昭和五年のスラム街もらい子大量殺人事件「岩の坂事件」

明治から昭和初期にかけての東京の貧困層に関するルポルタージュをまとめた紀田順一郎著「東京の下層社会 (ちくま学芸文庫)」に、当時横行した「もらい子殺し」の代表的な事件「岩の坂事件」について詳述されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「岩の坂事件」

昭和五年(1930)四月十三日午後六時ごろ。板橋町下板橋の医院に生後一ヶ月前後の男児の遺体を抱えた近所の岩の坂に住む作業員福田はつ(40)と、中年男性小倉幸次郎が訪れる。小倉はその男児の実母で同じく岩の坂に住む念仏修行尼小川キク(35)の内縁の夫だと言う。

彼らが医師に言うには、キクが乳をやっている際に誤って圧殺してしまったので診断書を書いてほしいという。不審に思った医師は彼らに「あとで診断書を書く」と伝えて帰し、そのまま板橋署に連絡。検死の結果「掌による圧殺」と断定し同日中に小川キクと小倉幸次郎を拘引し、厳しく追及すると嬰児を窒息死させたことを自供する。

当時、妊娠中絶は技術的、社会的、法的(不妊手術を定めた国民優性法は1940年)に困難な状況で、ともかく生んでから一定の手数料や月々の養育費をつけて養子に出すという方法が主であった。そこで産院などには常にもらい子の周旋人が出入りし、養育費無しで手数料のみで大丈夫、など条件を交渉してもらい子を募っていたという。

捜査の結果、多摩川村の経済的に困窮した若い夫婦が生まれたばかりの子供を周旋人に手数料18円と初着をつけて渡し、周旋人が福田はつに相談、はつがキクに話を持ち掛け、手数料を周旋人と山分けの上で殺害していたことがわかった。さらに捜査を進めると、恐ろしいことにキクだけでなく岩の坂に住む六人の住民が計三十三人の子をもらい、一名を除いて全員が変死していたことが判明する。

このようなもらい子殺しの悪習は当時珍しいことではなく、大量のもらい子殺し事件としては明治四十二年に養育費をせしめたうえで60人以上の嬰児を殺した佐賀の事件、昭和八年に目黒で25人の嬰児を殺し西郷山公園に埋めた事件、戦後の昭和二十三年には東京都新宿区の産婦人科医院長が112人の嬰児を月々の養育費付をもらいつつ一部の子を一人300円で売り、残った85人を餓死させた事件、また別の医院でも61人を殺害した事件が発覚するなど、嬰児殺しが横行する呪わしい時代であった。

嬰児殺人横行の背景

この事件がおきた岩の坂は当時でもよく知られたスラム街である。東京にスラム街が形成されるようになったのは、はっきりと1880年代のことである。松方正義によるデフレ政策は財政破たん寸前の国家財政を救ったが、一方で小作農や旧職人・町人層を低賃金労働者階級に落とし、彼らの多くが都市に流入してスラム街が形成されていった。関東大震災後の大正十五年(1926)の調査では東京市の人口200万人に対して極貧者は3万685世帯12万3030人、低所得者層を合わせると約30万人におよび、東京市の15%がなんらか劣悪なスラム街住まいを余儀なくされていた。

さらに世界的な大恐慌が日本を襲い、失業者、低賃金労働者が増加するなかで政府は明治維新以降一貫して残酷なほどに弱者切り捨て政策を続けており、諸外国からの非難をも受けながらほぼ福祉政策は存在しなかった。

このような社会的貧困の放置と労働政策・福祉政策の無さが、経済的困窮によって育児を放棄して養子にださなければならない状況を生み、主に貧困層による目前の金目当てでのもらい子殺しの横行に大きな影響を与えていることはあきらかだった。

日ごろから岩の坂のスラム街一帯の生活調査にあたっていた板橋署の警部貫具正勝氏は岩の坂事件後に政府・行政の無策を批判する報告書を提出している。

紀田順一郎著「東京の下層社会 (ちくま学芸文庫)」P148
「然らば現下の不況時代に街頭に漲る失業者の要求を充たすに足る事業を起し得るであろうか。失業者が加速度的に増加しつつある現代に於いてそれは否定せざるを得ない。だからと云って朝野の人々国民の多くが無関心に傍観してか(可)なりとすべきか、当局に当たるものが先ず此問題に無関心に対する真偽を把握して一層熱意を持ち、例えば官業整理の遂行、政府公共団体の共同事業、季節的労働の調節、職業紹介所の活動等に依り失業者を応急的に救済する方法もある。何にしても失業問題の実質的救済等はむずかしい、それは理論や思付の発表では片づかない、実際に依ってのみ幾分の効果があるだけである。失業者がますます激増し彼等の要求と抗議とを自発的に噴湧させる日を待って驚愕するのでは怠慢に過ぎる。」

しかし、貫具警部の報告書が提出された後も政府は動かなかった。形ばかりの生活保護(実質的な対象者わずか19000人)を盛り込んだ救護法が施行されるのは昭和七年のことである。

明治から戦前期にかけての政府や一般市民の弱者に対する無関心さ、酷薄さは紀田も指摘するところだが、社会背景等あるにしても非常に不思議である。基本的に弱者について自己責任と言い、貧困対策は保護や福祉でなく追放であった。実に徹底している。この残酷さはどこから来るのか、西洋に追いつけ追い越せとばかりに、西欧で19世紀に生まれた優勝劣敗の社会進化思想を最も強く信じ実現しようとしたのだろうか。救貧活動もほぼ海外のキリスト教宣教師や国内のキリスト教徒を中心とした一部の人々によってしか行われなかった。

この近代国家としての日本が生んだ弱者への残酷さは、はたして敗戦の灰燼とともに消え去ったのだろうか。再び「弱者」が目の前に現われたとき、呪いのようにして我々の内側から立ち上がってくるのではないだろうか。自身の内にあるかもしれない残酷さに、得体の知れない恐ろしさを感じる。

岩の坂事件の容疑者小川キクはわずか懲役七年。福田はつは証拠不十分のため釈放後にまた他者のもらい子の遺体を医院に持ち込み逮捕され、さらに余罪を自供したが、再び釈放された。他の関係者は判決不明である。誰も罰されることなく事件は終息した。

関連記事
江戸時代の捨子たち~歴史・社会背景・捨子観の変化・幕府の政策など
歴史人口学から見た江戸時代農村の結婚について
大正末期の無名の娼妓の手記と近代公娼制度について
暗黒企業の原初形態~明治の女工の地獄について
「社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属」岩田 正美 著
人口動態からみた古代ローマ帝国の社会
村社会の宿業「子殺し」が生んだ妖怪「座敷わらし」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク