大河ドラマ「平清盛」感想

大河ドラマ「平清盛」については何度か書いたので、観終わっての感想を簡単に。なんだかんだで面白かったです。
自身の血の宿命に抗うように現権力構造を打破しようと遥かな夢を見て、肉親、師、友、部下、様々な人々の屍の上に高みを目指し、そして気が付くと打破しようとしたその権力そのものと化していて、それに気付いたときには全てが手遅れだった、という王道な権力者の悲劇を描いたとても見応えのある作品に仕上がっていたと思います。

前半の豪華キャストによる宮廷劇、中盤の骨肉の争いから一皮も二皮も向けて、稀代の政治家として後白河院と謀略戦を繰り広げる様、そして終盤の、上り詰めていく毎に大義のために傲慢と独善の虜になって孤独の中に沈んでいく様子、そしてそれらが過去の伏線が次々回収されていくことでドラマとして重厚に積み重なっていく様など、唸らされることしきりです。

平家視点だとユメもキボーもありゃしない砂上の楼閣、嘘の城でしかないものが、源氏視点であれば臥薪嘗胆、捲土重来の果てのアゲアゲ路線になっていくことで、相互に補完しあっていて、最終的には「武士の時代」開闢の神話となっていました。もちろん、ドラマとしてなのであって、史実としてどうか、という議論はこの際脇に置いておきます。色々突っ込みどころも満載ではありました。清盛が西行法師に憑依したりするご都合トンデモ展開も嫌いじゃなかったし。かねてから時忠大好きっ子だったので、彼の見せ場が次々訪れる平家にあらずんば~あたりは俺得過ぎました。西行はもっと出番あると思ってたけどまぁ主要登場人物として出てきてくれただけでも西行好きとしては嬉しい。あーでも斎藤別当スルーは個人的に残念だったけども・・・

見応えのある大河ドラマでしたが、「大河ドラマ」としてどうかと言われると、よくわかりません。こんな主人公たちの腐敗と破滅の先に広がる輝かしい新世界、という北欧神話の「神々の黄昏(ラグナロク)」かくやな物語構造が、一般受けするんかといわれれば、「そりゃまぁ・・・ね」って感じです。

個人的には、クライマックスは六代御前(平維盛の子(清盛の曾孫))の助命エピソードを採用して、史実では頼朝と六代は直接会ってないけど、直接会ったことにして、頼朝が海中から救い上げた清盛の剣を、ひっくり返った六代(清盛子役の子とかだとなお良い)の顔の横に突き立てて「わしが創る武士の世を遠くから眺めておれ!」で、頼朝が顔見上げると清盛の霊が不適に笑って、両者の笑顔でエンド、みたいな構図を想像して、勝手に盛り上がってはいました。このエンドで観たかったですけど、まぁその後の武士の時代のダイジェストというのも武士時代の開闢神話という構造からみれば適切だったと思います。
二〇一三年の大河「八重の桜」も楽しみにしています。脚本が「ゲゲゲの女房」の山本むつみさんですので、そこまでおかしなことにはならないだろうし、むしろ面白くなるんじゃないかと思っているんですが、どうなることでありましょうか。会津松平家中のキャストが往年の日テレ「白虎隊」とかぶってるあたりも期待値高まるんですよねぇ。

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第壱集
ジェネオン・ユニバーサル (2012-11-21)
売り上げランキング: 1,507

NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集

平清盛×吉松隆:音楽全仕事 NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック
吉松隆
日本コロムビア (2012-12-05)
売り上げランキング: 1,648

平家物語 (岩波文庫  全4冊セット)
岩波書店
売り上げランキング: 43,452

謎とき平清盛 (文春新書)
本郷 和人
文藝春秋
売り上げランキング: 27,774
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク