葉山という地名の四つの由来についてまとめ

葉山という地名の由来は明らかになっていない。文和二年(一三五三)、森戸神社文書に平某が田地を葉山郷森戸神社に寄進という記録が葉山という地名の初出で、その地名の由来として四つの説があるという。

以下葉山郷土史研究会編著「郷土誌葉山第八号」より引用。

1) 駅馬説
葉山の地名は駅馬(はゆま)に基づくと木下良『神奈川の古代道』(1997・藤沢市教委)で示唆され、松本昭氏は「奈良時代、東海道の駅家が葉山のどこかにあり、駅馬を置き、緊急連絡、公文書逓送用に早馬を備えた。はゆま→はやうま→はやま→葉山に転化したのではないか」と提起した。(松元昭[「駅馬」から「葉山」へ]「はゆまとはやまと」第1号2002年
2) 葉山信仰説
東北地方に点在する信仰の山「ハヤマ」からわが葉山の地名を考察。三ヶ岡山の麓にある森山神社と宝蔵院は大昔山上にあったと言われており、三ヶ岡山は信仰の山即ち「ハヤマ」であった。ハヤマの神の祭祀にかかわった狭い水田を「葉山田」と呼び、それが、やがて小名となり、更に郷名になった。(辻井善弥「東北の国からの葉山地名考」本誌第4、5、6号)
3) 端山説
地形的に考えると、二子山系、大楠山系が西走して鐙摺山地、浅間山地、三ヶ岡地塊、宝剱塚(旧宝金山、現国際村グリーンパーク)となって海に迫り、その先端は旗立山、森戸崎、柴崎、打鯖崎(岬)、長者ヶ崎となっている。こうした数々の山の橋が海に落ち込む所が端山であり、端と葉が融合して葉山となった。(高梨炳編「葉山町郷土史」1975)
4) 長者説
昔、長者ヶ崎付近に長者が住んでいて、木の実を蒔き苗を育て浜・山に植え、これが茂ってその山を葉山と云った。(高梨炳編「葉山町郷土史」1975)

これら四つの説いずれも定説にはなっていないという。

ただ、やはり葉山信仰説と端山説の二つのどちらか、あるいはその二つが融合した形で葉山という地名になっていったのかもしれない。特に葉山を歩いていると、一般的に葉山は海岸のイメージがあるが実は山に囲まれた地形であり、その山々にはそれぞれ神社や祠、あと古墳なども点在しており、なんらか山岳信仰的なものがあったことがわかる。また、海岸線からは山脈が波打ち、そして海岸線へとすとーんと落ちていく地形というのが、つまり山の端であることが非常に印象的である。

先日ハイキングコースとして整備されている三ヶ岡山を軽く歩いてみたが、山からの風景は確かに美しく、他の土地であればやはりここは聖地としてなんらか祀るだろうという気はした。

「郷土誌葉山第三号」P88-91によると、キーワードとして考えられているのが「モリ」という言葉だ。鎮守の森などというように古くからモリは信仰の対象として考えられてきた。そのモリは森林だけでなく「ヤマ」も含めたその場全体を指す。その信仰対象としてのモリが終わる端山(ハヤマ)もまた山岳信仰で信仰対象となるらしい。山形県の葉山や宮城県の羽山などはいずれも山岳信仰の対象となっている。モリの入り口としての三ヶ岡神社の麓の岬にある森戸神社、かつて三ヶ岡山頂にあったとされる森山神社という対になった神社の存在が、葉山という言葉の由来に山岳信仰の姿を浮かび上がらせてもいる。

また葉山町には葉山氏という名家が代々続いている。葉山家収蔵の古文書なども郷土史上貴重な史料であるらしい。その葉山姓について、「郷土誌葉山第三号」によると三つの系統があるという。

一、 三枝流、出身は甲斐「野呂介守泰の子守道(葉山を称す)」
二、 赤松氏族、播磨の豪族、系図に「摂津守護範資六男範春、葉山」
三、 秀郷流藤原姓、「河村三郎義秀の後裔親綱、武田氏に仕え、葉山氏を称す」

また、永正十三年(一五一六)、後三浦氏が北条早雲に攻められて滅亡した際三浦義同(道寸)の子高処の遺臣が鐙摺(現在の葉山町堀内の鐙摺)で葉山氏を名乗ったとの記述もある。

三の河村三郎義秀の後裔の葉山氏が南北朝の頃に葉山に来て帰農した説が「郷土誌葉山第三号」では書かれているが、いずれにしても葉山氏と葉山の地名の由来とは大きくは関わりが無さそうである。順当に考えれば葉山という地名が先にあって、それにあわせて葉山姓を名乗ったと考えられるようにも思うし、そうであれば三浦高処の遺臣説が有力のようにも見える。

やはり葉山という地名の由来を考えるには葉山の山々と海と信仰の跡をじっくりと歩いてみる必要がありそうだ、という印象を受けた。とりあえず葉山に引っ越して二週間弱、自分が住む土地のことについてもう少し調べたいと思っている。

相模三浦一族とその周辺史―その発祥から江戸期まで
鈴木 かほる
新人物往来社
売り上げランキング: 999141
山の宗教  修験道案内 (角川ソフィア文庫)
角川学芸出版
売り上げランキング: 148825
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク