平清盛曾孫最期の地「六代御前の墓」

六代御前の墓

逗子駅から海岸回りで十五分ほど歩いた田越川に面した高台、仙元山の麓付近に六代御前の墓がある。

六代とは、平維盛の嫡男、平清盛の曾孫にあたる人物で、平正盛、忠盛、清盛、重盛、維盛と続く伊勢平氏の直系の六代目に当たることから幼名として六代と名付けられた。承安三年(一一七三)生まれ。平高清とも呼ばれるが、高清を名乗ったかどうかは確かではない。

平家の栄華を支える後継者として成長するはずだったが、治承四年(一一八〇)、以仁王の挙兵に始まる怒涛の戦乱は平家の滅亡と鎌倉政権の樹立によって幕を閉じ、平家滅亡後の文治元年(一一八五)、母新大納言局(藤原成親の娘)とともに京都偏照寺の奥、大覚寺の北、菖蒲谷とよばれる一帯に潜んでいたところを北条時政によって捕縛される。時政によって殺害されるところだったが、頼朝の強い協力者で平家打倒に暗躍していた僧侶文覚が頼朝に六代は自分の弟子であるとして助命を嘆願、赦されて文覚に預けられて出家し妙覚と名乗った。建久五年(一一九四)、頼朝と面会したとき、頼朝は六代の聡明さを見抜いたと言われるが、そのまま身の安全を保障され、寺を与えられたという。

僧侶として生きていた妙覚=六代だったが、正治元年(一一九九)、源頼朝の急死とそれに続く政権の動揺が引き起こした土御門天皇の外戚である源通親(土御門通親)襲撃計画事件に連座しての文覚の佐渡流罪・失脚という相次ぐ後ろ盾の喪失は、彼の立場を非常に危険なものとした。文覚の逮捕とともに平氏の直系である六代も政権を危うくするものとして捕えられ、即日斬首される。享年二十六歳であった。斬首地は田越川流域のどこかであるらしいがよくわかっていない。

六代御前の墓

盛り上がった高台の上にその墓はある。非常に雰囲気があって涼やかな場所だ。

六代御前の墓

実際斬首地やその遺体がどこに葬られたかは定かではなく、この墓は墓ではなく供養塚である。江戸時代、六代の家臣斎藤氏の末裔を名乗る水戸藩士斎藤仁左衛門によって建てられた。

斬首地はこの墓の田越川の対岸にあった池の周囲という話もあれば、もっと上流域のあたりだという説、あるいは六浦のあたりであるとする説などもあるらしいがともかく確かなのは田越川流域であるということだけだという。

六代を助けた文覚という僧侶はとにかく面白い人物で、かなり激しい気性の持ち主であったらしい。出家前は遠藤盛遠と名乗り北面の武士として上西門院に仕えた。人妻と恋に落ちて夫を殺そうと忍び込み間違って妻を殺害して悲しみのあまり出家した物語は有名だが、出家後も気に入らないという理由で西行を付け狙ったと思ったら、実際会ってみると何故か意気投合してみたり、後白河院に強訴を行って流罪にあったりする。あるいは源頼政配下の渡辺党と繋がりを持ち、伊豆に流されてからは頼政が以仁王を奉じて兵を挙げると、丁度伊豆に流罪になっていた縁で渡辺党のつてを辿って頼朝に挙兵を薦めに来たりする。頼朝の力を背景にして神護寺を再興したかと思えば、源平の戦争のどさくさに紛れて神護寺の領地を拡大しようと周辺の荘園に働きかけて頼朝を呆れさせたり(吾妻鏡文治元年七月十五日)、およそ出家者としての平穏さは微塵も持ち合わせていない、トラブルメーカーっぷりを発揮していて、あの時代を彩る個性的な人物の一人だ。

不思議なのは、そんな源氏に隠然たる影響力を誇る政僧が、何故平氏の嫡流である六代の後ろ盾となっていたのか、だ。六代が潜んでいた菖蒲谷も神護寺の影響下にある一帯だったというし、かなり計画的に六代に肩入れしていたらしい。やはり六代を掌中に収めることで鎌倉政権に対する影響力を確保しようとしたのだろうか。切り札でもあるし致命傷にもなる危ないカードだと思うが、頼朝存命の間はそれが上手く機能していたのだろう。

また、文覚の嘆願とはいえ、六代の命を助けた頼朝の意図についても色々思う。アイコンとなる嫡流を助けたがゆえに滅亡した例を自身が体現してみせている訳で、六代を殺害しようとした北条時政の判断の方がおそらく非常に合理的だ。にも拘わらず何故助けたのか。ここは今放映中の大河ドラマ「平清盛」の描き方に当てはめると意外としっくりくる。源氏が武士の世を作るのを生きて眺めておれ、と。もし武士ならいつか立ち向かってこいと、そんな意図を持っていたのではないか、などと想像してみるのも楽しい。

その危うさゆえに頼朝死後、能吏大江広元主導で組織固めが行われるその最初に文覚と六代は粛清される運命にあったのかもしれない。平氏の嫡流であるがゆえに幼くして時代に翻弄された悲劇の人物の供養塔は、歴史について色々なことを考えさせる。

参考書籍・サイト
・手帳-逗子の郷土誌第170号 三浦澄子「六代御前塚墓の伝承聞書」
・五味文彦・本郷和人編著「現代語訳吾妻鏡〈2〉平氏滅亡
・逗子市指定文化財一覧29六代御前の墓伝説地
平高清 – Wikipedia
文覚 – Wikipedia
菖蒲谷と六代御前

大きな地図で見る
逗子駅・新逗子駅からバスで六代御前まえ下車

平家物語 (岩波文庫  全4冊セット)
岩波書店
売り上げランキング: 139629

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
ジェネオン・ユニバーサル (2012-11-21)
売り上げランキング: 1662

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集

文覚 (人物叢書)
文覚 (人物叢書)
posted with amazlet at 12.11.04
山田 昭全
吉川弘文館
売り上げランキング: 371844
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク