萌えながら燃えるスポ根麻雀青春アニメの傑作「咲-Saki-」感想

咲-Saki- 嶺上開花 スペシャルBD-BOX(完全受注生産限定盤) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-03-07)
売り上げランキング: 5544

バンダイチャンネルで全話無料配信していたので軽い気持ちで見始めたら一気にはまった。

清澄高校一年生の主人公宮永咲は家族麻雀で知らず知らずのうちにどんな状況でもプラスマイナス0に収めることが出来るという高度な麻雀技術を身に着けていたが、それは対戦相手への過度な気遣いから知らず知らず磨き上げられてきた技術で、それゆえに麻雀を好きになることができなかった。ところが、偶然、麻雀に情熱を燃やす仲間たちと出会うことで、彼女は麻雀の楽しさに目覚め、全国大会を目指していく、というド王道の麻雀部活アニメ。

見せ場たっぷりに必殺技や特殊能力の応酬になる主要キャラクター同士の対戦シーンもあれば、実力派キャラクター同士の本格的な対戦シーンもあり、丁寧かつ大胆にじっくりと描かれる対局シーンは見応え十分だった。また、この作品を奥深いものにしているのは、敵役や脇役に至るまで一人一人に丁寧に描かれるバックストーリーで、それぞれが試合に賭ける思いが伝わってきて、かなり熱い展開が続く。後半はさながら群像劇の様相を呈していて、主人公チームだけじゃなく相手チームに結構感情移入してしまっていた。

鶴賀高校の加治木さんと桃子ちゃんのエピソードと、風越女子高校の福路キャプテンと後輩たちのエピソードは描かれるたびに目頭に熱いものが・・・個人的に部長の竹井さん、まこ、加治木さんの三人がいぶし銀で好きです。南浦さんももっと見せ場欲しかったなぁ。特に渋い御祖父さんとのバックストーリーを知りたかった。東横桃子&池田の後輩キャラも愛おしいし、龍門渕高校メンバーも仲良くて癒されるしで登場人物が皆人間味があって魅力的なのが素晴らしい。一所懸命に全身全霊で何かに打ち込む情熱、みたいな感覚を忘れてしまって久しいわけだけど、それを思い出させてくれる、超スポ根能力バトル系萌え百合的友情本格麻雀人生アニメでした。あんた背中が煤けてるぜ。

本編は県予選で終わっているのでぜひ全国大会編も観たいです。今スピンオフ作品「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」というのがやっているみたい。全くノーチェックだったけど、バンダイチャンネルやニコニコ動画で配信されているみたいなので今度観てみよう。

咲-Saki-阿知賀編 1 (イベント先行購入抽選券付属初回生産仕様) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-06-20)
売り上げランキング: 106
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク