「復興計画 – 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで」越澤明 著

復興計画 - 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで (中公新書(1808))
越澤 明
中央公論新社
売り上げランキング: 1102

そのタイトル通り、近現代に日本を襲った地震、津波、洪水、大火、戦災など大小様々な災害から、日本の都市がいかにして復興を遂げてきたかを都市計画の観点から詳述した一冊である。

復興計画 – 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで (中公新書(1808))」はじめにより
復旧とは文字通り、元の状態に戻すことである。復興とは新たな質と水準を加えることである。

この定義通り、日本では様々な地域や都市が、災害から立ち直っていく過程で、より災害に強い都市になるために質と水準を上げる努力を繰り返してきた。しかし、それは当初の計画に遠く及ばず頓挫したものもあるし、当時としてはベストを尽くしたはずが、さらに大きな災害に見舞われて再び一から作り直さなければならないものもあった。

この本で紹介されている事例の中から、関東大震災について簡単にまとめておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■関東大震災の帝都復興計画

大正十二年(一九二三年)九月一日に関東地方を襲ったマグニチュード七・九の巨大地震は死者行方不明者十万人超、同じく負傷者十万人超、百九十万人が避難する未曾有の大災害となった。被害の中心となった帝都東京市では人口の五八%にのぼる百三十三万四〇〇〇人が罹災、五万八〇〇〇人が死亡した。

震災翌日内務大臣に就任した後藤新平は独力で震災からわずか五日で「帝都復興の儀」をまとめ、九月六日には閣議に提案、九月十二日には天皇の名による帝都復興に関する詔書が出された。その基本方針は以下のとおりである。

  1. 遷都を否定する
  2. 復興費に三十億円をかける
  3. 欧米の最新の都市計画を適用する
  4. 都市計画の実施のために地主に断乎たる態度をとる

この基本方針の上で、組織、財源、都市整理について以下の通り提案する。

  1. 帝都復興の計画および執行のために独立した機関を設置する。復興計画の諮問のために、帝都復興調査会を設ける。
  2. 帝都復興に要する経費は原則として国費とし、その財源は長期の内外債による。
  3. 罹災地域の土地は公債を発行して、買収し、土地の整理を実行したうえ、適当・公平に売却、貸付をする。

これらの方針に基づいて九月一九日、総理ほか閣僚一〇名と政財界の有力者九名からなる諮問機関「帝都復興審議会」が設置、九月二七日、省庁と同格の「帝都復興院」が設置される。帝都復興院総裁は内務大臣後藤新平が兼任し、全国から都市計画に関する様々なエキスパートが呼び集められ、その三週間後の一〇月一八日には復興計画の原案(甲案と乙案の二案)が作成、一〇月二七日には閣議了承されて政府原案に取りまとめられた。震災発生からわずか二か月弱である。

大風呂敷と呼ばれた三五億円の復興計画はさすがに当時の日本政府では財源を整えることは出来なかった。蔵相井上準之助は後藤案に非常に同情的で、様々な手を尽くして財源の手当てに奔走した。復興財源は公債で準備するが公債の利払だけは歳入の余剰で支払える額にせざるを得ない。日本の財政上八億円が限界でそれ以上はどうにもできない、と後藤に伝えざるを得なかった。それでもかなり大規模な計画となった。

政府原案は帝都復興院と同時に創設された関係省庁の次官、知事、市長らからなる帝都復興院参与会、政財界の有力者で構成される帝都復興院評議会、そして前述の帝都復興審議会の三つの諮問機関にかけられ、議会の審議・議決を経て実行に移される予定であった。

参与会・評議会とも政府原案の評価は高く、それどころか復興計画のさらなる拡大を求める声すらあったというが、帝都復興審議会にかけられるや状況は一変した。反対派の急先鋒として論陣を張ったのは枢密顧問官伊東巳代治で政府主導の区画整理を所有権の侵害であること、七億三〇〇〇万円の予算が財政基盤を危うくしかねないこと、政府主導ではなく自治体主導でやるべきこと、道路拡張は不要であること、帝都復興院が不要であることなどを主張した。これに政友会総裁高橋是清、貴族院議員江木千之、渋沢栄一らも同調し、閣外委員は全員が政府原案に反対の立場を取ったという。

著者は帝都復興審議会の長老政治家たちが帝都復興計画の審議を山本内閣への政治的揺さぶりをかける道具として利用した、というが、個人的にそれを鵜呑みにしていいかどうかよくわからない。伊東巳代治は伊藤博文の下で大日本帝国憲法の起草に参加し、伊藤とともに政友会の創設に参加、「憲法の番人」を自任していた憲政家だ。むしろ原則論を述べたという風にも読める。ただ、当時政友会は山本内閣などを含めた歴代の超然内閣に対して批判的な立場を取っており、盟友高橋是清とともにそのような対内閣という姿勢があったのかもしれない。あるいは両方が混ざっていたのかもしれない。また、渋沢も意外なのだが、渋沢栄一記念財団のサイトの「渋沢栄一と関東大震災」によると、「都市計画中心の復興院案に対して、東京が経済発展するための港湾整備が重要であるという立場をと」ったとあるので、重視する意見の違いというものであったのだろうが、審議会での審議の結果東京築港も廃止となっているため、このあたりの経緯はよくわからない。

ただ、審議会で政府原案はかなり縮小を余儀なくされたのは事実である。予算も七億三〇〇〇万円から五億七四八一万円へ、幹線道路の幅員は縮小あるいは廃止され、上述の通り東京築港、京浜運河も削除、ただし後藤の抵抗で区画整理は国主導で行うこととなった。しかし、この案が議会にかけられると、当時政友会が多数を占めており、さらなる議会での抵抗が待っていた。最終的に復興予算は二割削減、道路幅もさらに縮小、帝都復興院の事務費予算もカットされ、翌年帝都復興院は廃止を余儀なくされる。なんとか一二月一九日に政友会の修正案を飲む形で採択され二四日に帝都復興計画が確定するが、同一二月二七日、摂政宮(後の昭和天皇)が狙撃される事件が起き、翌大正十三年一月七日、山本内閣は総辞職、後藤も失脚することとなる。その後藤に後事を託されたのが、先日紹介した東京市長永田秀次郎(「東京市長永田秀次郎、関東大震災後の名演説「市民諸君に告ぐ」」)で、このような背景があった上での渾身の演説に繋がるという流れである。

著者はこう総括している。

P55
以上のような帝都復興計画の縮小を招いた審議経過をみると、三重の諮問・決定組織は不要であった。特に、帝都復興審議会という組織は、山本内閣の大臣ではない長老・現役政治家による政治介入と無責任な政争の場(ミニ元老院、拡大閣議)を提供したことになり、復興を実現するための政策決定にとっては不要であり、むしろ弊害になった。ただ、このことは結果論として指摘できることであり、そうなるとは誰しも予測していなかった。迅速で確固たる責任をともなく意思決定が必要とされる場面では、諮問・決定組織はメンバー構成と何が目的の会議化を明確にする必要があるというのが、歴史的な教訓といえる。

ただ、意外なのは高橋是清である。後藤も後年高橋是清が反対し続けたことについて「(高橋是清が)悪意をもって東京市民に災するために議論したものではなく、ただこの点(区画整理が如何なるものか)に無知なることを憐れむ」と語り、その無知ゆえに「東京市民に災い」をもたらしてしまっていると語っているが、積極財政で鳴らす高橋是清と、悉く都市計画の縮小、予算の削減に固執する姿がどうにもイメージとして結びつかない。このギャップをどう埋めればいいのか、それは伊東、渋沢ら他に挙げられている人々も同様なのだが、何か収まりの悪さを感じている。

この本では政争の道具として使われたということで結論付けているが、後藤新平とともに伊東巳代治、高橋是清、渋沢栄一、そして震災復興に関った多数の官僚、経済人、市民など当時の関係者の関東大震災に関する思惑をもっと調べてみるならば、都市計画だけではなく経済、財政、産業、社会、法律などの多岐にわたる、まさしく「復興とは何か」ということが立体的に浮かび上がってきそうな感覚がある。確かに彼らの抵抗が、東京の復興を中途半端なものとし、わずか二十年後に見舞われる戦災の被害を拡大したことは否めない。しかし、帝都復興審議会や議会で抵抗した人々を、そのまま抵抗勢力として描いたままにしておくのは、関東大震災を総括したことにならないのではないだろうか。彼らがなぜ反対し、あるいは抵抗したのか、そこには一つの真実が潜んでいるように思う。沸々と興味がわいてきたので追々調べてみたい。

この本は都市計画、つまりハードの面から過去の復興計画を詳細かつ具体的に描き出しており、他にも戦災復興事業や戦時防空対策、一九三〇年代の日本各地の大火対策などどれもが非常に有用かつエキサイティングな内容でぜひ一読していただきたいが、災害からの復興を考えたときに都市計画は最重要な課題でありつつも、一面でしかないということもまた理解しておく必要があるだろう。都市計画で整備された都市の中で、被災者がその災害で負った傷を癒し、再び生き生きと様々な活動を始め、災害以前よりさらにその地域が栄えるソフト面の復興計画もまた重要である。それらハード面の復興計画とソフト面の復興計画の両輪で着実に足元を固めた上で、災害を忘れず、災害に備え、災害とともに生きる、自由で活力ある社会(減災社会)の姿までを射程にいれた展望を描くことこそ、今求められている復興計画であろう。

先日紹介した「災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか」(P33)に十九世紀英国の劇作家オスカー・ワイルドの言葉が紹介されていた。孫引きになってしまうが、まさに復興計画を考えるうえでポイントになる言葉だと思ったので敢えて引用しておく。

「ユートピアの描かれていない世界地図は一見する価値もない。なぜなら、それは人間が常にめざしている一国を省いているのだから」(オスカー・ワイルド)

参考サイト
渋沢栄一記念財団 渋沢史料館 / 史料館だより /渋沢栄一と関東大震災
伊東巳代治 – Wikipedia
後藤新平 – Wikipedia
山本権兵衛 – Wikipedia
高橋是清 – Wikipedia
帝都復興院 – Wikipedia

災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか
レベッカ ソルニット
亜紀書房
売り上げランキング: 877
津波災害――減災社会を築く (岩波新書)
河田 惠昭
岩波書店
売り上げランキング: 401
地震の日本史―大地は何を語るのか (中公新書)
寒川 旭
中央公論新社
売り上げランキング: 2631
関東大震災 (文春文庫)
関東大震災 (文春文庫)
posted with amazlet at 11.04.15
吉村 昭
文藝春秋
売り上げランキング: 313
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク