北条政子ゆかりの鎌倉のつつじの名所「安養院」

鎌倉のつつじの名所の一つに挙げられる安養院です。訪れたのは見頃を少し過ぎたあたりでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安養院山門

安養院山門

安養院本堂

安養院本堂

祇園山長楽寺安養院は寺伝では嘉禄元年(1225)三月、北条政子が頼朝の菩提のために佐々目ケ谷(現在の鎌倉文学館がある長谷一丁目付近)に律宗寺院として創建したと伝わるが、政子は同年七月に死去していること、大規模寺院であったにも関らず吾妻鏡等公式文書に記録が無いこと、開山の僧願行の没年など関係者の記録の不一致などから、「鎌倉史跡事典」では創建時期等には疑問が呈されている。

いずれにしろ初期の長楽寺は正慶二年(1333)五月二十二日に鎌倉幕府滅亡の戦火で焼失、現在地にあった浄土宗寺院善導寺の廃寺跡に両寺院を合祀する形で再建、その後律宗と浄土宗が混在しつつ浄土宗に絞られ、延宝八年(1680)十月三十日に再び焼失、同様に焼失した比企ケ谷の田代観音堂をさらに合祀して三寺合祀の寺院となった。大正十二年(1923)九月の関東大震災で全壊し、昭和三年(1928)に再建、現在に至る。北条政子の位牌が本堂に祀られている。戒名は安養院殿如実妙観大禅定尼。

石造宝篋印塔

石造宝篋印塔

善導寺開山の尊観上人の墓と伝わる重要文化財指定の宝篋印塔。周囲のつつじとマッチしてとても綺麗。

北条政子供養塔

北条政子供養塔

北条政子の墓とされているが、実際の政子の墓は寿福寺にあるので、こちらは偽物で、供養塔である。

日限地蔵

日限地蔵

北条政子にちなんで恋愛成就の御利益があるとされる地蔵。

境内の植物

槇の木

槇の木

樹齢七百年と伝わる天然記念物の槇の木。

つつじ

つつじ

つつじ

つつじ

安養院前のつつじ

安養院前のつつじ

少し見頃を過ぎているものの、充分に見応えがあって、とても綺麗だった。


大きな地図で見る
鎌倉市大町三丁目1-22

参考書籍
奥富 敬之 著「鎌倉史跡事典

最新版鎌倉お散歩地図 (学研ムック)
学研パブリッシング (2012-03-03)
売り上げランキング: 30,270
北条政子 (文春文庫)
北条政子 (文春文庫)
posted with amazlet at 13.05.31
永井 路子
文藝春秋
売り上げランキング: 91,059
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク