道路の案内標識の「地名」はどう決まる?

道路の案内標識の「地名」はどう決まる? | エキサイトニュース
道路を走っていると、そこかしこで目にするブルーの案内標識。最近はカーナビ頼みの人も多いかもしれないが、知らない土地でのドライブではやっぱり心強い味方だ。
ところで案内標識に書かれている「目標地」はどうやって決まっているのだろうか?

上記記事によると実は都道府県別に標識に記入する地名があらかじめ定められているのだそうです。

Q&A2 表示地名
 ①重要地・・・都道府県庁所在地の地方の中心都市など。
 ②主要地・・・地方の中心市町など。
 ③一般地・・・重要地、主要地以外の市町村など。
 ④基準地・・・重要地のなかで特に中心的な都市(1都道府県1都市程度)。

東京23区の場合
東京23区標識表示地
■基準地
東京
■重要地
浅草橋、池袋、上野、五反田、新宿、渋谷、品川、巣鴨、日本橋
■目標地
赤羽、青戸、荻窪、赤羽橋、蒲田、板橋、飯田橋、大森、大原、王子、羽田、日比谷、東中野、本郷、馬込、丸子橋、三宅坂、目白、四谷、目黒、谷原、六本木、信濃町、砂町、千住、瀬田、高井戸、辰巳、高田馬場、戸田橋、等々力、成増、半蔵門、初台、晴海、亀戸、上馬、葛西、亀有、銀座、言問橋、高円寺、桜田門、大崎、三軒茶屋、新橋、四ツ木、西新井、三ノ輪、南砂、芝公園、市川橋、祝田橋、永代橋、恵比寿、大久保、大手町、御徒町、駒形橋、駒沢、笹目橋、水道橋、溜池、豊洲
と定められているそうです。(表示地名一覧表 – 国土交通省より)

「このほかにも駅や歴史的施設、観光施設、空港などは特別に表示されますね」
ちなみに表記する地名については、道路の性格や周辺の道路網などから判断して、臨機応変に決めているのだという。
「必ずしも最寄りの重要地・主要地を書かなければならないということもないですし、何キロ以内の駅は必ず表記する、といったような細かい決まりもありません」
(中略)
ちなみに同方向に2つの地名が書かれている場合、
「直進方向なら、左側が遠くの場所、右側がより近い場所を表しています」
とのこと。

車を運転しないので個人的にはこの案内標識の利用頻度はかなり少ないのですが、歩いているとき、ふとこの標識を見上げることがありました。確かにどんな基準で表示されているのか不明でしたが、なるほど。
ただ重要地と目標値を見比べると何故こっちが目標値?と思う地名もありますねー。とは言え表示する基準は無いと言う話ですので、あまり分類も重要ではないのかもしれませんね。
ということで、ちょっとへぇ~と思った記事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク