4月一杯は見頃が続く多摩森林科学園の桜保存林

先日、滝山城址公園に行った後、高尾にある多摩森林科学園にも行きました。

多摩森林科学園は大正十年に設立された宮内省帝室林野管理局林業試験場を前身として森林・林業・木材産業に関する試験研究機関である独立行政法人森林総合研究所の支所の一つとして、森林環境教育の場における動植物の多様性保全・生態系の役割解明に関する研究を行う施設です。

前回、滝山城址公園の記事で紹介した、武田軍が滝山城を包囲するに際して、小山田信茂率いる別働隊が北条氏照配下の横地監物、中山勘解由らが率いる北条軍約2000と激突した廿里古戦場(とどりこせんじょう)が、この多摩森林科学園一帯です。高尾山から連なる丘陵地帯の一角で、起伏の激しい地形にスダジイ、クスノキ、タブノキ、ブナ、ケヤキ、ミズナラ、トドマツ、スギ、メタセコイアなど様々な樹木が植えられ、また4月のこの時期は園内に広がる桜保存林が一斉に花開き、都内の桜の名所の一つに数えられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高雄駅から多摩森林科学園まで

敷島橋から南浅川

敷島橋から南浅川
JR高尾駅北口から歩くこと数分、多摩川の支流南浅川に架かる敷島橋を渡ってなだらかな上り坂を5~10分ほど歩きます。

02
途中には桜の花心を貪る蜂さんがいたり、古戦場だったことを伺わせる案内板があったりして、楽しく歩けます。

廿里古戦場

廿里古戦場

多摩森林科学園

多摩森林科学園
入園料を払って入園し桜保存林へと向かって比較的アップダウンのある散策路を行くと、いたることろに多様な種類の桜が咲いていて、とても綺麗でした。

多摩森林科学園の桜

05

06

07

08

09

10

11

12

13

多摩森林科学園では、沢山の種類の桜が植えられており、他所のように4月上旬に見頃を迎えるソメイヨシノやオオシマザクラなどだけでなく、4月中旬以降に見頃を迎える桜も多数あり、4月一杯桜の見頃が続くところが特徴で、5月初旬ごろまでお花見客でにぎわうそうです。多摩森林科学園の「主なサクラの開花時期」のページをみると、桜ってこんなに種類があるんだなぁと、ちょっと感動します。

坂道も多く、途中途中で桜の美しさに見とれながらじっくり歩くと2時間ぐらいは軽く時間が過ぎて行きますので、歩きやすい靴と格好で足をのばしてみると楽しめるとおもいます。

また、多摩森林科学園に隣接して大正、昭和両天皇夫妻の陵墓がある武蔵陵墓地にも行きましたが、こちらについてはまた後日。

・JR高尾駅北口から徒歩10分
・JR高尾駅北口から西東京バスで「森林科学園」下車
●入園時間 9時30分~15時30分(閉門16時)(4月は9時開園)
●入園料  大人300円 子供(高校生まで)50円(4月は大人400円 子供150円)

奥多摩・高尾をあるく (大人の遠足BOOK―東日本)
JTBパブリッシング
売り上げランキング: 147932
おすすめ度の平均: 5.0

5 登山地図がついていて便利

高尾・奥多摩植物手帳 (大人の遠足BOOK)
新井 二郎
JTBパブリッシング
売り上げランキング: 150038
花紀行 東京の桜―桜名所、散歩コース、隠れた穴場… (花紀行)
藤沢 健一 木下 清隆 加戸 昭太郎 樋口 一成
山と溪谷社
売り上げランキング: 300143
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク