「アドルフに告ぐ」手塚 治虫 著

アドルフ・ヒトラーに実はユダヤ系の血が入っていたことを示す極秘文書を巡って時代に翻弄される人々を描いた手塚治虫の大河ミステリー。1936年、ベルリンオリンピックを取材中の新聞記者峠草平は弟勲の怪死以降、勲が持っていたとされる謎の文書を巡る争奪戦に巻き込まれることになる。一方、日本の神戸ではドイツ大使館員の幹部と日本人女性の間に生まれたアドルフ・カウフマン少年とユダヤ系移民の子アドルフ・カミル少年が外国人同士ということもあり友情を育んでいた。しかし二人の友情は時代の中で埋める事の出来ない亀裂へと発展していく。さらに彼らを取り巻く様々な人々が時代の奔流に巻き込まれて行く姿を描いた手塚治虫の群像劇だ。
実に壮大なスケールと緻密なプロットでぐいぐいと魅せてくれるのだけど、冒頭のナレーションとあとがきにもあるように、手塚治虫本人の意図は峠草平を語り手としたアドルフ・ヒトラー、アドルフ・カウフマン、アドルフ・カミル三人の物語として描こうとしているようなのだ。しかし、決して峠草平の視点で描かれることは無くて、峠草平と二人のアドルフ少年、アドルフ少年たちそれぞれの家族、アドルフ・ヒットラーそれぞれの視点と、さらにゾルゲ事件、憲兵隊大佐の本多家、などなどが次々と描かれ、三人の男のドラマというよりは、もっと俯瞰的な神の視点で物語となっているように思う。
おそらく手塚治虫本人は時代そのものを描こうとしていたのではないだろうか。作品が映画的手法をふんだんに取り入れ、往年のスパイ映画のように丁々発止で進めていっているところからもわかるように、映画的プロットで峠草平メインで主にアドルフ少年二人の人生を描こうとしているのだけど、手塚治虫が根源的に持っているように見える「神の視点」がそれを許さなくて、手塚本人が好むと好まざるとにかかわらず時代そのものを描くという方向にシフトしていったのだろうと思った。故に、読むものも手塚同様に神の視点であることが求められる。
一度読んだとき様々な人が入り乱れる散漫さが気になった。二度目に読むと敢えて登場人物たちと同列に感情移入することを許さない透徹した視点で見ることで、重厚さと手塚治虫の時代感のようなものが垣間見えた。
しかし、神の視点が求められるが故に、登場人物と同じ立場に立てないために、感情に響きにくいのではないだろうか。敢えて手塚治虫と同じ神の視点から一段降りて登場人物の誰かの視点に立ち、それ以外は読み飛ばすぐらいの勢いで読むのが良いかもしれない。様々な登場人物の立場に立って何度も読み返す、という行為の繰り返しの果てに、再び手塚の視点に昇ったときにやっとこの物語は読んだ人にとって光を放つ。なんだか修行じみてるかもしれないな(笑)
手塚治虫にとってはこの時代はアドルフ三人だけの物語にすることは出来なかったのだろう(休載は返す返すも惜しい)が、手塚治虫ほどの高みで時代を見つめることが出来るぐらい達観している人は、ほとんどいない。手塚治虫の視点が高すぎるために(逆に火の鳥はその高みが作品を傑作にしている要因になっていると思うのだけど)、傑作になれなかった名作漫画だと感じた。
アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ (2) (手塚治虫漫画全集 (373))アドルフに告ぐ (3) (手塚治虫漫画全集 (374))アドルフに告ぐ (4)アドルフに告ぐ (5) (手塚治虫漫画全集 (376))

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク