ワーキングマザーの間では「小学一年生の壁」というのがあるらしい

さっき昼ご飯食べながら、今度小学校に上がる子供を抱える妹から聴いた話なので、基本全部伝聞です。

保育園・幼稚園を卒園して小学一年生になる子供を抱える共働きのお母さんの間で深刻な話題になる「小学一年生の壁」という言葉があるらしい。

これは、保育園は基本午後六時・延長保育もあるのに対して小学校は遅くとも午後三時ぐらいまででしかないことから、自ずと子供たちは両親不在の家に帰宅しなければならなくなる。また、そういう親のために小学校が終わってから「学童保育」が用意されているが、その学童保育は原則午後六時で延長はせいぜい一時間程度となる。

保育園の送り迎えは、共働きの妹の場合、両親どちらかが休みの時は親が、そうでないときは近くに住む祖父母が車を出して送り迎えをし、祖父母の家で預かり、両親どちらかの帰宅を待つというサイクルになっているが、そうじゃなく両親以外の支援が得られない家庭であれば、無理して親のどちらかが仕事を止めて専業になったり仕事の融通を利かせたり、延長保育を活用したりということになるようだ。

だが「小学一年生」になるころには学童保育の限界や親戚への支援に頼り続けられなくなる、あるいは仕事上の融通を利かせることが難しくなってくる(そういえば確か育児休業法の勤務時間短縮措置の対象は小学校就学前までだった)一方で、小学生になったからといって突然子供が手がかからなくなるわけでもないので、共働きに限界を感じて主にお母さんが真剣に退職や時間の融通が利くパート等への転換を検討することになる。これが「小学一年生の壁」という問題だという。

この言葉はいわゆる「ママとも」の間では有名な言葉らしく、深刻な問題としてあるとのこと。初めて聞いた言葉で、かつそういう問題があることも知らなかった。一時間ぐらい前に聞いて脊髄反射的に記事に書いているので、特にデータの裏付けだったり、具体的な提案だったりは無いのだが、一応メモとして書いておく、という記事です。

実際、妹も子どもの進学に合わせてより時間に融通が利く仕事に転職しているのだけど、小学校就学を控えた子供を持つ働くお母さんの離職率・転職率はどうなんだろう?統計とかあるのかな。

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕
松田 道雄
岩波書店
売り上げランキング: 1,340
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク