蘆花記念公園、逗子市郷土資料館と長柄桜山古墳群

スポンサーリンク
スポンサーリンク

徳富蘆花碑

徳富蘆花碑
明治三〇年、小説家徳富蘆花は赤坂から逗子に拠点を移し、田越川沿いの旅館柳屋に宿を取って、四年間ここで執筆活動を行った。兄蘇峰が主宰する國民新聞に逗子をはじめとする湘南地域の自然を描いた「湘南歳余」「湘南雑筆」を連載、随筆集「自然と人生」や代表作となった小説「不如帰」を発表した。

その徳富蘆花や国木田独歩など明治の文人たちに愛された旅館柳屋の跡地に徳富蘆花碑が建てられている。

蘆花記念公園

蘆花記念公園

蘆花記念公園
その徳富蘆花碑近くから住宅街を抜けて仙元山に連なる桜山という丘陵の方へ足をのばすと、徳富蘆花の名を冠した公園が整備されている。ここはかつて徳川宗家十六代当主徳川家達の別荘があった一帯を活用したもので、蘆花記念公園といいつつ蘆花が住んでいたわけではないが、蘆花が滞在していた柳屋からは目と鼻の先ではある。

逗子市郷土資料館

逗子市郷土資料館
その徳川家達の邸宅が現在逗子市郷土資料館として利用されている。大正元年に建設された木造平屋建てのかわらぶき、一九〇・七七平方メートルになる建物で、大正五年に増築された離れの別館もある。

郷土資料館には逗子・葉山ゆかりの文学者関連資料や市内の文化財、民俗資料、歴史資料などが陳列されているほか、背後の丘陵地から発見された長柄桜山古墳からの出土品なども展示されている。

逗子市郷土資料館離れの別館

逗子市郷土資料館離れの別館

郷土資料館からの眺め

郷土資料館からの眺め
郷土資料館からは葉山港や相模湾、江の島や、富士山などを望むことができて風光明媚なスポットでもある。

長柄桜山古墳ハイキングコース

長柄桜山古墳ハイキングコース
平成十一年三月に地元の考古学愛好家の方によって発見された四世紀後半に造られたとみられる全長九〇メートルと八八メートルという大規模な二基の前方後円墳を歩くことが出来る山道が郷土資料館の裏手からハイキングコースとして整備されている。丁度古墳は逗子市と葉山町の市町境に位置しているので、両自治体の共同管理下にある。

長柄桜山古墳ハイキングコース
古墳に埋葬されていたのが誰なのかはわかっていない。ヤマトタケルの東征伝説の経路として焼津から三浦半島の走水へとたどり着いてそこから東京湾を渡って房総半島へといった伝承になっているが、ヤマトタケル伝承と各地の古墳の位置はかなり一致することから、古代の様々な人物の伝承を繋ぎ合わせつつ創造されたのがヤマトタケル伝説で、そのモデルの一人となったといわれる鎌倉・三浦半島付近を支配していた鎌倉別という人物の墓説が有力だという。

長柄桜山古墳二号墳

長柄桜山古墳二号墳
郷土資料館からさほど急ではない山道を一〇~一五分ほど歩くと大きく盛り上がった地帯が見えてくる。二号墳は前方後円墳で全長八八メートル、面積八二〇八平方メートルに及ぶ大規模なもの。

二号墳頂上付近

二号墳頂上付近
二号墳はハイキングコースとして立ち入りが可能で、頂上まで登ることができる。この日は平日だったが子供連れのハイカーが多く休憩していた。

長柄桜山古墳一号墳

長柄桜山古墳一号墳
二号墳からコースにそって緩やかな道を一〇分ほど歩くと一号墳が見えてくる。一号墳も前方後円墳で全長九〇メートル、面積六八六九平方メートルと大規模なもの。ロープが張られて立ち入りは不可となっているが、ロープ越しにその形ははっきりと見ることができる。

この長柄桜山古墳は田越川流域を望む丘陵地の頂上に位置するが、田越川流域は相模湾から三浦半島を横断して東京湾から房総半島へと繋がる古代の交通ルートの一つであったと考えられており、この長柄桜山古墳はそのような交通ルートを支配した有力な首長のものであったと考えられている。ヤマトと房総半島、その先の東北をもつなぐ古東海道の結節点であり、持田遺跡や池子遺跡など周辺の様々な遺跡からはヤマト王権とつながりがある出土品が発見されている。

何故四世紀後半にこの逗子葉山地域にヤマト王権と深い関係がある強力な首長が登場したのかというと、それは当時の東アジアをとりまく軍事情勢の緊迫化にあるという。

『すなわち、この頃の大王と列島の首長たちにとって、最大の関心事は、地域支配の主導権争いよりも、地域支配を成り立たせる鉄などの重要財をどう確保するかの方にあった。高句麗南下に始まる朝鮮半島の紛争激化にともない、重要財の供給先となっている東アジアへ直接的・軍事的関与が求められる時代に突入したからである。そのため、外交を主導する立場のヤマト王権は朝鮮半島の同盟国と中国南朝の協力を得て、対外戦争に備えた軍事王権としての性格を強めていく。各地首長層もこの王権外交に積極的に参加することで、生産力と結びつく先進文物・知識を入手する機会を得られたのである。』(田中史生論文「長柄桜山古墳群の時代を考える」(郷土誌葉山第四号 第二特集「長柄桜山古墳群」収録))

そのような当時の国際情勢とヤマトと東国の間の海上交通の発展が、海上交通の要衝であったこの逗子葉山地域にヤマト王権と密接な強い首長を登場させ、長柄桜山古墳という大規模な遺跡群が残されることになったと考えられている。

ハイキングコースは郷土資料館裏手からだけではなく先日紹介した六代御前の墓の裏手から登るコースや長柄交差点付近から登るコース、葉桜住宅付近から登るコースなどがあるので、色々なコースが楽しめる。
あとおまけで蘆花記念公園付近は猫さんが多かった。そういえば東京都世田谷区の蘆花恒春園も猫天国だったので、もしかすると徳富蘆花ゆかりの場所は猫スポットなのかも?

蘆花記念公園付近の猫

蘆花記念公園付近の猫

蘆花記念公園付近の猫

蘆花記念公園付近の猫

参考書籍
・葉山郷土史研究会編「郷土誌葉山第四号 第二特集「長柄桜山古墳群」」
・逗子市教育委員会・葉山町教育委員会編「シンポジウム前期古墳を考える~長柄・桜山の地から」
・長柄桜山古墳群パンフレット
・三浦 佑之 著「口語訳 古事記―人代篇 (文春文庫)

大きな地図で見る
JR逗子駅より海岸回りバスで「富士見橋」下車

関東 古墳探訪ベストガイド
東京遺跡散策会
メイツ出版
売り上げランキング: 381671

前方後円墳の世界 (岩波新書)
広瀬 和雄
岩波書店
売り上げランキング: 134785

「考古学」最新講義 古墳と被葬者の謎にせまる
大塚初重
祥伝社
売り上げランキング: 126315
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク