医療技術の革新?一瞬で止血するジェル”VETI-GEL”についてのTEDスピーチ

ジョー・ランドリーナ: 一瞬で止血するジェル | Talk Video | TED.com

TEDでとても興味深いスピーチが公開されていた。そのタイトルの通り、瞬時に傷口をふさぎ止血する”VETI-GEL”という製品を発明、実用化を目指しているジョー・ランドリーナ氏によるスピーチで、2015年1月には獣医師向けに、また2015年度中に人体向けに実用化を目指しているのだという。

スピーチによれば、細胞を構成しあるいは傷を治す役割を持つ、線維やタンパク質や糖からなる細胞外マトリックス(ECM)の「体が治癒する仕組みに働きかけて体の一部になりそれを検知した血液がファイブリン (線維素) を生成して10秒以内という早さで血が固まる」というジェルで、実用化されれば戦場の兵士から医療の幅広い分野まで効果が期待されるもののようだ。

素人目には十数秒で迅速に止血出来るというだけで凄い画期的な進歩のように思うのだが、副作用等のリスクや実現性・影響など専門家によるわかりやすい説明が無いかなと、簡単に検索してみる限り日本では一部のネットメディアで簡単に触れられているだけであまり報じられていないようだった。

ケガや傷による出血を塗るだけで即座に止める未来のバンソウコウ「VetiGel」 – GIGAZINE
すごい!出血を数秒で止めるジェルを発明したのはNY大学の20歳の青年 | 「マイナビウーマン」

googlenewsをキーワードでさかのぼってみるとブルームバーグを始めとして(youtube参照)各国でニュースになっていたようなので、日本のメディアが取り上げなかっただけということのよう。実際に日本で話題になるのは、近い将来、本格的に人体向けに実用化されてからのことになるだろうからそのときを期待したい。

スピーカーで発明者のジョー・ランドリーナ氏がCEOを務めるsuneris社で開発が進められており、同社ウェブサイトでも詳しく説明されている。
http://www.suneris.co/

そういえば『痛みのない「針なし注射器」の開発に成功 皮膚に押し当てるだけ 芝浦工大 – ITmedia ニュース』というニュースも先日報じられていて、あわせて医療のブレイクスルー的な印象を覚えたりしているのだが、どうなのかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク