チンギスの称号はカン?ハン?カーン?ハーン?

モンゴル帝国の建設者、「蒼き狼」の異名でも知られる歴史上屈指の「世界征服者」というと、チンギス・・・カン?ハン?カーン?ハーン?ということで、混乱する彼の称号について簡単にまとめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歴史学上正しい呼び方はチンギス・カン

結論からいうと、歴史学上正しいのは、ちょっと前までチンギス・ハンだったが今はチンギス・カンである。

「カン(ハン)」はトルコ系・モンゴル系遊牧民が用いていた称号で王や族長を表す。ここでやっかいなのがモンゴル語の発音では丁度「カ」と「ハ」の間の発音であることで、時代によってカに近かったりハに近かったりするが、近年の研究でチンギスが生きていた十三世紀は「カ」に近い音だったことがわかった。一方で、現代モンゴル語ではカンではなくハンと発音するが、モンゴル史では当時の発音に則ってほぼ「チンギス・カン」と呼ぶことが定着しつつある。

また、「カーン(ハーン)」について、それぞれの部族の長が「カン(ハン)」だが、それら諸部族を統合する地位を「カーン(ハーン)」と古くから呼んでいる。この呼称は君主、皇帝などと訳され、史料上五世紀ぐらいまで遡ることができる。これも「カン(ハン)」と同様、十三・十四世紀当時は「カ」で時代を下るごとに「ハ」に変化した。しかし、「カーン」を名乗るのは彼の子ウゲデイ(オゴダイ、オゴデイ)と第四代ムンク(モンケ、ムンケ)からで、チンギスは名乗っていない。第二代ウゲデイ・カーン以降、一人のカーンの下に複数のカンが並ぶ体制がモンゴル帝国(大モンゴル国)の特徴である。

ということで、歴史学上はチンギス・カンが正しいでファイナル・アンサー・・・なのだが、これで収まらないのがチンギス呼称問題の複雑なところだ。

モンゴルで一般的なのはチンギス・ハーン

信仰の対象としてのチンギス・ハーン

チンギスの死後、三男ウゲデイと末弟トルイの間で後継者争いがあり、ウゲデイの死後、トルイ系統がカーン位に代々就くことになった。その継承の過程で、チンギス・カンの神格化が起こる。「チンギス統原理」と呼ばれる、チンギスの血統以外カーン(ハーン)位に継げないとするある種の王権神授説で、チンギスはハーン(皇帝)として、祀られるようになった。そのチンギスの霊廟の支配権がそのまま帝位を巡る抗争の舞台になるが、この祭祀を通じてシャーマニズムと習合し、シャーマニズムを通じてイスラームのスーフィズムにも登場するようになり、あるいは仏教の守護者ともなり、形をかえつつモンゴル族の間でチンギス・ハーン信仰となって広がっていった。ゆえに神としてはチンギス・ハーンである。

民族・国家統合の象徴としてのチンギス・ハーン

1911年、清朝が滅亡すると、モンゴル人の間で民族独立運動が起こるが、列強の駆け引きに翻弄されて1924年、ソ連の支援を受けて外モンゴルだけが「モンゴル人民共和国」として独立する。残された内モンゴルはチンギスの後裔徳王を推戴して自治政府樹立を目指すが、満州国を樹立していた日本の関東軍がこれを支援、チンギスの霊廟をシンボルに反共の内蒙古独立政府を樹立しようとするが、これに対し1939年、毛沢東が先手を打ってチンギスの霊廟八白宮を延安に移転させチンギスを祀ると、蒋介石も「中華民族の英雄」としてチンギスを称揚、モンゴル民族を抗日戦線に結集させようと試みる。関東軍もこれらに対抗して1942年、内モンゴルにチンギスの霊廟を建設、と神としてのチンギス・ハーンを諸国がモンゴル民族の象徴として祭り上げることで、モンゴル人勢力の取り込みを図ろうとする。諸列強の思惑がチンギスを信仰の対象から民族の象徴へと変化させつつあった。

結局、内モンゴルの独立はかなわず、第二次大戦終結後中国に編入、しばらくは民族融和政策でチンギス・ハーン信仰に寛容な政策が行われたが、文化大革命が始まると、チンギス・ハーン信仰に対し激しい迫害が加えられた。その後改革開放路線に転じて、近年はチンギス・ハーン信仰の古来の祭礼も復活し、信仰そのものに対しては寛容であるというが、民族主義運動についてはその限りではない。

一方で、独立した外モンゴルの「モンゴル人民共和国」では共産主義体制化下でチンギス・ハーン信仰に対して激しい迫害が加えられた。侵略者・殺戮者としてチンギス・ハーンが捉えられて民族主義弾圧の口実として利用される。「現代モンゴルを知るための50章」によれば、二十世紀初頭のモンゴル庶民の間でチンギス・ハーンに関する知識は必ずしも高くなかったという。これが、共産主義体制下、チンギス・ハーンを口実にした弾圧の中で知識人から一般市民までチンギス・ハーンが民族の象徴として理解されるようになった。『たとえそれが教条主義的な枕詞が並べられ、チンギスに対する否定的な文句が並べられていたにせよ、人びとは書籍や新聞などのメディアを通じて、チンギスに関する知識を得ていった。』(「現代モンゴルを知るための50章」P40)

1990年代、ソ連邦が崩壊し、モンゴルの民主化・市場経済化が進むと、チンギス・ハーンは民族、国家統合の象徴として再評価されるようになる。ここでも、チンギスはカン(族長)ではなく世界帝国の偉大な建設者ハーン(皇帝)である。チンギス・ハーン空港、チンギス・ハーン広場、チンギス・ハーンホテルなどなど、固有名詞としてもチンギス・ハーンが多数使われ、うっかり「チンギス・カン」と言おうものならモンゴル人に「ハーン」だと反論されることも多いらしい。

というわけで、モンゴル人の間では「チンギス・ハーン」が、宗教的・民族的・そして文化的にも一般的になっている。

日本の学校教育ではチンギス・ハン

歴史学的に正しいのはチンギス・カンでモンゴル社会においては宗教的・民族的な経緯からチンギス・ハーンが使われているが、日本の学校教育ではチンギス・ハンが使われている。一応、世界史用語集(山川出版社「世界史用語集」山本 洋幸、中村 哲郎「詳解 世界史用語事典」の二種類)や大学受験参考書・問題集をいくつか確認したが、いずれもハンであった。

カンが正しいとされるようになったのも2000年代に入ってからのことなので、おそらくまだ反映されていないのだと思う。また、北アジア・ユーラシアの歴史学・考古学は、ソ連邦の崩壊によって調査研究が自由に行われるようになったことで、近年めざましく進歩している分野ということもあり、その変化がある程度落ち着き、あらためて学説が体系的にまとまるまで待っているのかもしれない。

ほかにも、モンゴル語の日本語表記の難しさもあるのかもしれない。このあたり、先日紹介した白石典之「チンギス・カン ”蒼き狼”の実像」に詳しいのでそのまま紹介する。チンギスの子ウゲデイ(オゴダイ、オゴデイ)についてだ。

『彼の名の記し方には「ウゲデイ」のほかに「オゴデイ」などがあって混乱している(歴史教科書には「オゴタイ」とするものが多いが、近年の研究では「オゴデイ」と読むのが正しいとされる)。その原因のひとつにモンゴル語文法がある。モンゴル語には「母音調和」という規則がある。古代日本語にもあったとされるアルタイ諸語の特徴である。それは母音には男性母音と女性母音とがあり、ひとつの単語はどちらか一方の性の母音だけで成り立つということだ。異なる性の母音がひとつの単語に共通することは原則的にありえない。男性母音にはaとo、女性母音にはuとeがある(iは中性母音といい、どちらとも共存することができる)。

(中略)

厄介なことにモンゴル語の母音には、さらにuとoの中間的な発音をするものがある。「ウゲデイ」の場合は、まさにそれにあたる。それをカナ表記するのは難しい。「ウ」で始めるなら、母音調和の原則にしたがって「ウゲデイ」とするのがよいだろう。ただ「オ」で始まる「オゴデイ」は男性母音と女性母音が混在してモンゴル語らしくない。』(157-158)

同様に、第五代カーン「フビライ」も母音調和の原則からはずれ、現代モンゴル語では「ホビライ」、当時は「コビライ」と発音されていたという。あとクビライという呼び方もあるが、これについては白石氏は説明していないのでよくわからないが、よく使われているのは見かける。第四代モンケも「ムンク」か「モンケ」の方が適切ということになるのだという。

とにかく、モンゴル語をカナであらわすことは、なんとも面倒な作業なのだ』(P159)とモンゴル研究の第一人者が言うぐらいなので、学校教育で教えるための用語の統一は相当大変なものなのだろうという印象を強く受ける。

何にしろ、このまま行けばあと五年か十年、あるいは二十年もすると学校教育で教えられるモンゴルを始めとしたアジア・ユーラシアの歴史は現代とはがらりと変わったものになるのだろう。

というわけで、彼をどう呼ぶにしろ、このような背景を踏まえておくと色々有用だと思います。個人的には、近年の学説にしたがってチンギス・カンを使うのが適切で、宗教的・民族主義的文脈で限定的にチンギス・ハーンを使うというのが妥当かなと思います。

蛇足ながらアイキャッチ画像のチンギス・カン肖像画はwikipediaから借用したものだが、この肖像画は台湾故宮博物院収蔵、清の内府にあった「中国歴代帝后像」という画集の一枚で、フビライ(ホビライ、コビライ、クビライ)の肖像画と瓜二つなことから、彼の肖像画をベースに作成された想像画だと考えられている。杉山正明氏は『大元ウルス治下にあっては、チンギスとクビライは並び立つふたりの「大帝」であった。よくはわからぬチンギスについては、クビライの影をそこに潜ませたのではないか」(「モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史)」P115)という。チンギスの遺命に背く形でカーン位を継承したクビライ以降のトルイ家系統がクビライとチンギスを重ねあわせることで正統化を図るのはしっくりくる話でもあり。

参考書籍
・白石 典之 著「チンギス・カン ”蒼き狼”の実像」
・杉山 正明 著「モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史)」
・村岡 倫 著「モンゴル帝国の真実――現地調査と最新の資料研究から(天野哲也、臼杵勲、菊池俊彦編「北方世界の交流と変容―中世の北東アジアと日本列島」収録)」
・小長谷有紀、前川愛編「現代モンゴルを知るための50章」

チンギス・カン “蒼き狼”の実像 (中公新書)
中央公論新社 (2014-07-11)
売り上げランキング: 1,349
モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史)
杉山 正明
講談社
売り上げランキング: 243,914
北方世界の交流と変容―中世の北東アジアと日本列島
山川出版社
売り上げランキング: 781,086
現代モンゴルを知るための50章 (エリア・スタディーズ133)
小長谷有紀 前川 愛
明石書店
売り上げランキング: 565,468

関連記事

「チンギス・カン ”蒼き狼”の実像」白石 典之 著
ソ連の崩壊により北アジア・ユーラシアの考古学研究は九〇年代後半から二〇〇〇年代にかけて様々な発見が相次ぎ非常に大きく進歩している。本書は、日...
「モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史)」杉山 正明 著
モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史)posted with ヨメレバ杉山 正明 講談社 2008-02-19 Amazon7ne...
ジプシー/ロマ/ロマニ呼称問題の簡単な整理
歴史的にジプシーと呼ばれてきた人々の呼称を巡っては様々な議論がある。 承前:「「ジプシー 歴史・社会・文化」水谷 驍 著」で簡単な歴史的背...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク