水辺が涼やかな実篤公園と武者小路実篤記念館

先日、武者小路実篤公園に行きました。
実篤公園

案内板より
水のあるところに住みたいという願いを子供の頃から持ち続けていた武者小路実篤は、昭和30年の暮れにその念願がかなって、武蔵野の自然と豊富な清水をたたえたここ仙川の地を仕事場兼自己完成の場として選びました。
「僕は朝は原稿を書き、原稿を書かない時は画をかくことを心がけ、少しでも進歩出来れば喜んでいる・・・」と「一人の男」の中に当時の生活を記している実篤は、昭和50年4月に90歳の生涯を閉じるまで、この地で数多くの著作と書画の制作に励みました。晩年の20年間を過ごした旧宅跡は、故安子夫人の遺志によって多くの遺品・所蔵品とともに遺族から調布市に寄贈されましたが、昭和53年5月から、実篤がこよなく愛した自然をとどめる「実篤公園」として一般公開されて今日に至っています。
実篤公園とトンネルで結ばれる武者小路実篤記念館は、実篤の生涯と人間像をたどるため、関係資料の展示・収集・保存などを積極的に進めることを目的に、実篤生誕100年に当たる昭和60年10月に調布市が設置したものです。平成6年5月には、閲覧室や収蔵庫などをもつ資料館が増設されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

武者小路実篤について

武者小路実篤の胸像

武者小路実篤は明治十八年(一八八五)、藤原北家の流れをくむ子爵武者小路実世の第八子として生まれた。学習院高等科から東京帝国大学に進学し、文学活動に熱中。大学中退後、親友の志賀直哉、有島武郎、柳宗悦、木下利玄、正親町公和、岸田劉生らとともに文芸誌「白樺」を創刊、自由主義、個人主義、理想主義的作品を次々掲載し、白樺派と呼ばれ、当時の文壇に新たな文芸思潮を起こした。

その後、ユートピア思想に傾倒し、「新しき村」という階級闘争の無い世界を目指した自給自足のコミュニティを、大正七年(一九一八)に宮崎県児湯郡木城村に、昭和十四年(一九三九)に埼玉県入間郡毛呂山町に建設。

戦後は1946年から貴族院議員に就任。一時公職追放ののち、文芸誌「心」を盟友志賀直哉、有島武郎らと創刊。小説や絵画を発表しつつ、悠々自適の生活を送り、昭和五一年(一九七六)に九〇歳で亡くなった。代表作は「友情」「お目出たき人」「愛と死」「真理先生」「人生論」など。

まぁ、食わず嫌いかつ苦手な作家の一人ではあるんですが(笑)邸宅はじつに綺麗に整備されていてとても良かったです。

実篤公園

武者小路実篤邸宅邸宅は土、日、祝日のみ入ることが出来ます。平日に行ったので中に入ることは出来なかったのですが、裏手から中を覗くことはできます。

邸宅の居間の様子

武者小路実篤邸宅

竹林

実篤公園竹林

水辺

実篤公園の水辺

実篤公園の水辺

実篤公園の水辺
水のあるところに住みたいという実篤の思いに応えるように整備された池はとてもきれいでした。暑い盛りでしたが、とても涼やかで気持ち良かったです。

武者小路実篤記念館

武者小路実篤記念館

こちらは入場料大人200円。遺品や当時発刊された「白樺」など貴重品が展示されていました。

滝坂皇大神宮

滝坂皇大神宮
武者小路実篤公園の裏手にある小さな神社だが、実篤が住む前までは現在の公園管理棟のあたりに鎮座していたとのこと。寛永年間(1624~44)に入間村の吉田兵部という人物が伊勢神宮を勧請して建立された。水辺と鬱蒼と茂る森であったから神域とみなされていたのではないかと言われており、かつては縁日ともなると大変賑わったとのことです。

駅からちょっと歩きますが、涼むにはなかなかの公園でした。

大きな地図で見る
京王線仙川駅orつつじヶ丘駅下車徒歩10~15分
参考サイト
武者小路実篤記念館
武者組/記念館/昔の実篤公園(大正・昭和編)
甲州街道 布田五宿
武者小路実篤 – Wikipedia

関連エントリー
豚が日本を救う?明治四年の教育ベンチャー「布田郷学校」
近藤勇ゆかりの上石原若宮八幡神社
猫娘が住むという調布の下石原八幡神社
調布天神通り商店街の鬼太郎オブジェ
野川公園と野川(三鷹~調布付近)
深大寺の青渭神社
調布の総鎮守、布多天神社と大正寺
調布の深大寺に行ってきました
神代植物公園、水生植物園と深大寺城址
調布飛行場と武蔵野の森公園
国立天文台三鷹キャンパスを見学してきました
下布田遺跡&染地遺跡&調布の古墳遺跡まとめ
調布の國領神社と調布不動尊(常性寺)

友情 (新潮文庫)
友情 (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.07.23
武者小路 実篤 新潮社 売り上げランキング: 6388
おすすめ度の平均: 4.5

4 これも友情の1つの形か
4 女心は古今東西変わらない
5 熱き友情に乾杯
4 最善を
5 恋と友情の狭間・・・

人生論・愛について (新潮文庫)
武者小路 実篤 新潮社 売り上げランキング: 159764
おすすめ度の平均: 4.0

4 忘れていたポジティブさ

散歩の達人 2010年 05月号 [雑誌]
交通新聞社
おすすめ度の平均: 4.0

4 街歩きに最適

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク