重要な国事行為は仏滅を避けて行われるというのは本当か?

飯島 勲|御社がマスコミ取材で賑わう「六曜」手帳術 | 社長の仕事術
永田町周辺で働いている人間で、この六曜の記されていない手帳を使っている人がいたら、職務遂行能力について少々疑ってかかったほうがいいかもしれません。
皇室や国家の重大な行事は、原則として「大安」「友引」を選び、「仏滅」を避けて行われるのが原則だからです。
具体的に言えば、国会の開会、内閣改造、選挙の投票日など。天皇陛下の国事行為である国会の開会や内閣改造が、仏滅に行われることはまずありません。

最近この記事を読みへーと思ったので調べてみた。
国会開会
2002年(平成14年)1月21日(友引)
2003年(平成15年)1月20日(大安)
2004年(平成16年)1月19日(先負)
2005年(平成17年)1月21日(大安)
2006年(平成18年)1月20日(友引)
2007年(平成19年)1月25日(赤口)
2008年(平成20年)1月18日(仏滅)
2009年(平成21年)1月5日 (先負)
衆議院解散
2000年(平成12年)6月2日 (大安)
2003年(平成15年)10月10日(大安)
2005年(平成17年)8月8日(仏滅)
内閣総理大臣任命
2002年(平成14年)9月30日(先勝)小泉改造
2003年(平成15年)9月22日(先負)小泉
2003年(平成15年)11月19日(大安)小泉改造
2004年(平成16年)9月27日(先負)小泉改造
2005年(平成17年)9月21日(先勝)小泉
2005年(平成17年)10月31日(先勝)小泉改造
2006年(平成18年)9月26日(赤口)安倍
2007年(平成19年)8月27日(先負)安倍改造
2007年(平成19年)9月26日 (大安)福田
2008年(平成20年)8月2日(友引)福田改造
2008年(平成20年)9月24日(友引)麻生
「大安」「友引」を選んでいるというわけでは無さそうなのと仏滅は絶対無いというわけではないが、確かに仏滅の登場頻度は少ないかもしれない。
しかし、二十四節気とかならともかく、六曜って六曜が使われるようになった経緯を見てもそんな国事行為を左右するほど重要な思想じゃないように思うんだけどなー。

六曜 – Wikipedia
六曜が中国から日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて、とされる。その名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在では赤口以外は全て名称が変わっている。19世紀初頭の文化年間に現在の形になった。
幕末頃から、民間の暦にひっそりと記載され始めた。明治時代に入って、吉凶付きの暦注は迷信であるとして政府に禁止されたとき、六曜だけは迷信の類ではないと引き続き記載された。このことからかえって人気に拍車をかけることとなり、第二次世界大戦後の爆発的流行に至った。多種多様な暦注のなかでは新顔ながら、現代の日本に広まった。

また、このような意見も

六曜、気になさいますか?:マニアックレポート|その他:呉服専門店【武蔵屋】
この単純な六曜が大きくクローズアップされるようになったのが「明治の改暦」の際。明治六年(1873)に、それまでの太陰太陽暦から現在の太陽暦が正式に採用されました。もちろん西洋に習い、文明開化の名の下におこなわれた施策です。その際、古い暦に表示されていたさまざまな選日法(二十八宿・十二直・選日)は、すべて禁止されることに。そして、代わりに暦に登場したのが、この「六曜」だったのです。なぜ明治新政府は、迷信として「選日法」を退けながら、「六曜」を暦に登場させたのでしょうか??
明治以後の新しいカレンダーに「六曜」が登場したわけ。これは、当ホームページ管理者の個人的な見解ですが、西洋の近代国家の仲間入りをするため、市民に六日に一度仕事を休ませるためだったのではないでしょうか。キリスト教の礼拝日、日曜に仕事を休むということを開国間もない日本人に根付かせるのには時間が必要。「仏滅」は休み・・・という方が、明治新政府にとっては近道です。経過時間とともに七曜の日曜休日が根付き、六曜の方は選日法的な要素だけが残った・・・というのが当ホームページの推論です。
つまり、日月火水木金土の七曜とさほどの違いのない六曜にあまり人生を左右されるのは、いかがなものかと。旧暦で日にちが決まっている行事の六曜は必ず毎年同じになります。「十五夜」は、毎年必ず「仏滅」。それでもあなたは信じますか・・・?

この、太陽暦導入に際して休日を設けるためという理由は結構的を射ているような気がします。
なんにしろ、そもそもは天皇の国事行為に影響を及ぼすような重要な思想ではなかったはずなので、もし現状、影響があるのだとすれば、それは六曜だから、ではなく六曜を重要と考える人たちが「六曜だから国事行為は出来ない」と思い込み、行動を規定してしまっているだけのような気がしますね。

時間意識の近代―「時は金なり」の社会史
時間意識の近代―「時は金なり」の社会史
西本 郁子
暦に見る日本人の知恵 (生活人新書)
暦に見る日本人の知恵 (生活人新書)
岡田 芳朗
代議士秘書―永田町、笑っちゃうけどホントの話 (講談社文庫)
代議士秘書―永田町、笑っちゃうけどホントの話 (講談社文庫)
飯島 勲

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク