ある貴族の日記より「指原公ご配流の由」

ナタリー – AKB48指原莉乃、HKT48へ緊急移籍
ある貴族の日記より
指原莉乃(さしはら・の・まつのり)殿が太宰府に流されてよりほどなくして、都には次々と怪異(醜聞)が露見して人々は指原公の怨霊の仕業と噂し合っております。
いまどき怨霊とはばかばかしいことであるなぁと思うものの、人々の口に蓋をすることができるはずもなく、詮無きことと眺めるばかり。
院も関白大島殿も当初は意に介さぬご様子でしたが、当代随一の武士前田殿が夷狄毛蒸と結びてともに朝廷に対し弓を引き奉るに及ぶと、さすがに恐れおののいて僧を呼び鎮護の儀式を始められました。
前田殿のご謀反に対しては篠田殿と板野殿がその討伐に向かわれ激戦の末に討ち滅ぼされました。万夫不当で聞こゆる篠田殿は、いつでもかかってまいれ、と日ごろから語っておられただけに見事なご活躍であった由。
されどその後も怪異は止まることを知らず、ついにその荒ぶる御霊を鎮め参らせるため指原殿をお祀りする神社が建立(ソロデビュー)されるに至ると伝え聞きます。
かような末法の世にはほとほと嫌気がさしてまいります。この現世の購入の輪廻からはよう成仏したいという思いが日に日に大きくなり、いっそ出家してしまおうかと思い悩む今日この頃です。
ーーーーーー
AKB48は数人しかわからないのだけど、話題の芸能ネタに乗ったネタ記事ということで。

関連エントリ
なぜ崇徳上皇は怨霊になったのか?
現代人のための神仏習合入門その2「跋扈する怨霊、翻る反旗」篇

跋扈する怨霊―祟りと鎮魂の日本史 (歴史文化ライブラリー)
山田 雄司
吉川弘文館
売り上げランキング: 162816

日記で読む日本中世史
日記で読む日本中世史
posted with amazlet at 12.06.16
元木 泰雄 松薗 斉
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 341713
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク