北鎌倉の古刹「瑞鹿山円覚寺」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

円覚寺三門(山門)

円覚寺三門(山門)

円覚寺は正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺といい鎌倉五山の第二位、鎌倉を代表する歴史と権威を持つ寺院の一つである。

円覚寺の歴史

円覚寺は弘安五年(一二八二)、執権北条時宗により、文永の役の戦死者供養を目的に南宋滅亡後に来日した禅僧無学祖元を開山として創建された禅寺である。

無学祖元(一二二六~一二八六)で名高いのは「臨刃偈(りんじんげ)」の故事である。一二七六年、祖元は温州の能仁寺に住していた。当時破竹の勢いで南宋に侵攻していた蒙古軍はその能仁寺にも侵入して僧侶たちに刀を突きつけてくる。そのとき祖元が立ち上がり、蒙古兵たちにこう「偈」(仏の教えや悟りを韻文で詠んだもの)を説いたとされる。

乾坤(けんこん) 孤?(こきょう)を卓(た)つるに地なし
喜び得たり 人 空にして 法もまた空なるを
珍重す 大元 三尺の剣
電光影裏に 春風を斬る

(奥富P55)

『この世には、一本のつえを立てる地さえない。喜ばしいことに次のことを悟った。人間も空であり、法もまた空であると。珍重するよ大元の兵の三尺の剣を。雷光影裏にして、私を切ったとしてもただ春風を切るにすぎない、切りたければ切れ』(松尾P110)

これには蒙古兵も感銘を受け、兵を引いたという。

円覚寺は当初建長寺の蘭渓道隆(一二一三~一二七八)を開山として創建する予定だったが、円覚寺の寺地が決まった直後に道隆は亡くなってしまい、無学祖元が招聘されて弘安二年(一二七九)、来日、建長寺住持に就任し、北条時宗も祖元に師事、その後円覚寺は祖元を開山とする計画に変更され、弘安五年(一二八二)、円覚寺が落慶した。

円覚寺仏殿

円覚寺仏殿

境内の建物はいずれも火災や戦乱、災害などの影響で中世の姿を残しているものはほとんどなく近世以降に建てられたものである。三門(山門)は天明五年(一七八五)年、仏殿は昭和三十九年(一九六四)に再建された。

宝冠釈迦如来像

宝冠釈迦如来像

円覚寺の本尊。頭部のみ鎌倉時代に造られたもの。

白鹿洞

白鹿洞

伝承では落慶式典が行われている最中、背後の山から白鹿の群れが現れて祖元の説法を聴いていたという。その一件から瑞鹿山という山号となり、故事にちなんで鹿の像を置いた小さな窟が設けられている。

妙香池

妙香池

無学祖元は来日して臨済宗仏光派の祖となったが、その祖元の孫弟子に作庭家として高名な禅僧夢窓疎石(一二七五~一三五一)がいる。この妙香池は夢窓疎石が作庭した庭園の池の遺構であるとされている。

佛日庵

佛日庵

弘安七年(一二八四)、執権北条時宗が三四歳の若さで亡くなり墓堂として建てられたのがこの佛日庵である。鎌倉幕府滅亡後衰微したため天文年間(一五三二~一五五五)に鶴隠周音によって中興された。

黄梅院の聖観世音

黄梅院の聖観世音

足利尊氏が夢窓疎石の塔所(墓所)として創建したのが黄梅院で、以降夢窓派の拠点となった。銅造千手観音像が安置されているほか、本堂には木像の夢窓国師座像がある。

方丈の百観音

方丈の百観音

方丈の百観音

方丈は住持が居住する建物だったが、現在は様々な行事が行われる建物となっている。その庭にはビャクシンや百観音像が安置されている。

円覚寺の梅

円覚寺の梅

円覚寺の梅

円覚寺境内の梅はそれほど多くは無いが、見ごろを迎えるととても綺麗で見応えがある。

洪鐘(おおがね)

洪鐘

正安二年(一三〇一)完成の梵鐘。執権北条貞時を大檀那として鋳物師物部国光によって作られた総高二五九・五センチ、龍頭五三・三センチ、笠形一六・二センチ、鐘身一九〇センチ、口径一四二センチ、乳六段六列の東国最大の大鐘で、国宝である。

円覚寺参道と横須賀線

円覚寺参道と横須賀線

横須賀線北鎌倉駅は円覚寺の境内に設けられている。明治二二年(一八八九)、横須賀線が開通するにあたって境内に路線が敷かれ(北鎌倉駅の開設は昭和二年)たことによるものだ。これによって円覚寺の名所の一つ白鷺池は円覚寺と線路で分断されてしまっている。

白鷺池

白鷺池

その境内と分断された白鷺池の一帯こそが、円覚寺であるともいえる。伝承では北条時宗と蘭渓道隆がともに候補地を探して歩いていたとき、鶴岡八幡宮の八幡大神が白鷺に化けてこの池に案内し、白鷺が消えた場所を掘ってみたところ円覚経を収めた箱が見つかった。そこで、この池が白鷺池と名づけられ、建設予定の寺の候補地となり、その寺の名前も円覚寺と決定された。

円覚寺は全盛期には中国から来日した禅文化の中心地として機能し、山門・仏殿・法堂が一直線に並び僧堂などは左右対称となる禅宗様式の典型的な七堂伽藍配置であったとされている。しかし、南北朝時代に蘭渓道隆の門流建長寺大覚寺派と無学祖元の門流である円覚寺仏光派との対立が激化し、応安七年(一三七四)、大覚派が円覚寺を襲撃、七堂伽藍は焼き払われ、応永三年(一三九六)、円覚寺最大の経済基盤であった尾張国富田庄の広大な荘園を手放すこととなり、以降その伽藍は復活することなく円覚寺は衰退していった。

往年の威容には及ばないまでも現在は鎌倉を代表する観光地として多くの参詣者がひっきりになしに訪れとても賑わっている。


大きな地図で見る
JR横須賀線北鎌倉駅下車、徒歩一分
拝観時間3~11月 8:00~16:30、12~2月 8:00~16:00
拝観料 大人300円、小人100円

参考書籍・サイト
・奥富 敬之 著「鎌倉史跡事典
・松尾 剛次 著「鎌倉 古寺を歩く―宗教都市の風景 (歴史文化ライブラリー)
臨済宗大本山 円覚寺
円覚寺 – Wikipedia

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク