柳井会長が仰りたいことって要するにこういうことですかね?

朝日新聞デジタル:「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く – 経済・マネー

柳井会長が仰りたいことって要するにこういうことですかね?

言うなれば運命共同体
互いに頼り、互いに庇い合い、互いに助け合う
一人が五人(全社員)のために 五人(全社員)が一人のために
だからこそ戦場(グローバル)で生きられる
ユニクロは兄弟、ユニクロは家族
「嘘を言うな!」
猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら笑う
無能!怯懦!虚偽!杜撰!
どれ一つ取っても戦場(グローバル)では命取りとなる
それらを纏めて無謀で括る
が仕組んだ地獄やら
兄弟家族が嗤わせる
「お前も!お前も!お前も!だからこそ、のために死ね!」
俺達は、何のために集められたのか・・・

「お前は言った筈だ。異能生存体(グローバル社員)であればどんな奇跡も起こり得るとな。
彼らはそうなる前に自身の環境を変える。故に異能生存体(グローバル社員)なのだと」
ぶっ潰しても、切り刻んでも、焼いても死なない
時に利己的に、時に利他的に
取り巻く環境を変えてまで生き延びる
そう、それがユニクロの社員だ
証明して見せろ、おのれたちの異常さを、おのれたちの正体を
ラストチェック(世界同一賃金)!この制度で答えが出る筈だ
ゴキブリめ!ウジ虫め!
這いずり回り、のた打ち回り、五臓六腑を撒き散らしても生き抜いて見せろ!
しかし生き延びたとしてその先がパラダイスの筈は無い・・・

グローバルこわい。

てかGrow or Dieって生物の成長を意味するgrowという言葉で濁しているけど、profit increaseって意味ですよね?利潤最大化のために従業員の自己犠牲の最大化を求めるって話に読みましたけど。「成長」が「至福のうちに進んで生贄になること」と同義になるのってよくある現象ですけど、それって健全な組織文化ではないですからねぇ。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ DVD-BOX (初回限定生産)
バンダイビジュアル (2011-07-22)
売り上げランキング: 48,483
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク