吉田兼好化する自意識と生きられなさ

徒然草第百十二段
人間の儀式、いづれの事か去り難からぬ。世俗の黙し難きに随ひて、これを必ずとせば、願ひも多く、身も苦しく、心の暇もなく、一生は、雑事の小節にさへられて、空しく暮れなん。日暮れ、塗遠し。吾が生既に蹉蛇たり。諸縁を放下すべき時なり。信をも守らじ。礼儀をも思はじ。この心をも得ざらん人は、物狂いとも言へ、うつつなし、情けなしとも思へ。毀るとも苦しまじ。誉むとも聞き入れじ。

意訳
世の中の社交的な儀礼はどれも避けにくくないものがあるだろうか。世間の慣習を黙って無視しておくわけにはいかないというので、それに従って、社交的儀礼を決まり通りにやるならば、したいことも多く、不自由で、心が落ち着くことも無く、一生は細かい雑事について、些細なつきあいに妨げられて空しく暮れて行くだろう。日は暮れ、なお前途は遠い。我が一生は思い通りにならない。いっそ外部との関わりは執着無く捨て去ってしまおう。信義を守るまい。礼儀も思うまい。この気持がわからない人は気が狂ったと言えば良い、正気でないとも、思いやりがないとも思えばいい。批難しても気にしない。誉められても聞き入れることもない。

参考(岩波文庫「新訂 徒然草」)
年を経るごとに、吉田兼好が吐露したこの頑なさが、自身の中でも大きくなって行っているのに気付きます。そして、兼好法師のこれは若干肩肘張った風があるのですが、僕の場合、自ずとこの執着せず、他者との関わりを持たず、外部からの目を気にしないという姿勢を自然と取っていて、「およよ、なんだか気付くと兼好法師化していて、しかもそれがさも当然のようにできちゃってるよ、これでいいのかなぁ、まぁ、なるべくしてこうなってきたんだろうなぁ」というちょっと諦めというか、自己肯定感にも似た感覚であったりするのが、自意識のありかとして適切なのかどうかよくわからないところです。
結局のところ、自我、つまり僕は僕!という感覚が強すぎて、それを支えるには若干他者から距離を置き、自己からも距離を置いて少し夢とうつつのあわいでふよふよとしていないと上手く振る舞うことも、生きることもできにくいんですね。そのふよふよとした無所属感があって始めて他者とも自己とも適切な関係性を作ることが出来ているように思います。
社会学者ジグムント・バウマンが書いていた「コミュニティが壊れるときにアイデンティティが生まれる」というのは言い得て妙だなぁと。そのアイデンティティも明確に線引きをせず、しかしコミュニティに所属する、というような若干濃密な関係性を持つのでもなく、その曖昧さの中にただよわせることで始めて維持できるような、生きられなさがあります。昔書いた、「孤独でないと生きていくことが出来ない人」というのは僕自身のことでもあるかなと。
それゆえに最近見た色川武大のインタビュー動画はとても共感するとともに自分と近しいものを感じます。

彼が言う「幹線道路を行くようなコースでは競争したってしょうがない、と。だから、何か、自分だけのね、生き方を作らないとしょうがないだろうと思ってた。」というのは、僕自身も特にここ数年思うようになっていたけれど、かなり長い間、「みんなと同じように生きること」への執着がとても強くて、しかし、どうやら何かが決定的に違うようでその狭間で、執着の果ての行き詰まりと別離を繰り返して生きてた感があります。
大きく変わったのは、ある時、親しい友人が僕の言動や思考などを見てネットにあるアスペルガー症候群のチェックをするように勧めてきたことですかね。それまでの人生で気付かなかったんですが、チェックをやってみるとすごい高得点で、その結果を受けて、友人にアスペルガー症候群の人と接するような接し方をされると実にコミュニケーションがスムーズに行った。
で、過去に自身の特徴を振り返って文章化していったりしていた。
子供の頃、狂った様に絵を描いていた。17歳で全く描けなくなった。
他人の発言を無意識に繰り返してしまう性癖
「どこ見てんのよ!」と相手に感じさせながら生きてきた
人ごみや騒音の中での会話が苦手です。~カクテルパーティー効果
動きのある世界の中で立ち尽くしながら生きてきたなぁという話
僕が会社の飲み会、特に大人数のが苦手な理由
ああ、アスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラムの枠の中にいたのか僕は、という発見があったんですが、その一方でアスペルガーとして扱われることで逆に典型的なアスペルガー的振る舞いが自身の中で強化されているような面もあるし、またアスペルガー的でない面も多数あって、確かにアスペルガー症候群あるいは自閉症スペクトラムの特徴と重なる面も多々あるのだけれど、一概にそのまま当てはまる訳ではなくどちらかというと健常とアスペルガーのボーダーのあたりに位置しているような、あるいは実はアスペルガーや自閉症スペクトラムでは無いのかもしれないという、どちらにも所属しない無所属感が強くなっていたように思います。
そういう浮遊したアイデンティティの行き場として、夢と現のあわいの曖昧な位置に自己を置き、そして自分だけの生き方を作らないとしょうがない、という思いへとシフトしていったかなと。大体それがここ2~3年ぐらい前のことなんですよ。ほんとに最近。
そういう曖昧さの中で、自身の「生きられなさ」を見てみることで生きると言う方向が見えてくるような感じですね。上のインタビューの中で色川氏の作品から、「生きられぬことの葛藤のプロセスこそ、生きるということであるまいか。」という引用がありますが、まさにその葛藤のプロセスが生きるということになるのではないか、と実感するところです。数年数十年して振り返ったときに、その葛藤のプロセスを噛みしめているのではないか、という確信に似た思いは最近抱いています。
まぁ、「日暮れ、塗遠し」ですかね。
関連エントリー
向上しながら滅びる
常に「この人生」より「もうひとつの人生」を選んできた
36歳。最近、しきりに四十代になった自分を考える
「焼畑農業」的な執着と漂泊の人生観について
幼児期の”Imaginary Companion”(空想上の友達)という現象
西行法師に最近強く共感する
僕についての簡単な個人史その1(誕生から大学卒業まで)
僕についての簡単な個人史その2(大学卒業から現在まで)

新訂 徒然草 (岩波文庫)
新訂 徒然草 (岩波文庫)
posted with amazlet at 10.02.25
吉田 兼好 西尾 実 安良岡 康作 岩波書店 売り上げランキング: 13959
おすすめ度の平均: 5.0

5 古典中の古典
5 古典の筆頭
5 正確な言葉選びが静かに鎮座する。
5 日本が世界に誇りえる古典
4 言わずと知れた超古典

うらおもて人生録 (新潮文庫)
色川 武大 新潮社 売り上げランキング: 9283
おすすめ度の平均: 5.0

5 出来るだけ若いうちに・・・
5 どう生きていったらいいかよくわからない人
5 フォームとスケール
4 異色の人生論
5 「座右の書」です。

発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
杉山 登志郎 講談社 売り上げランキング: 489
おすすめ度の平均: 5.0

5 第一人者が伝える発達障害の全て
4 “発達障害”について意見を言う前にまず読む本
2 もう少し具体例が・・・
5 発達障碍の子供が、皆、幸福な人生を送られますように。
5 隣人を理解するために読んでもらいたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク