「いじめとは何か―教室の問題、社会の問題」森田 洋司 著

いじめ問題に関する間違った思い込みに『いじめは日本固有の問題であり、海外にいじめはない、あったとしても被害も頻度も問題にならないほど小さい』(P40)というものがある。僕自身、ここまでではないにしても似たような思い込みがあった。

この本では、いじめ問題が日本だけではなく海外でも、特に北欧諸国では日本よりも古くから熱心に研究されている問題であることを指摘し、その海外と国内との様々な研究の比較から、いじめ問題の現状と課題を浮き彫りにしていく、様々な発見がある一冊となっている。

いじめに類する現象は古くから起きていたが、日本においていじめが社会問題化したのは八〇年代半ばのことであったとされる。この最初期のいじめ問題に対する対応の間違いが日本のいじめ問題対応について後々まで悪影響を及ぼすことになった。本書では以下の三点が指摘される。

第一に冒頭で挙げた『いじめは日本固有の問題であり、海外にいじめはない、あったとしても被害も頻度も問題にならないほど小さい』(P40)という間違った思い込みだった。日本人の横並び志向で他者を排除する国民性や受験戦争の過熱化など尤もらしい理由に基づくいじめ原因論が主流となった。

第二に、海外では北欧が先行して七〇年代から、英米が研究を始めるのは九〇年代で、日本は北欧に次いで早期にいじめ研究に取り組むことになったが、その調査・研究・対策等の論文・報告書はほとんど英語で発信されず国内に留まったことで海外の先行研究との比較や情報共有が出来ず『この時期の日本はいじめに関して、「鎖国」にも等しい状況』(P41)にあったという。

第三に、いじめを「暴力行為」と別の社会問題として認識したことが挙げられる。当初は、当時逓減期に入っていた校内暴力の延長線上に捉える考え方もあったが、議論を経て暴力行為といじめは別のカテゴリとされた。いじめにおいて刑法に触れる行為が行われた場合、犯罪とみなすか、いじめとみなすかは、犯罪とみなす場合教育現場から離れて司法手続きに付される可能性が高まる。『当時の日本の教育界に、「子どもを司直の手に委ねることは、学校が教育責任を放棄することに等しい」という意見が根強く残っていた』(P43)ことなどから、教育的指導での対処がいじめ問題の大枠として定められることになった。

この八〇年代のいじめ問題の「第一の波」に続いて九〇年代半ばの「第二の波」の時期には心理主義化を背景として社会や関係性よりも被害者の苦痛をどうするか、という心の問題として捉える傾向が強まり、その後、九〇年代の心理主義化への反省から二〇〇〇年代の「第三の波」の時期には加害者指導の重視や社会の問題として捉える傾向へと移行しているとされる。

欧米のいじめ問題は、いじめ(bullying)を単なる人間関係のトラブルとしてではなく社会的排除や差別の延長線上に捉えており、加害者に対する処罰と社会への包摂のためのシチズンシップ教育、学校だけでなく保護者や行政、子どもたちなどの参画を重視した政策が取られているという。

欧米のいじめに対する基本的な考え方は『共同生活のなかで被害が発生し、安全が損なわれたとき、学校が加害責任を明らかにし、加害者にその責任を果たすように求めるのは当然であり、それこそが、共同体における正義を実現する妥当な方法である』(P32)というもので、『結果責任の存在と責任のとり方を自覚させる』(P33)ことを通して、シチズンシップ教育、法教育の一環としていじめ対策が位置づけられている。また、被害者の側にはいじめに対処するトレーニングや周囲からの支援を得るための体制の構築などが図られ、『いじめられた子どもを孤立させない工夫をしながら、いじめられた子どもの対処能力を培い、自立した主体としての責任を負うことができる人格の育成に向けて周りから支援する必要があると考えられている。』(P36)

日本との違いは第一に欧米ではいじめは学校暴力と同じカテゴリに含まれていること、第二に日本はいじめ対策が「被害者個人の救済」を重視するのに対し、欧米は「社会の安全と人々の安寧の確保」に重点が置かれていること、第三に日本は個人の問題として考えている(日本でも二〇〇六年前後から社会の問題として捉える方向にシフトした)のに対して、欧米では社会の問題として捉えていることなどが挙げられる。

以上のような日本と欧米とのいじめ対策の比較を通して、本書ではいじめを捉え直す試みがなされており、とても勉強になるのだが、残念な面もある。上記は第一章、第二章から簡単にまとめたものだが、第一章で国際比較、第二章で日本のこれまでの研究動向、第三章、第四章でいじめとは何かという定義や現状分析と着実にデータを積み重ねて語られるのだが、第五章と最終章ではよりマクロな社会全体の傾向、つまり福祉国家の行き詰まりとか私事化・個人化する社会とかグ公共性とか社会的排除とかを語る方向に進んで、そのまま、文字通り現代社会の諸問題からいじめ問題の根本的解決策としてのシチズンシップ教育の重要性を語って終わる。

著者が示す現代社会の諸問題はまぁオーソドックスで妥当な内容で、いじめ問題にも確かに大きく影響を及ぼしているのだろうとは思うが、やはりいじめとは何かを語る内容である以上、その長期的・全体的なお話から、再び、いじめ問題のより具体的な現場での対応や政策といった短期的・実践的なところに戻って欲しかった。まぁ、いじめ問題を社会の問題として捉えようという意志の表れであるのだろうけれども、190ページ程度の短い新書なので、あと30ページほど付け加えるだけでいじめ問題の概観を見通す本として非常に有益な一冊になったはずで、やはり画竜点睛を欠くという印象は拭えず、とても惜しい。それでも前半三分の二が非常に充実した本であるのだが、それならいっそ国際比較と現状分析に特化して終わらせた方が良かったような気がする。

と、本の不満点を述べて終わるのもおさまりが悪いので、もう一つ同書から興味深い分析を一つ紹介しておきたい。

同書ではいじめが起きている時の集団が四層化しているという。「加害者」「被害者」そしていじめをはやし立てて面白がって見ている「観衆」と見て見ぬふりをする「傍観者」である。健全な集団では抑止力が働いて傍観者の中からそれを制止する「仲裁者」が登場することで反作用を加えて秩序が回復する。この「仲裁者」の登場について国際比較のデータが紹介されている。1997年の日英蘭ノルウェーの比較であるとされている。

同データによるといじめの被害経験率は実は日本が一番少ない(英39.4%、蘭27%、ノルウェー20.8%、日13.9%)。しかし、このいじめの長期・頻回化(一学期以上かつ週一回以上)傾向を調べると途端に日本がトップ(日17.7%、ノルウェー17.1%、英12.4%、蘭11.7%)になる。さらにいじめに際しての「仲裁者」の出現比率(日英蘭)は小5時点では日53.5%、英58.2%、蘭46.0%であるのに対し、中2時点では日26.0%、英37.6%、蘭29.4、中3時点では日21.8%、英45.9%と仲裁者の出現比率が日本は著しく低くなる。それと比例して傍観者の出現比率は中2時点で日51.9%、英47.2%、蘭44.8%、中3時点で日61.7%、英41.8と最高になる。

『これらのグラフによれば、日本の子どもたちは、あたかも傍観者として育っていくことが成長であるかのような動きを示している。いつも机を並べているクラスメートがいじめられて悩んでいても、手を差しのべることもせず、見て見ぬふりをするのが大人になることであるかのような発達曲線にも見えてくる。』(P140)

これに先立って傍観者の多さといじめ被害の発生件数との高い相関が示されており、「仲裁者」が発生しづらく、いじめの「傍観者」になることを選ぶような集団が構成されやすい構造的問題があることが明らかにされている。「観衆」が「加害者」のいじめを増幅させ、「傍観者」が暗黙の支持を与えることで集団圧力となって『いじめという力の乱用に対する服従の構造』(P134)を広げ、「仲裁者」として声を上げにくい抑止力を欠いた集団を構成する。

いじめの概念を構成する共通の三要素として同書では「力関係のアンバランスとその乱用」「被害者性の存在」「継続性ないしは反復性」を挙げ、特に「力関係のアンバランスとその乱用」を重視する。この場合の力とは腕力や能力など個人の特性に基づく強弱というよりは、集団内の力学で流動的に決定される影響力の強弱である。そこでいじめが発生するときは様々な関係性における力の非対称性を作り出して『相手を弱い立場に置いて被害を与える』(P76)ことになる。

『いじめにおいて、相手を弱い立場に立たせ、「逃られないようにして」おく最も効果の高い方法は、集団や関係性のなかに囲い込むことである。完全に集団から外れてしまった子どもに、仲間外しは効果がない。まだつながっていたいと思っていたり、外れる不安感に襲われたりしているときに、攻撃力は高まる。』(P91)

学校や学級など閉鎖された集団内で生じる力のアンバランスな関係性をどのように対等な状態にまでバランスさせるか、欧米ではそこに必要に応じて外部の力を投入したり、被害者のトレーニングを施す、加害者を処罰するなどしていじめ対策を立案している、ということが解説されている。では、日本ではどのような施策をうつのが効果的なのか、現行の教育体制はどうあるのが最適なのか、などについて考えていくのにこの本の諸々のデータや分析はとても有用だろうと思う。前述の通り、この実践的な部分をこそ詳しく書いてほしかったのだが、社会論・公共性論で終わったのが重ねて残念であった。って、やっぱりこういう締めになってしまったが、良い本だと思うんですよ、ええ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク