野川公園と野川(三鷹~調布付近)

調布飛行場の武蔵野の森公園と人見街道を挟んで野川沿いに広がる野川公園です。

野川公園
野川公園は、調布市、三鷹市、小金井市にまたがる総面積399,763.78平方メートルの公園で、昭和55年に開園しました。この公園の前身は少し複雑なので順を追って説明すると、まずは中島飛行機製作所という第二次大戦前後の航空機メーカーについて説明することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

野川公園と中島飛行機製作所

中島飛行機製作所は元海軍将校だった中島知久平が大正六年(一九一七)、群馬県尾島町(現太田市)に設立した航空機メーカーで、太平洋戦争では数々の戦闘機・航空機を開発、独自にエンジン開発を行う技術を有する日本最大の航空機メーカーとして知られていました。終戦後に会社は自動車SUBARUなどで知られる富士重工業や後に日産自動車に吸収合併されるプリンス自動車など12の会社に分割、解散します。その中島飛行機製作所の三鷹研究所が1943年よりこの一帯にありました。

その中島飛行機製作所三鷹研究所の敷地は米軍により接収、その敷地を買い取る形で昭和二十八年(一九五三)に設立されたのが国際基督教大学です。その国際基督教大学が多角経営の一環として敷地の一部でゴルフ場を運営していたが、昭和四十九年(一九七四)に周辺の深大寺、調布飛行場、多磨霊園等々も含めた「武蔵野の森構想」のもとに造成を行い、昭和55年6月に開園したのが野川公園です。

野川公園

野川公園
ということで、上の二枚のようにかつてゴルフ場があったことを彷彿とさせる芝生広場があったり、微妙に木の配置がゴルフコースっぽかったりします。

野川公園

野川公園
しかし、武蔵野の雑木林っぽく木々が繁っていて森林浴気分も味わえたり、自然観察林もあるので、季節に応じた植物や生き物をウォッチすることができます。

野川

野川
敷地内にはその名の通り野川が流れ、その川原沿いを散策でき、そのまま調布から三鷹を抜け世田谷区鎌田付近で仙川と合流し、二子玉川で多摩川に合流するまでずーっと沿岸に散策路と、川岸には植物を中心にビオトープが整備されており、川幅は小規模ながらも都内有数のお散歩コースとして知られています。

野川

野川の猫

野川

峯岸家の水車

峯岸家の水車

野川公園から野川沿いにしばらく歩き、三鷹市に入ったあたりで水車が見えます。この水車は江戸時代以降水車経営農家だった峯岸家の新車という水車で、文化五年(一八〇八)頃に創設され、平成六年(一九九四)に三鷹市によって復元修理されたものです。この水車の裏手には当時の様子を残す茅葺き屋根の古民家が現在も残され、展示されています。

調布市内の水車について、調布市郷土博物館が配布している資料によると、明治三十九年(一九〇六)に調布市内にあった水車は13箇所に対し、大正六年(一九一七)には7箇所にまで半減していたとのこと。

水車はかなり古くから世界各地で使われ、日本でも日本書紀にその記録があるのですが、動力水車の本格的仕様は江戸時代と言われています。水力によって人力の場合より遥かに効率的に脱穀を行うことができる江戸時代後期に登場した革新的技術だったのですが、反面、水車を回す水は農業用水や湧き水の流れを一時的にせき止めて利用したため、その水路を使って水田で稲作を行う農民にとっては、上流では水田の冠水、下流では逆に水不足という影響を受けることがあり、地域によっては影響の少ない冬から春の時期だけ運転されることが多かったようです。

前述した調布市内の水車の衰退は、20世紀初頭のエネルギー革命の影響でした。上記の期間に消滅した6箇所の水車のうち5箇所は、大正二年(一九一三)に京王線が敷設された甲州街道に位置していたもので、新たに電車と共に導入された電力が、農村にエネルギー変革をもたらし、水力から電力へと変わっていったということだそうです。昭和十年(一九三五)には調布市内の水車は一旦全て姿を消し、近年になって保存的意味でいくつか復元、展示されているにとどまっています。

野川

この野川は三鷹市の住宅街を抜け、再び調布市に入ると調布市八雲台付近で桜並木となり、見頃の時期は桜の名所として知られ、京王線国領駅と柴崎駅の丁度中間付近を通りぬけて入間町で入間川と合流、その後調布市と狛江市との間を抜けて世田谷区喜多見・成城付近へと続いていくことになります。
歴史と自然を感じることができるお散歩コースとしておすすめですね。


大きな地図で見る
西武多摩川線「新小金井」または「多磨」下車 徒歩15分

参考サイト
野川公園 – Wikipedia
概要|野川公園|東京都公園協会
ICU・国際基督教大学の土地はGOLF場だった? – その他(ライフ) – 教えて!goo
ICU 国際基督教大学 | ICUについて | 使命と沿革 | 歴史と沿革
中島飛行機 – Wikipedia
・三鷹市/みたか水車博物館/常設展:武蔵野(野川流域)の水車経営農家概要
野川 (東京都) – Wikipedia
水車 – Wikipedia

関連記事
豚が日本を救う?明治四年の教育ベンチャー「布田郷学校」
近藤勇ゆかりの上石原若宮八幡神社
猫娘が住むという調布の下石原八幡神社
調布天神通り商店街の鬼太郎オブジェ
深大寺の青渭神社
調布の総鎮守、布多天神社と大正寺
調布の深大寺に行ってきました
神代植物公園、水生植物園と深大寺城址
調布飛行場と武蔵野の森公園
国立天文台三鷹キャンパスを見学してきました
下布田遺跡&染地遺跡&調布の古墳遺跡まとめ
調布の國領神社と調布不動尊(常性寺)
水辺が涼やかな実篤公園と武者小路実篤記念館

[新刊] 川の地図辞典 江戸・東京/23区編 [フィールド・スタディ文庫1] (フィールド・スタディ文庫)
菅原健二
之潮
売り上げランキング: 22347
おすすめ度の平均: 4.5

4 多少の誤記は目を瞑りたくなる良本!
5 街中ハイキングにうってつけ
5 川跡歩きのバイブル

散歩の達人 2010年 05月号 [雑誌]
交通新聞社
おすすめ度の平均: 4.0

4 街歩きに最適

水車・風車・機関車―機械文明発生の歴史
坂井 洲二
法政大学出版局
売り上げランキング: 646902
おすすめ度の平均: 4.0

4 図解の親切さが光る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク