歴史人口学から見た江戸時代農村の結婚について

「昔は15、16で嫁入りしていた」

上記のような記事が話題になっているようなので、いくつかの歴史人口学の書籍から江戸時代の結婚と出生に関する定量データを簡単にまとめてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1)江戸時代の人口トレンド

江戸時代の人口調査を行うときに用いられる基礎資料は毎年藩ごとに調査される世帯構成員の状況を記した「宗門人別改帳」、寺院ごとに死者を記録した「過去帳」、一部の藩で嬰児殺し(間引き・子返しなど)防止や養育手当支給などのために妊婦の状況を記録した「懐妊書上帳」、徳川吉宗によって始められた六年毎(子年と午年)の全国人口調査「子午改め」、武士の「家譜」などである。しかし残っている史料は少ないため多くは推計せざるを得ない。

江戸時代を通してのざっくりとした人口トレンドは、1600年頃の1200万人(推計)が十七世紀の人口の急成長期を経て1721年時点で3200万人(推定)となり、以後1850年頃までほぼ横ばいの低成長時代に突入、1850~75年の四半世紀のどこかの時期に再び増加に転じて、その後若干の上下がありつつも増加していく、という流れ。(浜野、鬼頭)

実は、人口構造が一番わかっていないのが武士である。上記の史料は家譜を除いていずれも武士以外を調査対象としており、その状況はほぼ推測するしかない。あくまで推計だが、武士は江戸時代を通して全人口の一割程度で、都市人口は武士を含めて全人口の二割、全人口の約八割が都市以外の農村に居住していた。

ということで、人口の八割を占める農村居住民の結婚について。

2)初婚年齢の東西格差

中央日本の農村における十八・十九世紀の平均初婚年齢は男25~28歳の間、女18~24歳の間で、夫婦の年齢差は5~7歳、男が年上であることが多い。また平均初婚年齢は江戸時代を通じて上昇傾向にあり、時代を下るごとに晩婚化の傾向が強まる。

ただし、平均初婚年齢には地域差があり、東日本ほど早婚傾向が強く、西に行くほど晩婚傾向が強くなる。陸奥国仁井田村の1716-1870の平均初婚年齢は男19.6歳、女15.0歳、陸奥国下守屋村の1716-1863の平均初婚年齢は男17.8歳、女14.3歳、この二つの村を含めた陸奥国三ヶ村の平均でも女性の平均初婚年齢は16.2歳であった。これに対して美濃国西条村の1793-1869の平均初婚年齢は男28.8歳、女22.5歳であった。

また平均初婚年齢の階層差も明確で、美濃国浅草中村のデータでは、石高一八石以上の上層農民の場合、男26.7歳、女17.6歳であるのに対し、四石以下の下層農民では男28.2歳、女22.6歳であった。特に階層差は女性で明確であり、濃尾地方六ヶ村の1676-1871の平均では一〇石以上の上層農民の女性で18.7歳、二石以下の下層農民の女性は21.1歳であった。美濃西条村の1773-1825のデータでも初婚年齢は地主層が男27.4歳、女21.6歳に対し、小作層は男27.9歳、女24.0歳となる。(鬼頭P123)

江戸時代の結婚は早かったのか遅かったのか、という問いには農民層の場合は上記のように地域差があって関東・東北は早婚、中部以西は晩婚の傾向が強く、階層差があり、また、出稼ぎ者が大多数を占める都市住民も、経済的状況や一旦故郷に戻る必要性などから晩婚化傾向は農村より強かったと考えられている。なので15~6で嫁入りしていたのは主に東北地方の人々で、西日本の農村の人々は平均22~3で嫁入りし、また出稼ぎ経験者は平均より3~5歳遅かった、となる。

東北地方で早婚傾向が強い理由を端的に言ってしまうと「早く結婚しないといつ死ぬかわからない」から。一八世紀は全地球的に寒冷期に突入しており、日本でも特に東北地方を中心にその被害が大きく度重なる飢饉と疫病、重税による生活苦からの離散、一揆などの社会不安で人口が大きく減少していた。陸奥国会津藩の例だと1718年の郷村人口169,200余名が1783年は116,000余名と大きく減少している。前述の18世紀以降の日本全国の人口停滞期というのは実は西日本の人口増、東日本の人口減という東西格差があり、平均すると横ばいというものだ。

また、東北地方全般に言えるのが早婚のわりに少子化傾向が強いことである。結婚後の女子の出生水準を示す合計結婚出生率は美濃国西条村の8.08(1775以前)~8.62(1776年以後)人に対して1716-1870の陸奥国仁井田村・下守屋村では3.54人、登録前死亡の漏れを15%と考えても4.07人でしかない。これを子どもの男女比で見ると女子100に対し男子106でノーマルな範囲だが、最も出生率の低かった1760-99に限ると117となって、明らかに女子に対する出生制限つまり間引きが行われていたことがわかるという。(浜野P54、P95)

生き残りが最優先される過酷な生活環境を背景として『成人まで生き延びることが期待される子供の数は三人であり、より具体的には「まず最初に娘、つづいて二人の息子」』(浜野P99)で、そのために二番目以降の女子を中心に嬰児殺しが行われていた。このような間引き慣行を止めさせるために東北各藩で育児手当や出産報奨金の支給など積極的な少子化対策が行われている。

子殺しを生む心性として、当時の子供観として神とみられていた点がある。「七歳までは神のうち」というように、子どもたちは成長するまでにその多くが死んでしまうはかないものだった。江戸時代を通じて10歳以下の死亡率は4割弱に及ぶ。ゆえに大事に育てられた。子どもが成長して一人前になるまで数々の通過儀礼を経る。その通過儀礼が神から人への過程であった。一方で、神であるということはすなわち人ではない、とも言える。神様にはお帰りいただく場合もあるということだ。『まだ一人前の人間になり切っていないのだから、あの世に返してもかまわない、いずれ新しい別の生命になって生まれ変わってくるだろう、という生命観に結びつき、生命を軽んじる根拠になっていたかもしれない』(鬼頭P289)。聖と穢は表裏一体である。

※十八世紀会津藩の人口、および少子化施策については以下でまとめている。
「八重の桜」をより深く楽しむための会津藩家老田中玄宰の改革まとめ

3)皆婚社会としての江戸農村

江戸時代の社会の特徴として皆婚社会であった点がある。

西条村の例として、一〇石以上の地主層で五〇歳時点の未婚者はゼロ、15歳時点で約半数が結婚し、20歳で八割にのぼる。逆に二石未満の下層農民の場合、五〇歳女子の未婚率が22%、ただし『後継ぎとなる男兄弟がいないため労働力として必要とされたり、あるいは親の扶養を期待されたりして家に残ることを選んだ可能性』(浜野P41)が指摘されており、男性の五〇歳時点の未婚者はいずれも過去に一度も奉公に出たことがないことから、『独立して農作業を行うことが不可能な理由(たとえば身体的理由)を持っていた可能性』(浜野P40)が推定されている。(浜野P37-41)また、木曽湯舟沢村の場合も五〇歳女性の95%が既婚者または過去に結婚経験があった。(鬼頭P56)

『江戸時代の農村は、さまざまな理由から、少なくとも出産可能年齢の男女はできるかぎり結婚をすることを必要とする社会だった。』(鬼頭P56)

この皆婚社会形成の背景として十七世紀日本の「婚姻革命」と呼ばれる現象がある。

前述の通り十七世紀は人口の急増期にあたっているが、その人口拡大は二百年に及ぶ内戦が終結し市場経済の浸透、新田開発ブームの到来、死亡率の改善などによる。そのような正のスパイラルを背景として十七世紀を通して小農世帯の成立という現象がみられる。

それまでの叔父叔母などの傍系家族や隷属者なども含む大規模世帯から、直系家族からなる4~5人の規模の世帯へと家族の規模が小型化し、傍系家族や隷属者はそれぞれ自立して個々に家族を形成するようになった。これは未曾有の新田開発ブームが到来して、隷属するより自立を選ぶ傾向が強まったこと、隷属者や一族郎党を含む大多数での農村開発より必要最小限の世帯で労働力を集中投下する労働集約型経営が有利と判断されたことなどによる。(鬼頭P74-78)

そのような小農世帯の成立の過程で、男女とも結婚して世帯を構え、労働力としての子供を早いうちに獲得することが合理的であったため、出産可能年齢になると誰もが結婚する婚姻革命と呼ばれる現象が起こる。それ以前は嫡子以外は生涯独身であることも少なくなかった。

また、現代社会と江戸時代の農村の大きな違いに離婚再婚が何ら障害にならなかったという点がある。男女とも二度や三度の離婚は当然で、その都度結婚相手が見つかっていた。ちょっと面白い例なので、湯舟沢村の伝次郎という人物とその周囲の人々の例を紹介しよう。

湯舟沢村の伝次郎(1718-1782)は64年の生涯で六人の妻を迎えている。初婚は1739年21歳で同じ村のしわ(15歳)と結婚、しかし翌1740年にしわと離婚、1742年に19歳女性と再婚、1744年に離婚、1751年33歳でたけ(18歳)と結婚し男児藤次郎が生まれるが、1757年に離婚、1758年40歳で26歳女性と結婚、同年長男藤次郎死去、翌1759年離婚、同1759年26歳女性と結婚、61年次男十太郎誕生、1765年離婚、1767年49歳で34歳女性と結婚、1768年に娘あきが誕生、この最後の女性と生涯連れ添った。

伝次郎と結婚した女性も離婚後それぞれ再婚している。しわは離婚の翌年1741年17歳で同じ村の新助(35歳)と再婚、新助も再婚で前は33歳のときに同じ村のとく(20歳)と結婚しているが翌年離婚している。以後しわは新助との間に五人の子宝に恵まれ生涯連れ添った。伝次郎娘のあきも兄十太郎が1776年に死後1780年13歳で同じ村の伊之助(22歳)を婿に迎え男子鉄次郎をもうけるが1787年離婚、1789年22歳で母とともに身を寄せいていた家の六之助(29歳)と再婚した。(鬼頭P43-47)

伝次郎の例は極端な例だが、農村では離婚再婚はかなり高頻度で見られている。同じ湯舟沢村の場合、『妻の再生産年齢の上限(50歳)まで結婚が継続した「完結家族」は四四パーセント』(P54)で『過半数は、再生産年齢の途中で結婚が中断する「非完結家族」であった。』(P54)同村で十八世紀前半に結婚した男女のうち男性三割、女性四割が再婚で1685-1735の間に生まれた男性のうち55歳までに離婚した男性の70%、1685-1745の間に生まれた45歳までに離婚した女性の半数以上が再婚しているという。

都市住人や武士層についてはまた違った特徴があるのだけど、長くなりそうなのでそのあたりについて、および上記の記載の詳細や正しい情報については以下の書籍をご参考ください。とりあえず、地域差階層差生活環境差など諸々の違いがかなり大きいため、江戸時代の社会は〇〇だった、と一概には言えるものではないということだけ把握していればよろしいんじゃないかと思います。

4)参考書籍のまとめ

少子化問題について歴史的視点から考えるというときに歴史人口学の基本的な理解があるのと無いのとではかなり違うと思いますので、とりあえず基礎の入門として以下の四冊がおすすめです。まぁ、江戸時代にこうだったから、現代でこうすればいい、というのはやはり乱暴に過ぎるものではあると思います。以下の書籍でも現代の少子化社会への対策について若干の言及はありますが、やはり状況が違うので具体的に踏み込んでいるものは無いです。

歴史人口学で見た日本 (文春新書)
速水 融
文藝春秋
売り上げランキング: 36,336
人口から読む日本の歴史 (講談社学術文庫 (1430))
鬼頭 宏
講談社
売り上げランキング: 7,072
歴史人口学で読む江戸日本 (歴史文化ライブラリー)
浜野 潔
吉川弘文館
売り上げランキング: 291,111

本書では最終章で現代日本と江戸時代との比較の文脈で両時代の共通点として晩婚化と出産調整の二点を挙げるとともに幕末期の人口増加要因の推測を元に現代の少子化問題の対策について子育て環境の整備と初婚再婚とわない婚姻の促進など若干の言及がありますが、やはり環境が違うので深く踏み込んではいないです。

文明としての江戸システム 日本の歴史19 (講談社学術文庫)
鬼頭 宏
講談社
売り上げランキング: 110,809

歴史人口学関連で僕が読んでいるのは以上の四冊と鬼頭宏「[図説]人口で見る日本史」ですが、他にも速水融「歴史人口学の世界 (岩波現代文庫)」黒須 里美「歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚」落合 恵美子「徳川日本のライフコース―歴史人口学との対話」落合、速水他「歴史人口学と比較家族史 (シリーズ比較家族 3-5) (シリーズ比較家族第3期)」などなど多数あるようです。

関連記事
幕末の人口統計「空白の四半世紀」に何故人口は増加に転じたのか?
江戸時代の公害、環境破壊と人口停滞
江戸時代農村の遊び日・休日
江戸時代の捨子たち~歴史・社会背景・捨子観の変化・幕府の政策など
「武士に「もの言う」百姓たち: 裁判でよむ江戸時代」渡辺 尚志 著

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク