北鎌倉の梅の名所「東慶寺」

北鎌倉の梅の名所として知られる東慶寺です。

東慶寺

東慶寺本堂

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東慶寺の歴史と女性保護

東慶寺は正式には松岡山東慶総持禅寺といい、弘安八年(一二八五)、第八代執権北条時宗の妻覚山志道尼によって時宗の死後尼寺として開かれた。

中世~近世の尼寺の多くがそうであったように、この東慶寺も尼寺として縁切の機能を有していた。江戸中期に書かれた同寺の由緒には開山の覚山志道尼が縁切寺としての法を定める旨、子の執権北条貞時に申し出たとあるとのことだが、史料的信憑性は薄いとされる。

丁度、この寺が創建された弘安八年は幕府の重臣安達一族が内紛「霜月騒動」によって族滅した年で、覚山志道尼は安達一族出身であったことから、その安達一族の供養の目的で作られたとも考えられているが、確かなことはよくわかっていない。

室町時代には鎌倉尼五山の第二位にも数えられ、尼寺の代表格の寺院として縁切機能を有し、中世末期~近世初頭に多くの尼寺が縁切機能を低下させていく中で、江戸時代になると上野世良田の満徳寺だけが縁切が法制化され、離縁を望む女性の駆け込み寺として多くの女性を助けることとなった。

明治になると縁切法は廃止、広大な寺領も没収され、明治三十六年(一九〇三)、男性の僧が住職となったことで尼寺としての歴史も終わり、現在では一般的な禅寺として、特に四季折々の草花が美しい鎌倉の名所として知られている。

特に二月末から三月にかけての時期は境内の梅が見ごろを迎え、参詣者が多く訪れている。

東慶寺梅園

東慶寺梅園

東慶寺梅園

東慶寺梅園

東慶寺墓地への参道

一世住持覚山志道尼の墓

覚山志道尼の墓

覚山志道尼は建長四年(一二五二)、幕府の有力御家人安達義景の娘として生まれた。弘長元年(一二六一)、一〇歳で北条時宗に嫁ぎ、文永八年(一二七一)、嫡男北条貞時を産む。この貞時の出産に際して恩赦を与えられたのが日蓮で、死罪から流罪へと減刑されることになった。弘安七年(一二八四)、病床の時宗とともに臨済宗の高僧無学祖元に師事して出家、覚山志道尼となった。同年、北条時宗死去。

時宗死後、彼女の兄である安達泰盛が幕府の実権を握り幕政改革に乗り出した。世にいう「弘安徳政」で、この改革が成功していれば鎌倉幕府はもう少し長く続いていたと考えられているが、急激な改革には反対勢力が台頭せざるを得ない。弘安八年(一二八五)、平頼綱を首魁とする反対派は安達一族を急襲、安達惣家は悉く捕えられて処刑された(「霜月騒動」)。

覚山志道尼は安達一族の生き残りとして安達一族の傍流の子らを密かに保護し、幕末の安達一族の復活に貢献したほか、寺伝では東慶寺を縁切寺とするべく執権北条貞時に働きかけ女性の救済にも尽力、徳治元年(一三〇六)、五五歳で亡くなった。

五世住持用堂尼の墓

用堂尼の墓

後醍醐天皇の皇女の一人であったことから、現地では宮内庁による「後醍醐天皇皇女用堂女王墓」の石碑が設けられるなど開山の覚山志道尼の墓より遥かに目立っているが、皇女としてではなく東慶寺の住持用堂尼としての墓である。

後醍醐天皇は非常に子供に恵まれた天皇で、皇子皇女あわせてわかるだけでも三〇人以上おり、それこそ数えきれない。用堂尼はその多数いた皇女の一人で、母は坊門清忠女とされている。東慶寺では四代続いて北条一門出身の後室が住持となっていたが、五代目として住持に就任したのが用堂尼であった。彼女は兄の護良親王の菩提を弔うために来住したという。

護良親王は後醍醐天皇の皇子の一人で出家していたが、後醍醐帝が倒幕運動を起こすと還俗して倒幕運動に参加、彼の展開する対鎌倉戦争が幕府滅亡の契機となっていったが、討幕軍の中で足利尊氏や後醍醐帝の寵姫阿野廉子と対立、皇位簒奪の疑いで捕えられ、建武二年(一三三五)に足利氏によって殺害された。

用堂尼は縁切法を改正して、従来縁切が認められるまで三年間(三十六か月)であったとするものを、足掛け三年間(二十四か月)に短縮するなど積極的に縁切寺としての役割を強化、また、用堂尼が住持となって以降、東慶寺は「松岡御所」と呼ばれるようになったというように、寺格を引き上げることとなり、後の東慶寺の隆盛の基礎を築いた。応永三年(一三九六)死去。

室町、戦国時代を通して住持には名家出身の女性が就くようになり、十九世住持法清尼の妹は豊臣秀吉の側室、二〇世住持天秀法泰尼は豊臣秀頼と側室成田氏五兵衛助直女の間の息女で、豊臣家滅亡後、秀頼正室であった千姫の養女となり、元和二年(一六一六)、八歳で東慶寺に入り、その後二〇世住持に就任。正保二年(一六四五)に亡くなるまで、近世的な縁切法の確立に尽力した。大名行列も天秀法泰尼には道を譲ったと言われ、その徳川家を後ろ盾とした高い権威によって江戸時代に二つだけ認められた縁切寺のひとつとして残っていた。

夏目漱石参禅百年記念碑

夏目漱石参禅百年記念碑

夏目漱石は明治二十七年から翌年にかけて向かいの円覚寺に逗留し円覚寺管長釈宗演に参禅、その一八年後の大正元年九月十一日、東慶寺住職となった釈宗演を漱石は再訪した。最初の円覚寺逗留の様子は小説「門」に描かれており、二度目の東慶寺訪問の様子は「初秋の一日」に収録されている。その夏目漱石参禅を記念して作られたのがこの記念碑である。

夏目漱石「初秋の一日」青空文庫
 やがて車夫が梶棒(かじぼう)を下(おろ)した。暗い幌の中を出ると、高い石段の上に萱葺(かやぶき)の山門が見えた。Oは石段を上(のぼ)る前に、門前の稲田(いなだ)の縁(ふち)に立って小便をした。自分も用心のため、すぐ彼の傍へ行って顰(ひん)に倣(なら)った。それから三人前後して濡れた石を踏(ふ)みながら典座寮(てんぞりょう)と書いた懸札(かけふだ)の眼につく庫裡(くり)から案内を乞(こ)うて座敷へ上った。
 老師に会うのは約二十年ぶりである。東京からわざわざ会いに来た自分には、老師の顔を見るや否や、席に着かぬ前から、すぐそれと解ったが先方では自分を全く忘れていた。私はと云って挨拶(あいさつ)をした時老師はいやまるで御見逸(おみそ)れ申しましたと、改めて久濶(きゅうかつ)を叙したあとで、久しい事になりますな、もうかれこれ二十年になりますからなどと云った。けれどもその二十年後の今、自分の眼の前に現れた小作(こづく)りな老師は、二十年前と大して変ってはいなかった。ただ心持色が白くなったのと、年のせいか顔にどこか愛嬌(あいきょう)がついたのが自分の予期と少し異(こと)なるだけで、他は昔のままのS禅師であった。
「私ももう直(じき)五十二になります」
 自分は老師のこの言葉を聞いた時、なるほど若く見えるはずだと合点(がてん)が行った。実をいうと今まで腹の中では老師の年歯(とし)を六十ぐらいに勘定(かんじょう)していた。しかし今ようやく五十一二とすると、昔自分が相見(しょうけん)の礼を執(と)った頃はまだ三十を超(こ)えたばかりの壮年だったのである。それでも老師は知識であった。知識であったから、自分の眼には比較的老(ふ)けて見えたのだろう。
 いっしょに連れて行った二人を老師に引き合せて、巡錫(じゅんしゃく)の打ち合せなどを済ました後(あと)、しばらく雑談をしているうちに、老師から縁切寺(えんきりでら)の由来(ゆらい)やら、時頼夫人の開基(かいき)の事やら、どうしてそんな尼寺へ住むようになった訳やら、いろいろ聞いた。帰る時には玄関まで送ってきて、「今日は二百二十日だそうで……」と云われた。三人はその二百二十日の雨の中を、また切通(きりどお)し越(ごえ)に町の方へ下(くだ)った。

釈宗演の墓

釈宗演の墓

松ヶ岡宝蔵

松ヶ岡宝蔵

また、明治二十七年、夏目漱石と同時期に釈宗演の元を訪れていたのが近現代の禅の大家鈴木大拙で、大拙は宗演に師事して宗演の米国でのスピーチの原稿を作成、その後自ら禅の海外布教に乗り出して禅の第一人者としての地位を確立。昭和一六年(一九四一)、東慶寺境内に公共書庫として「松ヶ岡文庫」の工事を開始し、昭和一九年に書庫・閲覧室が完成、以後大拙はここで禅の研究を行った。

東慶寺墓所

他、明治以降この寺は文学者・哲学者に愛され、墓地には鈴木大拙の他、西田幾太郎、小林秀雄、和辻哲郎、堀田善衛、高見順、岩波茂雄といった著名な人々が眠っている。

梅と歴史と文学と、様々に思いを馳せることが出来る古都鎌倉を代表する寺院の一つでした。


大きな地図で見る

横須賀線北鎌倉駅下車徒歩4分
拝観料:大人200円 / 小・中学生100円
拝観時間:通常8:30~17:00 冬季(11~2月) 8:30~16:00

参考書籍・サイト
・奥富 敬之 著「鎌倉史跡事典
・松尾 剛次 著「鎌倉 古寺を歩く―宗教都市の風景 (歴史文化ライブラリー)
北鎌倉 松岡山東慶寺

鎌倉 古寺を歩く―宗教都市の風景 (歴史文化ライブラリー)
松尾 剛次
吉川弘文館
売り上げランキング: 116,720
北条時宗 (人物叢書)
北条時宗 (人物叢書)
posted with amazlet at 13.03.10
川添 昭二
吉川弘文館
売り上げランキング: 309,935
初秋の一日
初秋の一日
posted with amazlet at 13.03.10
(2012-09-27)
禅 (ちくま文庫)
禅 (ちくま文庫)
posted with amazlet at 13.03.10
鈴木 大拙
筑摩書房
売り上げランキング: 9,312
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク