ヶ谷 恭弘 編著

お城巡りは楽しい。近世以降の現存する城や復原された城なども良いが、個人的には中世の遺構だけになっている城趾を訪れて、往時を偲ぶのが好みだ。お城巡りは一過性のブームというより

記事を読む

「なぜあの人はあやまちを認めないのか」キャロル・タヴリス&エリオット・アロンソン 著

失言や判断ミスを言い繕う政治家、不正を隠蔽する官僚、予言が外れたときのカルト教団の教祖、論文捏造がばれたときの科学者、憎みあう民族、親子で食い違う子供の頃の虐待の記憶、離婚直前の夫

記事を読む

「琉球国の滅亡とハワイ移民 (歴史文化ライブラリー)」鳥越 皓之 著

1879年、およそ四百五十年に渡り続いた琉球王国は日本に併合(「琉球処分」)され滅亡した。滅亡後の琉球=沖縄は明治政府の支配下で伝統的共同体の崩壊と社会基盤の弱体化を招き、移民が認

記事を読む

今ホットな安土城謎の直線道路「大手道」論争―「信長の城」千田 嘉博 著

戦国時代の城で現存しているものは皆無である。なにせ四百年以上前の建築物だけに、遺構が残っているだけで貴重、多くは地中深く埋もれているか、その歳月によって跡形もなく破壊されて消え去っ

記事を読む

「中世武士の城 (歴史文化ライブラリー)」齋藤 慎一 著

戦国時代の城として一般的に思い浮かべられる、壮麗な天守、堅固な石垣、張り巡らされた水掘・・・などの城の姿は実は江戸時代のものだ。天守も石垣もなく、水掘ではなく空堀で、土塁や地形を利

記事を読む

「犬たちの明治維新 ポチの誕生」仁科 邦男 著

明治維新は日本人と犬との関係をがらりと変えた。共同体の中の犬から飼主と飼犬という個と個の関係へと、近代化のプロセスの中で揺れ動く犬を巡る価値観の変化を、幕府からペリーに送られた犬か

記事を読む

ペリー艦隊の日本人、サム・パッチこと仙太郎の生涯

日本史の画期となった嘉永六年(1853)の黒船来航時、ペリー艦隊の中に水夫として一人の日本人がいた。彼は安芸(現在の広島県)出身の船乗りで、乗っていた船が嵐にあい漂流、米国船に救出

記事を読む

御城プロジェクト

御城プロジェクト城娘担当声優まとめ

正式に公表されているお城プロジェクトの城娘担当声優の一覧です。(敬称略)城娘担当声優(2014年12月12日時点)綾瀬有:不来方城、桜尾城、来島城五十嵐裕美:北ノ庄

記事を読む

トマ・ピケティ「21世紀の資本論についての新たな考察」

トマ・ピケティ「21世紀の資本論についての新たな考察」スピーチ動画

フランスの経済学者トマ・ピケティによる、世界的に話題となった著書「21世紀の資本論"仏: Le Capital au XXIe siecle 、英: Capital in the

記事を読む

御城プロジェクト

「お城これくしょん」あらため「御城プロジェクト」始めてみました

お城これくしょん改め「御城プロジェクト」リリースのお知らせがDMMから届いていたので始めてみました。事前登録ユーザーのみ参加可能になっています。本日一般公開されたそうです。

記事を読む

潮改2

潮改二とかいう天使、ほか艦これ秋イベント前当司令部現況

艦これメンテナンスが明けたら天使が舞い降りてきたんだけど・・・あ、レベル70で改2に出来てました。これは歴代改二艦の中でも屈指の良アップデートですわ。というわけ

記事を読む

「心霊の文化史—スピリチュアルな英国近代」吉村 正和 著

十九世紀半ばから二十世紀初頭にかけて英米を中心に隆盛を迎えたのが心霊主義(スピリチュアリズム)である。近代的な思想運動として始まった心霊主義は第二次大戦後衰退するものの、60年代の

記事を読む

ノストラダムスに関する実証研究のコンパクトな入門書「ノストラダムス―予言の真実」

諸宗教の聖典・経典を除けば、十六世紀フランスの医師・占星術師・詩人であるミシェル・ノストラダムス(1503~66)によって書かれた「予言集」は世界で最も読まれた本の一つに挙げられる

記事を読む

近江支配と安土城から信長を考える本「織田信長 その虚像と実像」松下浩 著

近年、織田信長研究の概説書が手頃なサイズで次々と出されているが、本書もその流れに乗って2014年6月に発売された一冊である。信長に関しては基本的にスタンダードな記述で手堅いが、本書

記事を読む

eyecatch20141105

移民による世界的な海外送金の現状についてのTED動画

ディリップ・ラーサ: 海外送金は世界経済の隠れた力『2013年に国際移民が家族や友人に送金した金額は4130億ドルにのぼり、これは世界の開発援助資金の合計(約1350億

記事を読む

simplicity

ブログのテーマをwordpressテンプレート「Simplicity」に変更しました

ブログのレイアウトをリニューアルしました。以前はstinger3をベースにして色々いじっていたんですが、アドセンスの表示がスマホ版のデザインを崩してしまっていたようだったのと、色々

記事を読む

スポンサーリンク
1297