北沢川緑道

池尻大橋駅の裏手から延びる目黒川緑道。
しばらく歩くと烏山川緑道と北沢川緑道の分かれ目に辿り着きます。
前回は烏山川緑道をこの分岐まで歩いてきたので、今回は北沢川緑道を歩いていくことにしました。

綺麗に整備された遊歩道と、脇を流れる小川のせせらぎと多様な草花が綺麗で、歩いていてとても楽しい緑道でした。

北沢川緑道

北沢八幡神社鳥居

北沢八幡神社
およそ500年前に創建されたこの神社は秋祭りが有名で、「北沢八幡の秋祭り」として世田谷百景にも選ばれています。
秋祭りはすでに終わり静かな佇まいの神社でした。

淡島通りを横断するあたりから、緑道に沿って流れる小川がさらに川らしくなり、ザリガニ取りをしたりする家族連れや、子供たち、散歩する老夫婦など、さらにゆとりのある緑道になっていきます。

その後茶沢通りまで小川は続き、茶沢通りを越えたところで遊歩道だけになります。
そのまましばらく歩くと環七通りへと到達。
ここで緑道は入れなくなるのですが、すぐ横の梅丘通りに一旦入ってからすぐ右に曲がると再び緑道を歩けます。
15分程で梅が丘駅横の小田急線のガードに差し掛かったのでここで休憩。近くのカフェで一休み。パスタを注文すると、「サービスです」と手作りクッキーをいただきました。これが美味しい!

再び緑道に戻り、15分ほど。世田谷線山下駅に差し掛かったところで、緑道は終わりますが、線路を越えると目の前によく整備された遊歩道が再び登場。
ユリの木公園通りです。

ユリの木公園通り
これまた綺麗な緑道です。世田谷百景の一つに選ばれています。

弁天池祠側の樹木
弁天池の祠の横に立っていた巨樹

しばらくユリの木公園通りから緑道が延びて行きます。

日大文理学部のあたりで、人口のせせらぎが登場し、開けた場所に出ます。
北沢川緑道北沢川緑道

どうやらこのあたりにかつては弁天池があり、北沢川が流れ出していたようです。
小さな祠と、言い伝えが書かれた看板が立っていました。

目黒川緑道ではいちごが植えられていました。鮮やかな赤が印象的。
目黒川緑道のいちご

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク