バレンタイン直前!チョコブラウニーの簡単レシピを元パティシエの妹に聞いてみた

チョコブラウニー

焼きプリン、バームクーヘンに続いて、バレンタインデー直前ということもあり、今回はチョコブラウニーの簡単な作り方を元パティシエの妹with五歳&三歳の姪に教えてもらいました。ということでその制作風景と作り方のまとめです。
材料
・チョコレート 90g
・バター 100g
・全卵 2個
・薄力粉 50g
・ココアパウダー 15g
・グラニュー糖 150g
・塩 ひとつまみ
・クルミ 100g
材料

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1) バターとチョコを湯煎にかける

バターとチョコを湯煎にかける

バターとチョコを湯煎にかけて溶かしていきます。このとき沸騰させないように気をつけましょう。

2) 薄力粉、ココアパウダー、塩を合わせて振るう

薄力粉、ココアパウダー、塩を合わせて振るう

薄力粉、ココアパウダー、塩を合わせてスプーンで振るうと子供でも簡単です。このとき潰したり押したりしないように気をつけます。

3) 全卵を良く混ぜる

全卵を良く混ぜる

全卵を良く混ぜる
全卵を良く混ぜます。
記事とは全く関係ないですが、写真のシャツがシャツなので申し添えておくとスマイルプリキュアの推しメンは、五歳の姪はキュアピース(ピース>マーチ>ビューティ>ハッピー>サニー)、三歳の姪はキュアビューティ(ビューティ>ピース>マーチ>ハッピー>サニー)とのことです。

4)1)にグラニュー糖を入れて混ぜる

溶かしたバターとチョコにグラニュー糖を入れて混ぜる

溶かしたバターとチョコにグラニュー糖を入れて混ぜます。

5)4)に3)を入れて混ぜる

溶かしたバターとチョコにグラニュー糖を入れたものに、卵を入れよく混ぜる
溶かしたバターとチョコにグラニュー糖を入れたものに、卵を入れよく混ぜます。

6)5)に2)を入れて混ぜる

溶かしたバターとチョコにグラニュー糖と卵を入れた物に、薄力粉、ココアパウダー、塩を混ぜて振るった物を入れて切るように混ぜる

溶かしたバターとチョコにグラニュー糖と卵を入れた物に、薄力粉、ココアパウダー、塩を混ぜて振るった物を入れて切るように混ぜる
溶かしたバターとチョコにグラニュー糖と卵を入れた物に、薄力粉、ココアパウダー、塩を混ぜて振るった物を入れて切るように混ぜていきます。粉は二回に分けて混ぜることで、混ぜすぎを防止し、ダマになりにくくなります。このとき、「の」の字を描くようにして、混ぜすぎに注意しながら、粉気が無くなるまで混ぜていきます。

7)クルミを入れて混ぜる

クルミを入れて混ぜる

予め炒っておいたクルミを入れてかき混ぜます。

8)生地を流し込んで平らにして焼く

生地を流し込んで平らにして焼く

生地を流し込んで平らにして焼く
出来た生地を型に流し込み、平になるように整え、オーブンで焼きます。180℃で20分ぐらいが目安です。

9)冷えるのを待ってカットする

冷えるのを待ってカットする

冷えるのを待ってカットする
焼きあがったら自然に冷えるのを待って、余熱を取ってからカットしていきます。冷めた後の方が、チョコが固まるので、綺麗に切れます。冷蔵庫で冷やすより室温の方が、食べた時にチョコレートの風味が感じられるようになりますが、一方で、硬い方が好きな方は冷蔵庫で冷やす方が良いようです。ただし、夏場は室温だと固まりにくいので、ある程度余熱が取れた後は冷蔵庫で冷やす必要があります。冷まし方は室温、冷蔵庫どちらでもお好みで。

10)出来上がり

チョコブラウニー

一日ぐらい寝かせておくと味が馴染んでより美味しいとのことです。

チョコブラウニー

お好みにあわせてシュガーパウダーをかけたり、生クリームやアイスクリームなど添えると綺麗です。
チョコブラウニー

また、子どもたちには飾り付けて遊ぶのが楽しいようです。
ということで、※ブラウニーはスタッフ、もとい、みんなで美味しくいただきました。

ベティクロッカー ファッジブラウニーミックス519g
General Mills
売り上げランキング: 10,012

マーケットオー リアルブラウニー 4個入×12個
株式会社オリオン
売り上げランキング: 20,440


ギフトにも最適!Lindtのチョコレート

ギフトにも最適!Lindtのチョコレート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク