大河ドラマ平清盛の北条時政邸飲み会のおじさん達の末裔について

大河ドラマ平清盛の頼朝パート、北条時政邸に義朝恩顧の武士のおじさんたちが集まって愚痴を言い合っているシーンがたびたびありますが、彼らは、その後数百年の歴史を考えたとき、歴史ファン垂涎のメンツになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐々木秀義(演:建蔵)

政子を息子の嫁に・・・とか軽口を叩いていたら政子が熊だったか猪だったかを抱えて登場して腰を抜かして、丁寧にお断りしていたおじさんだけど、彼の子孫たちは、日本史の影の主役として日本中でその名を轟かすことになります。

秀義との佐々木四兄弟として名高い息子の定綱、経高、盛綱、高綱と、五男の義清は頼朝の挙兵に従って活躍、次男の経高以外は地獄の権力闘争を見事に生き抜いて、佐々木氏は鎌倉幕府の外様御家人としては安達氏と並ぶ地位となって権勢をふるい、定綱の四人の孫(秀義の曾孫)はそれぞれ分家して大原氏、高島氏、六角氏、京極氏を名乗る。

六角氏は室町時代に管領として近江一帯を支配し戦国時代に織田信長と戦った六角氏、京極氏は後にバサラ大名佐々木道誉が出て足利氏とともに鎌倉幕府を滅ぼし、室町幕府でも四職とよばれる幕府の中枢の要職を代々継承して武家の名門としての地位を確立。また、道誉の孫高久は近江の尼子郷を与えられて尼子氏を名乗り、その次男持久が出雲守護代に、持久の孫、乱世の梟雄として名高い経久の頃に戦国大名として山陰地方の覇者となる。

京極氏嫡流も京極高吉の代に室町幕府末期の幕府重鎮として尽力するが幕府は滅亡、その子高次は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三人にそれぞれ仕え、高次の妹竜子は豊臣秀吉の側室として寵愛を受けた。高次の子忠高が大坂の役で軍功を挙げて大名となり、明治時代には京極家は華族に列せられ、以後その末裔が現代まで残る。

また佐々木秀義の四男高綱の次男光綱は出雲で野木氏を名乗り、それが後に乃木氏となった。この乃木氏の末裔が日露戦争で二〇三高地攻略の指揮を執った乃木希典である(諸説ある)とされている。

三浦義明(演:菅田俊)

頼朝を、このままでいいのか!と鼓舞していた熱いおじさんですが、この人の子孫も特に鎌倉時代前期の歴史の主役の一人です。来週が「頼朝挙兵」らしいので義明の活躍についてはカットされなければ・・・軽く伏線張られてたから描かれるんだと思うんだけど・・・劇的に描かれるんだろうと期待して割愛。想像するだけで熱いものがこみ上げます。

三浦義明の長男の子は和田義盛で鎌倉幕府創業の功臣。侍所別当という軍事の長だったが和田合戦で滅亡、次男三浦義澄の子義村は権力闘争の主人公として謀略政略を駆使して北条氏に次ぐ地位を鎌倉幕府内で確保したが、その子泰村の代に宝治合戦で滅亡して嫡流は絶えた。

しかし、義明には男子だけで一〇人、女子も含めると数えられないぐらいの子供がいて嫡流は絶えても庶流が生き残る。義明の三男義春の四男家村は佐久間氏、十男義連は佐原氏を名乗り、佐原義連の孫経連は猪苗代氏、佐原義連の子盛連の後妻となった三浦義村の娘との間の長子光盛は蘆名氏を、次男盛時が三浦氏を名乗った。

佐久間家村の子家盛は後に上総と尾張に領地を与えられてそれぞれ上総佐久間氏、尾張佐久間氏となって続き、戦国時代の尾張佐久間氏で有名なのが「退き佐久間」の異名で知られる佐久間信盛である。信盛親子は信長に追放されるが佐久間一族はその後も別系統が残り、柴田勝家の配下として賤ヶ岳の戦いで戦死した佐久間盛政の弟二人が徳川家康に仕えてそれぞれ信濃で大名となった。その末裔に幕末の軍学者佐久間象山がいる。

猪苗代氏は現在の福島県耶麻郡一帯に領土を与えられ、蘆名氏に仕えた。十代経元の代で蘆名氏から養子をもらい、存続。猪苗代盛国の代に蘆名氏を裏切って伊達政宗に仕え、以後幕末まで伊達家家臣として仕えた。この猪苗代氏の一族小桧山氏の末裔に明治時代の医師野口英世がいる。

蘆名氏は、義明の弟の為清も蘆名氏を名乗っており、為清流の相模蘆名氏と光盛流の会津蘆名氏がある。

相模蘆名氏は後に為清の孫為久が木曽義仲を討ち取る軍功を挙げて近江国石田村に領地を与えられて石田氏を名乗り、室町時代に京極氏に仕えて土地の豪族として生き残る。戦国時代、羽柴秀吉にその石田氏末裔の少年が見出されて石田三成となったとされる(諸説ある)。
会津蘆名氏は佐原(三浦)義連が源平合戦や奥州攻めの軍功で会津を与えられ、光盛の代に蘆名を名乗って以降代々会津に勢力を確保し、室町時代になると京都扶持衆に任じられて会津守護を自称、独立勢力化していた。戦国時代、蘆名盛氏が当主の代に全盛期を迎えるが、その死後、伊達政宗に攻められて蘆名氏は滅亡した。

三浦氏嫡流の滅亡後、三浦氏を継いだ盛時以降、三浦氏は鎌倉幕府では低い地位に置かれたままだったが、鎌倉幕府滅亡後、相模守護となった。しかし上杉禅秀の乱に連座して三浦高明は相模守護を解任される。その子時高の代に関東管領と鎌倉公方との対立となった永享の乱に乗じて鎌倉公方足利持氏を殺害、相模を実効支配し、続く享徳の乱でも関東管領と鎌倉公方との対立の中心となって暗躍し、関東における戦国時代の到来に大きく影響を与えた。その次代三浦義同の代に、台頭してきた北条早雲と激しく争い、小田原城を攻めるなど早雲最大の敵として立ちはだかったが、一五一六年滅亡、北条早雲は三浦氏を滅ぼしたことで相模を平定し戦国時代が始まった。

だが、まだ三浦氏は歴史の表舞台から退場しない。義同の子または義同の弟三浦義時の子とされる通綱が正木氏を名乗り安房里見氏に仕え、その子時忠は里見氏を裏切って後北条氏に仕え勝浦城主となった。時忠の子、頼忠の代に里見義頼に従い後北条氏と対立。その後、後北条氏は豊臣秀吉に攻められて滅亡し、徳川家康が旧北条領などを与えられ関東の支配者となる。一五九六年ごろ、家康は正木頼忠の娘於万を見初め、側室に迎えることとなり、於万の方は養珠院と呼ばれ家康との間に紀州徳川家初代家宣、水戸徳川家初代頼房を産んで徳川家を支えることになる。於万の兄為春は三浦氏を名乗り、三浦家は紀州徳川家家老として代々繁栄した。

このように、あのクダ巻いていた二人のおじさんですが、その末裔がこんな感じになっていくんだと思うと、あの飲み会は胸熱で、たまにしか見られないのが残念です。まぁ、日本の歴史が、実は凄く身近な者同士で殺し合いしていただけ、という話だったりもしますが。
あ、上総氏(演:きたろう)は直接の子孫は鎌倉時代に滅亡していくので割愛ということで。兄弟の子孫に千葉氏、相馬氏が出て関東に影響力を持ちます。

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
ジェネオン・ユニバーサル (2012-11-21)
売り上げランキング: 44,268
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク