子供の頃、鬼ごっこでは大体「アブラムシ」だったんだけど

子供の頃、鬼ごっことかドッジボールとか何か行事や遊びに参加するとき、ちょっとニブい子とか、年下の子とかにハンデ与えるじゃないですか。で、僕基本的にニブい子だったんで大体ハンデ与えられるわけです。で、福岡ではそういう子のことをアブラムシと呼んでいたんですが、あれ、なんでアブラムシってネーミングだったんだろう。
で、ちょっとググってみたらこんなサイトみつけた。
『特別ルールの適用される子のこと』
なんか全国各地で色々な言い方があるっぽいなー。ということで上記ページから主なものをまとめてみた。

あぶらげ
静岡県富士市
あぶらご
徳島県
あぶらしっこ
山形
あぶらっこ
宮城県岩沼市
あぶらむし
福岡市、栃木
あめっこ
岩手
あめんぼ
静岡県静岡市
うどんこ
京都
うめぼし
滋賀県
おとうふ
静岡
かてかてまんじゅ
福岡県八女
からこ、きゃらこ
愛知県名古屋市
げっぴ、げび
群馬県前橋市
ごまめ
大阪、奈良、兵庫
たらこ
愛知県名古屋
たまご
岡山
ちょうちょ
愛知県名古屋
とうふ
愛知県名古屋市、愛知県知多地方
はいねこ
三重県津市
はえのごべ
三重
べべこ
愛媛
ままこ
福岡県田川郡、宮城県仙台市、岡山県、福岡県北九州市、福岡県直方市
まめ
千葉
みず
香川県
みそっかす、おみそ、みそ
茨城、東京、神奈川、群馬、長崎、静岡、埼玉、福島
みそっこ
青森

名古屋は呼び方が多様すぎる(笑)アブラムシは福岡市内だけだったのかな。福岡の他地方はみんな「ままこ」っぽいですねー。
で、どうも「あぶら~」グループと「ままこ」が福岡と東北地方に、関東地方が「みそ」系グループ、関西は「まめ、ごまめ」グループで、三重県は「はえ、はい~」、四国は「みず」「べべこ」など、で多様な名古屋地方という感じで分布しているっぽい?
これ、昔あったナイトスクープの「アホバカ分布考」ばりに調査すると面白い結果になりそうだなー。蝸牛考が正しいのであれば、あぶら~が最も古く、まめが最も新しい言葉ということになるのかもしれないですが、どうなんでしょうね。ということでまぁ、あぶらむしの語源はわからないままなんですが、皆さんの地域ではいかがですか?

関連エントリー
新語「けまらしい」の誕生から普及の過程が興味深い
日本列島は多数の言語が入り混じる多言語地域です
「DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?」崎谷 満 著
「日本人になった祖先たち―DNAから解明するその多元的構造」篠田 謙一 著
「照葉樹林文化とは何か―東アジアの森が生み出した文明」佐々木 高明 著
「優男(やさおとこ)」の意味を定義してみると

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
松本 修
蝸牛考 (岩波文庫 青 138-7)
蝸牛考 (岩波文庫 青 138-7)
柳田 國男

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク