逗子の総鎮守「亀岡八幡宮」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

亀岡八幡宮の歴史

亀岡八幡宮

逗子駅前、逗子市役所に隣接する逗子の総鎮守。しかし、その歴史はよくわかっていない。記録上残っているのは天保一二年(一八四一)の「新編相模国風土記稿」で『村の鎮守なり、本地佛を置く、三尊彌陀の木像を銕(テツ)面に打付けしものなり。延命寺持』とだけ記録がある。

江戸時代は近くの延命寺が別当として管理をし、ただ「八幡社」とだけ名乗っていた。鎌倉の鶴岡八幡宮に対して亀岡八幡宮と名付けられたとされているが、亀岡となったのがいつの頃からかは判明していない。資料「逗子市内の地名調査報告書」P58には地元の方々と調査員らによる座談会として『「亀ヶ岡」と言い出したのはわりと新しく、江戸時代はただ「八幡社」で村の鎮守だった。(後略)」「鎌倉の鶴ヶ岡の八幡さまを意識してたんでしょうかね」』とある。昭和二十八年に神社本庁に「亀岡八幡神社」と登録されたというので、おそらく亀岡を名乗ったのは明治~昭和初期にかけてのことだろうと思われる。

亀岡を称する八幡宮は日本各地にあり、東京市ヶ谷の市谷亀岡八幡宮は太田道灌が鶴岡八幡宮から勧請して亀岡を名乗ったと伝わり、栃木県益子の亀岡八幡宮は源義家が前九年の役の際に戦勝を祈願したところ亀が現れたというエピソードにちなみ、兵庫県淡路島の阿万亀岡八幡宮も鶴岡八幡宮にちなんで名付けられたという。

神社のあるこの一帯は古くは「高畑」「宮の前」という地名で古くはがこの付近まで海であった名残でなだらかな砂丘地帯であったらしい。また現在の逗子市役所の近くに池があったが昭和二十三年の逗子警察署(現在の市役所、警察署は七三年に移転)建設の際に埋め立てられた。

また本尊の三尊彌陀像は明治元年の神仏分離に従って延命寺へと移管されたという。記録には木像とあるが実際は銅像であった。しかし、その像は逗子市の文化財調査の際にはすでに紛失していたという。

亀岡八幡宮拝殿

亀岡八幡宮拝殿

大正十二年新築、関東大震災の被害も少なく修理して現在まで使われている。毎年七月十六日が例祭で、この日は逗子駅から新逗子駅にかけての商店街を神輿が一巡していく。

萬栄稲荷大明神

萬栄稲荷大明神

現在の逗子市役所南側にあった稲荷神社を大正十二年に現在地に移設したもの。商売繁盛、家内安全など。

大神宮社ほか小祠群

大神宮社ほか小祠群

一番右端が大神宮社で、かつては逗子駅北口前の山の根地域にあったものを合祀し、その跡地に残された祠を昭和四一年、境内に移設したものとされる。

庚申塔・石碑群

庚申塔・石碑群

左から堅牢地神塔、庚申塔、庚申塔、馬頭観音像など。
由緒不明ながら小さな村の鎮守から地域の人たちに親しまれていくうちに大きな神社へと発展したという経緯の神社で、街の中心地にあることから参拝者も多く雰囲気もある良い神社だと思います。

参考書籍・サイト
・「逗子市内の地名調査報告書」P58
・「逗子 道の辺百史話」P3
・「改訂 逗子町誌」P45
・亀岡八幡宮 神奈川県逗子市逗子
新編相模国風土記稿 – Wikipedia
逗子 亀岡八幡宮の庚申塔

亀~亀岡八幡宮の亀


大きな地図で見る
横須賀線逗子駅下車
京浜急行新逗子駅下車

るるぶ横須賀 三浦 逗子 葉山 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング (2011-06-17)
売り上げランキング: 186875

三浦半島の史跡みち―逗子・葉山・横須賀・三浦
鈴木 かほる
かまくら春秋社
売り上げランキング: 418309
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク