2013年夏(7~9月)期アニメ1~3話面白かった作品11本感想まとめ

2013年夏アニメで2~3話らへんまで観て面白いと思った作品を計11本。新規・続編に分けてそれぞれ面白いと思った順に簡単に紹介。特に深刻なネタバレは無いと思うが、それなりにあらすじ・設定程度には触れているので、そのあたりご了承ください。

新規作品
1)有頂天家族
2)私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
3)ガッチャマン クラウズ
4)サーバント×サービス
5)Free!
6)きんいろモザイク
7)銀の匙 Silver Spoon
8)ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION

続編作品
1)戦姫絶唱シンフォギアG
2)< 物語>シリーズセカンドシーズン
3)たまゆら~もあぐれっしぶ~

■有頂天家族

PV

3話まで観た。京都を舞台に人間に化ける狸の一家を取り巻く人間・妖怪模様を描いた、森見登美彦氏の同名小説のアニメ化作品。笑いと不思議成分と人情味とのバランスが絶妙で、ほんのり笑ってじんわりと味わいたい一本だと思う。主人公一家の家族の結び付きには泣かせられるし、飄々とした主人公下鴨矢三郎(C.V.櫻井孝宏)は好感度が高い。天狗に飛び方を習った妖怪たちを翻弄する人間弁天(C.V.能登麻美子)の妖艶さが特に魅力的で三話の後半など見入ってしまった。P.A.WORKSの作画も相変わらず非常に美麗で今のところ繰り返し見たい作品だ。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)
森見 登美彦
幻冬舎 (2010-08-05)
売り上げランキング: 164

■私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

PV

2話まで観た。モテない女(喪女)の高校生の女の子のモテない日常を描いたギャグアニメ。主人公の黒木智子(もこっち)(C.V.橘田いずみ)はモテやコミュニケーションを諦めているのではなく、モテたいのにもてない、自己イメージと現実があまりに違う、その一方で外向的に向かっていくのではなく内向的に溜めこんでしまう、結果斜に構えて自身を取り巻く環境を呪う。そんなミスマッチから起きる、多分視聴者の多くが学生時代に大なり小なり体験したであろうコミュニケーション不全のドタバタをとても上手くギャグにしていて色々古傷を抉られつつもとても楽しめた。特に二話の畳みかける展開は珠玉。周りはみんな優しくて良い子ばっかりなのに、主人公だけが誤解して周囲を呪っているという構図が泣ける。あと主演の橘田さんの番組ラジオはリアルもこっちって感じで楽しい。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!  第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2013-10-02)
売り上げランキング: 533

■ガッチャマン クラウズ

2話まで観た。往年の名作ガッチャマンのガッチャマンという枠組みだけ使った完全オリジナル新作。これ傑作の予感をひしひしと感じる。特に最初は見るつもりは全くなく、ラジオが浪川大輔さん&宮野真守さんのゼットマンラジオのコンビで、これが期待どおり抜群に面白くて、ラジオを聴くためにアニメを見てという感じなのだけど、これはまさかのダークホースだった。

ガッチャマンは異星人と戦う秘密部隊、謎の人物J・J・ロビンソン(C.V.森功至)に選ばれて自身の精神の結晶(ゆえに万が一壊されると命が危ない(フラグですねわかります))としてのノートを使ってガッチャマンに変身する。特に世界設定が面白いのだが、舞台は2015年の立川市で、twitterとLINEとアメーバピグを足したようなWEBサービス「ギャラックス」が浸透し、ギャラックスユーザー=ギャラクターとして人々は繋がり、何か事件・事故があっても救急車など公共サービスよりも早くギャラックスを通じて市民が助け合う、誰もが誰かの役に立ちヒーローになれる世界だ。

主人公の女の子一ノ瀬はじめ(C.V.内田真礼)は掴みどころがない天然な女の子にみえてギャラックスを通じて市長なども参加するグループを主宰していて、非常にコミュニケーション能力が高く、平和な社会を夢見て、様々なアクションを起こす天才肌のようだ。ガッチャマンは悪の異星人と戦うのが使命、という構図は二話にして主人公によって疑問が呈される。本当に彼らは敵なのか?分かり合うことが出来るのではないか?正義感の塊のガッチャマンメンバー清音(C.V.逢坂良太)、JJロビンソンを盲信する異星人ガッチャマンメンバーバイマン(C.V.平野綾)らははじめと対立し、そして謎の人物ベルク・カッツェ(C.V.宮野真守)の暗躍、ギャラックスの人工知能総裁X(C.V.丹下桜)の登場で二話が終わる。非常に深みがありそうな展開で続きがとても楽しみ。

科学忍者隊ガッチャマン ブルーレイBOX<15枚組/><noscript><img src=
松竹 (2012-10-19)
売り上げランキング: 16,094

■サーバント×サービス

PV

3話まで観た。北海道某区役所に新たに採用された新卒職員三人を中心にしたお役所仕事コメディ。いい感じに力が抜けていて楽しい。主人公の山神ルーシー以下略(C.V.茅野愛衣)は産まれたときに名前を思いつかなかった両親が、候補の名前を全部繋げたというじゅげむじゅげむ系女子で、それを受理した役所職員に復讐するために公務員になったという変わり種。家裁に行け、という突っ込みは置いておいて、登場人物がみんな一癖二癖ある中で織りなされる公務員あるあるギャグの応酬ににやにやが止まらない。ところで、ニコ動のコメントやバンチャの感想見ていても、公務員への怨嗟・不真面目労働観への怒りがちらほら見えて、こんなほんわか脱力系アニメでも「仕事」というだけで色々視聴者の心を騒がせるんだなぁと思う今日この頃。

サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス (2011-09-24)
サーバント×サービス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2013-08-21)
売り上げランキング: 380

■Free!

PV

3話まで観た。水泳に打ち込む高校生たちの青春アニメ。萌えアニメに定評のある京都アニメーションが男子を主人公にしたというだけでも話題だったが、要するに女の子萌えアニメを男女反転させて描いていて、ほぼ女の子として彼らを見てもさほど違和感が無い。ゆえに性別を超越して仙人・賢者目線で眺めると、マッチョな男子のはずなのに妙に可愛い。とはいえ、いくら萌えキャラといっても男の子は男の子でしかないのだけど、ライバル、仲間、部活作り、スポーツのメリハリと上手く青春ドラマのテンプレートを踏襲させつつ物語を転がしていて楽しめる。ライバル妹の江ちゃん(C.V.渡辺明乃)の筋肉フェチっぷりが可愛くてしょうがないので引き続き視聴、てか、今期の女の子キャラでは江ちゃんの個性と性格づけとルックスは一、二を争う可愛さでさすがの京アニ、あざとい。

Free! (1) [Blu-ray]
Free! (1) [Blu-ray]
posted with amazlet at 13.07.25
ポニーキャニオン (2013-09-11)
売り上げランキング: 55

■きんいろモザイク

PV

2話まで観た。これも最初見る予定なかったけど、海外の反応で大絶賛だったので見てみたらとても良い作品だった。英国に留学した主人公大宮忍(C.V.西明日香)がホームステイ先の内気な少女アリス・カータレット(C.V.田中真奈美)と仲良くなり、忍の帰国後今度は忍の影響で日本好きになったアリスが日本の高校に留学してきて、みんなで仲良く学生生活を送る、という異文化交流を題材にした日常アニメ。アリス役を始め英国人キャラはみな英語が堪能な声優があてられ、英国の風景もきちんとロケを行った上で美麗に描かれて、欧州に憧れる日本人と日本に憧れる英国人というギャップ――例えば内気だけど英語の授業では先生に異議を唱える自分の意見を英語ではっきり述べたり、パン食の忍と納豆ご飯のアリスの対比があったり――がさりげなく差し込まれて、あらゆる面で非常に丁寧な作品だと思った。

きんいろモザイク 1巻
きんいろモザイク 1巻
posted with amazlet at 13.07.25
芳文社 (2013-04-04)
きんいろモザイク Vol.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2013-09-25)
売り上げランキング: 211

■銀の匙 Silver Spoon

PV

2話まで観た。北海道の全寮制農業高校を舞台にした人気漫画のアニメ化作品。今のところ、それほど盛り上がっている内容ではなく、まずは主人公が入学して学校生活が始まり、周囲の環境とこれまでの生活とのギャップに翻弄されている様子を通して人間を取り巻く動物たちについて描かれ始める・・・という段階。まだまだこれから物語が始まるというところで、分割二期なのでじっくり観て行くことにしたい。とりあえず食べ物がおいしそう。また、ネットでも話題だったように、テロップでモデルとなった現地への訪問は控えてくださいというメッセージが流れ、家畜を巡る防疫について認識させられるきっかけともなった。

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2013-09-18)
売り上げランキング: 773

■ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION

PV

3話まで観た。人気推理ゲームのアニメ化作品。謎解きは面白いし、緊張感もあって楽しめるのだけど、謎解きを重視する展開が続くようなら見なくなるかも。三話の謎解きを見ても、結局〇〇が、他にもっと容易く殺せそうな人がいるにも関らず、〇〇を選んだ理由とかよくわからなかった。あるいは主人公は〇〇の死をどのように背負っていくのか、他のメンバーは何を考えるか、むしろ殺人はタブーとして協力関係を築くことになりはしないか。まぁ、こういう作品にそもそも・・・を求めるのもヤボではあるのだが、この不条理な環境に追いやられることになる社会のあり方、とかまで描かれそうではないし、そうなると僕の興味の方向と少しずれちゃいいそうだなぁ、とも思う。能動的に参加することで楽しむゲームと受動的に物語を受け入れることで楽しむアニメとのギャップをどう埋めるか、あるいは埋めないのか、という点に注目したいところだけど、どうなるだろうか。しかし、大山のぶ代さんの声の説得力すごい。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best
スパイク (2011-11-23)
売り上げランキング: 11
ダンガンロンパ The Animation 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-08-28)
売り上げランキング: 369

■戦姫絶唱シンフォギアG

PV

3話まで観た。前作から大幅に予算アップしたのか、前作とは比較にならないレベルでがしがし動き回って、映像クオリティが段違いでわらた。一期と二期の違いって例えるならターミネーターとターミネーター2みたいな関係だな。なんか3話まで終わってすでに怒涛のクライマックスな展開なのだけど、これからどうなるのか。まさに「ついてこれる奴だけついてこい!」を地で行っていて、畳み掛ける展開とトンデモ設定にトンデモ設定を重ねる、これぞシンフォギアだなぁと嬉しくなる。今期は何気にこれが一番楽しみではある。

前作の感想→生きるのを諦めるなッ!!「戦姫絶唱シンフォギア」

一気に続いて二期でも一話劇中ライブの動画が公式に公開されていてすばらしい。水樹奈々さんと日笠陽子さんのデュエットがはまっててこれはCD欲しくなる。

戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]
キングレコード (2013-10-02)
売り上げランキング: 124
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
マリア×風鳴翼(日笠陽子×水樹奈々)
キングレコード (2013-07-17)
売り上げランキング: 73

■< 物語>シリーズセカンドシーズン

2話まで観た。相変わらず台詞の掛け合いの妙に唸らされる。2話後半の食の好き嫌いから本当に羽川は阿良々木くんのことが好きなのかと問う戦場ヶ原さんの台詞の論理展開は絶妙。映像もシャフトらしいエキセントリックな演出と美術で堪能できる。ブラック羽川登場時の面白さは異常、いいわーブラック羽川。とりあえず阿良々木くんの登場を心待ちにしている。

<物語/><noscript><img src=
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 84,398
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2013-10-23)
売り上げランキング: 13

■たまゆら~もあぐれっしぶ~

PV

3話まで観た。三週連続三回泣いている問題。いや、一期からすると数えきれない。四人の中ではかおたん派なんだけど、一話からかおたんで泣かせてくれてそれだけで満足です。こまちが妙に優しくなっている気がするのだけどまぁいいや。新キャラの三谷さんがどんな化学変化を起こすのかを楽しみにしつつ、またたまゆらの世界を味わいたい。

前作の感想→ユートピアとしての地域コミュニティという物語「たまゆら」「たまゆら~hitotose~」

たまゆら~hitotose~ 全巻セット(第1巻~第7巻) [Blu-ray]
松竹 (2013-07-19)
売り上げランキング: 3,444

あと、「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」「恋愛ラボ」「犬とハサミは使いよう」「君のいる町」は一話~二話ぐらいまで観て断念。まぁ、今期はほぼネット配信で見られるので便利なもんですが、さすがに多いので挙げた作品を最後まで見られるかは不明。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク