アメリカ合衆国とオスマン帝国

ツイートでこっそり言及する程度で終わらせようと思ったんだけど、140文字で納まらなかったんで軽いノリでブログエントリに。むしろアメリカはオスマン帝国のパロディぽく見えるよ。てきとーに特徴挙げると
・宗教共同体(州をミレットに見立てて)毎の自治
・多文化主義への執着と自信
・交易の中心(世界のマネーは一旦米国市場に流れ込んで、再び世界に再分配されてる)
・強大な軍事力・警察力による影響力の行使と紛争の仲裁(世界の警察)
・スルタン=カリフばりの大統領の宗教的権威(いわゆる見えざる国教)
・民族・信仰に拘らない柔軟な人材登用システム
・半ば神聖化するほどの強力な憲法の権威(イスラーム法と合衆国憲法)
・二項対立的な世界観(イスラームの家とアメリカ例外主義)etc
ってことはイェニチェリは軍産複合体か?とか、主流派気取りだけど実は少数派のWASPとトルコ人とか、色々ネタはある。歴代皇帝は誰になるんだろ。スレイマン大帝がF・ルーズベルトとかかな。
まぁ「帝国」と呼ばれる存在であれば大なり小なり共有している特徴と言えなくもないので何が正しいとかいう話ではない。そもそも前近代の帝国と現代の帝国の比較自体あまり意味ないことなので、あくまでネタとして。まぁ、アメリカとオスマンは気になって良く調べることが多いので似てる気になってるだけって話も。

アメリカン・デモクラシーの逆説 (岩波新書)
渡辺 靖
岩波書店
売り上げランキング: 130772

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク