綱吉「俺の娘の名前鶴だから、町の名前に鶴使うの禁止な」鶴屋町→亀屋町に変更

今読んでいる「地名の社会学」という本に京都市内に11箇所あるという亀屋町という地名についてこうあった。

地名の社会学 (角川選書 424)」(P48-49)
油小路通上長者町下るの亀屋町の由来を調べると、江戸初期には鶴屋という名の旧家にちなんで「鶴屋の町」と呼ばれ、寛文十二(一六七二)年の『洛中洛外大図』には鶴屋町と記されているのだが、「犬公方」こと徳川綱吉の娘が鶴姫といったため、元禄元(一六八八)年に民間で鶴の字を使用することを禁止、そのため亀屋町に改称したのだという。他にも二か所ほど、おそらく同時期に鶴から亀に変わった亀屋町があるようだ。

為政者が地名を変えさせるというのはよくあることだとは思うのだけど、娘の名前が鶴だから鶴禁止っていうのは面白いなぁ。読んでて相当笑った。ジャイアンかよ。当時の人たちもこう言われたときは「はぁ?」って感じだっただろうなー。

綱吉って人は徳川幕府歴代将軍の中でも際立って興味深いキャラクターだよなぁ。学問を推進した文治政治で天和の治を生み出す半面、生類憐みの令など真面目すぎて明後日の方向に行ってる感じがとても魅力的だと思います。近寄りたくは無いけども(笑)

参考サイト
徳川綱吉 – Wikipedia

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク