2013年秋(10~12月)期アニメ一ヵ月終わって面白かった作品まとめ

秋アニメ一ヵ月終わって、結局継続して見ているのは全部で10本+夏アニメの「物語シリーズセカンドシーズン」です。面白いと思う順にベスト5を選ぶとこんな感じです。

1.「のんのんびより
2.「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
3.「キルラキル
4.「アウトブレイク・カンパニー
5.「サムライフラメンコ

「のんのんびより」は思った以上に涙腺刺激してきてやばい。ノスタルジーを刺激する系アニメとしてたまゆらシリーズがありますが、あちらは絶妙なさじ加減で悪意を排除した善意の世界を築くことで居心地の良さを演出していたと思いましたが(二期は若干そのさじ加減のバランスが崩れて善意がちょっと出過ぎた印象。それでも充分面白かったけど。)、こちらは適度に毒を混ぜることで、善良さを際立たせるという違いがある感じかな。今のところ非常に巧みな作劇だと思います。毎回気持ちよく終わってほかほかさせられる。四話のれんちょんの戸が閉まってから泣き顔までの間は絶妙すぎて唸った。

「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」は近未来に霧の艦隊という超科学な大艦隊が現れて世界が分断され、それに対抗して霧の艦隊を裏切った潜水艦を使って主人公たちが活躍するという戦争活劇ですが、敵艦隊が第二次大戦中の日本海軍の艦船を模して、それぞれ女の子型のメンタルモデルという具現化がされています。って今はやりの艦隊これくしょんを彷彿とさせますが、こちらの方が原作は大分前で、またそういう一致から両者色々コラボしてます。精緻で通好みな戦闘シーンが手に汗握る面白さですっかり夢中ですね。バンチャで見放題なので数回づつ見てしまいます。しかし、制海権握られて寸断されている世界観なんだけど制空権はどうなっているんだろう。制海権握られても制空権にまで影響が及ぼされない限りはなんとかなりそうなものだけど、そういえば人工衛星撃墜されてたな。そのうち描かれるのかしら。イオナの台詞がいちいちかわいいのとタカオさんちょろい。キリシマの慢心が最高に良かった。キリシマ役の内山さん好きだなー。

「キルラキル」は前も書いたんでまぁいいか、と思ったりもするけど、色々小ネタがふんだんに仕込まれていて、ちょっと懐かしのミニシアター系邦画の香りもする。毎度毎度疾風怒濤な展開で観終わったあとの満足感は膨満感と言い換えてもいいレベル。ノリと勢いの序盤から、どのようにストーリーを展開させていくのか楽しみ。

「アウトブレイク・カンパニー」も前書いた通りだけど、「アウトブレイク・カンパニー」は三話四話とギャグとネタを生かす土台としてのシリアスな異文化交渉・対立の構図を丁寧に描いていてより面白くなってきた。小ネタに笑い、美少女に萌えつつ、文化侵略と文化交流の狭間で主人公たちがどのように揺れ動いていくのか、様々な面でこれから楽しみな作品。ダッダッダッダのBGMが毎回良い仕事。

「サムライフラメンコ」も以前書いた通りだけど、面白おかしいコメディタッチの路線はぶれないままだけど、四話でヒットガ・・・フラメンコガールが登場して、これまで非暴力で自身のモラルを説くだけだった主人公が正義の行使に暴力を伴うようになり、当然警察もマークしはじめて、という、より彼らが行使する正義そのものの正当性が問われる展開になりつつある。五話はずばり「正義とは」というサブタイトルなので、描き方が難しそうなテーマをどのように描いていくのか期待したい。登場人物も次々と濃いキャラ登場で楽しい。

この五作に続いて順不同で「ぎんぎつね」「ガンダムビルドファイターズ」「ゴールデンタイム」「凪のあすから」「ミス・モノクローム」がどれも甲乙つけがたく面白いです。ガンダムシリーズ最初の頃のしか知らないけど、「ガンダムビルドファイターズ」は安心安定の少年アニメ王道展開で楽しめる。ラルさん(笑)。「ゴールデンタイム」が大学あるあるネタの応酬という楽しさもあるけど、何気に恋愛コメディの良作な予感。2000年頃なら観月ありさで実写化してた。

ちなみに途中で見るの止めたのは
ガリレイドンナ(3話)、コッペリオン(4話)、境界の彼方(1話)、ストライク・ザ・ブラッド(1話)、機巧少女は傷つかない(1話)

あと今期一押しヒロインはコウサカ・チナ(「ガンダムビルドファイターズ」)ですが、越谷夏海(「のんのんびより」)、ミュセル(アウトブレイク・カンパニー)、伊401(イオナ)(「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」)、ルーちゃん(「ミス・モノクローム」)などと悩むところ・・・って後半二人はどうみても機械だけど。また、「ゴールデンタイム」はリンダ先輩、「凪のあすから」はちさきのダブルかやのんキャラを応援していますがどちらもどうにも負け戦すぎて、どういうかたちであれ幸せになってくれればそれで。

のんのんびより 第1巻 [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2013-12-25)
売り上げランキング: 2,347
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク