何故、江戸時代の司法制度は「自白」に頼っていたのか?

承前:中世西欧編→何故、中世の司法制度は「自白」に頼っていたのか?

江戸時代の裁判制度について簡単にまとめ。

幕藩体制において三権分立は存在しなかったため、行政府であり立法府である幕府・大名が司法裁判権もまた行使していた。江戸幕府の裁判制度の機構的成立は寛文期(1661~73)で、老中に集中していた裁判権を新設された寺社・町・勘定三奉行からなる「評定所」へと移行、各奉行の下に法曹官僚が登場する。元禄十年(1697)の「自分仕置令」によって領主裁判権が保障され、寛保二年(1742)、判例法である「公事方御定書」が制定、宝暦期(1751~64)に最終的成立を見て以降、裁判制度が確立した。

各大名領内に対してはそれぞれ領主に刑罰権が保障され、都市についても江戸は町奉行・勘定奉行、寺社領は寺社奉行、他、それぞれ奉行や代官などが各々行使しうる権限の範囲に強弱はあるが行政権とともに司法権を担っていた。領地をまたぐ係争や重要問題については評定所、老中・若年寄、将軍へと上げられ裁判が行われる。

江戸の裁判は「吟味筋(刑事裁判)」と「出入筋(民事裁判)」に大別される。

吟味筋は領主・奉行が職権に基づき犯罪捜査・審理・刑罰の決定と執行までを行うもので、江戸の町奉行の場合、犯罪捜査・逮捕は同心とその手下である目明し(十七世紀~十八世紀半ば)、岡引(十八世紀半ば~末)、手先(十八世紀末~幕末)が担当し、審理過程では法曹官僚である与力が、判決は奉行が下した。

吟味筋の裁判においては自白が何より重視された。これは幕府法が『著しく公儀の利害に関しない限り介入・統制を加えな』(平松P63)いという当事者処分主義を原則としていたことに基づいている。『近世の各種の団体はより公的なものからより私的なものまで、本質的には自律的集団として同じ性格をもつ』(平松P63)。幕府はこれら諸団体の関係を維持し、あるいは干渉することで統制するが、それは契約・命令関係ではなく『幕府の家父長的配慮による「御世話」、その「御威光」と呼ばれた威信への畏怖、依存の性格が強い』(平松P64)。江戸の自力救済社会において自白は自発的な処分の完了を表明することで「御威光」への服従を示し、その結果、秩序の安定が保たれる。

『取り調べは関係者一同の自白を得ることを目的とし、これを役人が書面に整理したものを口書という。口書を確認するときは奉行が出座し、その面前に関係者一同を揃え、口書を読み聞かせて捺印させた。
(中略)
口書を承認しなければ、拷問にかけてもよい。』(平松P77-78)

『奉行が確認した口書を吟味詰りの口書と呼んだ。以後はこれをもとに書面審理で刑罰を決定する。犯罪事実の認定は自白の追求によるもので証拠法は粗雑であったが、刑罰の決定は慎重を極めた。先例の順守、刑政の安定は公儀の「御威光」にかかわるからである』(平松P78)

物証だけでは起訴出来ず、自白が必ず必要でありながら、自白の裏付け捜査は不要であったから、虚偽自白も多い。拷問は極力控えられたがそれでも自白第一主義ゆえに自白を得るために少なからず実施された。すべては秩序の安定のために事件を拡大させず、早期解決を図るためであった。裁判は迅速で『事件が六ヶ月を経過しても済まない場合は、これを将軍にまで届ける必要があった。』(平松P79)

出入筋は大きく分けて借金等金銭のトラブルに関する「金公事」と金公事以外の相続・土地争い・奉公人などのトラブルに関する「本公事」の二つがある。

原告は「目安(訴状)」を管轄の奉行所に提出、書式を満たしていれば奉行所で受理不受理・本公事・金公事の別が決されて審理が開始される。このとき目安の作成を請負う「公事宿」という宿屋の主人・番頭からなる裁判コンサルタント的な専門家に依頼するのがほとんどである。江戸中期には百数十軒あったという。

審理が始まると被告は原告への反論を記した返答書を奉行所に提出、期日が定められて両者が出頭し白洲で対決の後、口書が作成され、これを元に奉行が裁許(判決)を下す。ただ、原則的には裁許ではなく当事者間の調停である「内済」が推奨され、多くの場合強制された。内済に不服を述べたり、奉行所の決定に異議を申し立てるなどすると出入筋であっても吟味筋に切り替わることも多々あり、恣意的な運用が行われていた。

そこで、奉行所や地方の代官・領主レベルで埒が明かないと当事者が考えた場合、彼らは「直訴」に出ることがある。多くは江戸に出て毎朝登城する老中の籠に向かって駆け出し訴状を届けるもので、警護の武士は二度まで突き飛ばし、三度目に受理するというのが通例であった。また直訴は実は罪が軽く、基本口頭での注意、繰り返し行うことで罰金刑になるというもので、実質上告制度のような機能を担っていた。ただし、非合法の訴訟形態であることもあり、不受理が原則で、まれに受理されることがあるという程度の狭き門である。ほか、大名屋敷の門に訴状を張り付ける「張訴」、大目付の役所に訴状を持って駆け込み受け取ってもらう「駆込訴」、目安箱に訴状を入れる「箱訴」など「直訴」を含めた非正規ルートの訴訟提起手段全般を「越訴」と呼ぶ。

先日も書いたとおり、江戸社会は頻繁に訴訟が提起される訴訟社会で、百姓町民たちはこぞって自身や家、村などの利益を守るために文字通り命がけで訴訟に打って出て、勝利を得るためにありとあらゆるテクニックや人脈を駆使していた。

一方で、幕府の司法制度の限界は、幕府法があくまで統治のための法であって、権利の体系ではなかったがゆえに、司法を制度的に分離出来なかったことにあった。法としての権利の保障があってはじめて司法の制度的独立が実現される。幕末、徳川慶喜に謁見したフランス公使ロッシュは慶喜に幕制改革案として海軍・陸軍・外国事務(外交)・会計(財政)、全国部内(内務)、曲直裁断(司法)の六局からなる内閣制度を提案し、慶喜は陸軍・海軍・会計・国内事務・外国事務の五つを置いた。司法の独立は日本近代化最大の懸案として残された。

参考書籍

江戸の罪と罰 (平凡社ライブラリー)
平松 義郎
平凡社
売り上げランキング: 437,153

参照したのは旧版

江戸の町奉行 (歴史文化ライブラリー)
南 和男
吉川弘文館
売り上げランキング: 806,811
武士に「もの言う」百姓たち: 裁判でよむ江戸時代
渡辺 尚志
草思社
売り上げランキング: 88,586
吉宗と享保の改革 (教養の日本史)
大石 学
東京堂出版
売り上げランキング: 443,672
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク