走水神社と観音崎公園

先日、三浦半島の東端、走水神社から観音崎にかけて歩いてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

走水神社の歴史

走水神社

走水神社の歴史はかなり古く、いつごろ創建されたのか定かではない。社伝でもヤマトタケル伝承に由来を求めている。父帝景行天皇の命によって東征に出たヤマトタケルは、走水から海を渡ろうとするが荒れて渡れない。そこで妃の弟橘比売命(弟橘媛)が入水、彼女を犠牲とすることで海を渡ることが出来た。このとき、村人が貰ったヤマトタケルの冠をご神体として創建されたのが走水神社だという。

いつからかはわからないがかなり古い時代からあったことは確かなようだ。特に神社がある走水一帯は、三浦半島の東端に位置する軍事・交通上の要衝で、古代から対岸の房総半島富津洲との東京湾横断航路が開けていた。「古事記」とともに「日本書紀」にも「走水」「馳水」などの記載がある。対岸の富津岬が竜神として信仰を集めていたのと同様に走水神社も航海の安全を願って船乗りたちから篤く信仰を受けていた。すぐ近くの御所ヶ崎に弟橘媛を祀る橘神社があったが、明治十八年(1885)、走水神社に合祀されている。

走水神社拝殿

走水神社拝殿

別宮

走水神社別宮

稲荷社

走水神社稲荷社

水神社

走水神社水神社

拝殿の側には向かって左手に弟橘媛の侍女を祀った別宮、右手に稲荷社、拝殿裏の壁に水神社がそれぞれ祀られている。

弟橘媛の記念碑

弟橘媛の記念碑

別宮脇から裏山への山道が整備されており、少し上ると明治四十三年(1910)四月五日建立の弟橘媛の記念碑がある。東郷平八郎、伊東祐亨、井上良馨、乃木希典、高崎正風、上村彦之丞、藤井茂太七人が発起人となり、竹田宮恒久王妃昌子内親王の筆によるもの。

須賀神社、神明社、諏訪神社

走水神社須賀神社、神明社、諏訪神社

古代稲荷社跡

走水神社古代稲荷社跡
山頂には須賀神社、神明社、諏訪神社の三社と、古代稲荷社跡が祀られている。須賀神社は走水神社境内、神明社は伊勢山崎、 諏訪神社は御所が崎にそれぞれ祀られていたものを、現在地に合祀したものである。また、古代稲荷社跡は、伝承では、ヤマトタケルが東征の際に蝦夷討伐の祈願をした祠があった場所とされ、古くから信仰を集めていたようだが、その歴史や由来、真偽などはよくわからない。

走水神社からの眺め

走水神社からの眺め

弟橘媛・舵の碑

弟橘媛・舵の碑

庖丁塚

庖丁塚

その他、境内にはいくつか近年に建てられた記念碑類がある。

走水神社から海沿いにしばらく下っていくと観音崎公園が見えてくる。

観音崎

観音崎

先日の記事でも紹介したように、東京湾は江戸時代には内海または江戸内海と呼ばれ、歴史的にこの観音崎と対岸の房総半島富津岬とをつないだ線から内側を指し、外側が外海と呼ばれていた。行政上の区分は湾の入り口、館山市洲埼から三浦市剣埼まで引いた線となる。

古くから交易の要衝として栄えていたが、明治時代になるとここは三浦半島の東端で東京湾の入り口という位置関係から首都防衛の最重要拠点となり、一般人の立ち入りが禁止され軍事要塞化が進められた。第二次大戦後米軍に接収された後、横須賀市に返還され、昭和五十年(1975)、県立観音崎公園として一般公開された。観音崎公園から走水神社を挟んで西側の丘陵地は防衛大学校となっている。

観音崎公園

観音崎公園

観音崎から房総半島を眺める

観音崎から房総半島を眺める

大蛇伝説の洞窟

観音崎公園大蛇伝説の洞窟

この洞窟に周辺住民を苦しめていた大蛇がおり、七世紀の僧侶行基がこれを退治し鵜羽山権現として祀ったという伝説が残っている。また、この洞窟の沖で入水した弟橘媛を十一面観音として彫り洞窟の中に祀ったとされる。

観音寺跡

観音寺跡

その十一面観音像の伝説にちなんで、十六世紀ごろに観音寺という寺院がこの場所に建てられていたが、明治十三年(1880))、走水一帯の要塞化にともない、横須賀市鴨居に移築された。移築後の鴨居観音寺は昭和六十一年(1986)、火災により焼失している。

観音埼灯台

観音埼灯台

慶応二年(1866)、幕府は英米仏蘭四か国と下関戦争賠償金減免や関税率低下などを定めた「改税約書」を締結するが、同十一条に三崎、観音崎などへの灯台設置が盛り込まれ、この批准のためこの地に灯台が建設されることとなった。着工は幕府滅亡後の明治元年(1868)で、フランス人技術者ヴェルニーが担当し、明治二年(1869)一月一日、完成した。横須賀製鉄所のレンガと石灰を使用し、フランス製レンズを備えた四角形白塗装の建物だったが、大正十一年(1922)四月二十六日の浦賀水道地震(M6.8)で破損、翌大正十二年(1923)三月に二代目の灯台が完成したが、同年九月一日の関東大震災で倒壊、現在のは大正十四年(1925)再建の三代目となる。灯台の名称のみ観音”埼”と表記される。

北門第一砲台跡

北門第一砲台跡

北門第二砲台跡

北門第二砲台跡

第三砲台へのトンネル

第三砲台へのトンネル

第三砲台跡

第三砲台跡

現在でも公園内には明治時代の要塞だったころの遺構が多く残っている。何れも1880~90年代の砲台跡。トンネルも砲台跡も非常に当時の雰囲気がある。

観音崎公園全図

観音崎公園全図

海岸沿いから観音崎へといくルートとは別に、走水神社裏から山道を通って園内に入ることもできる。自然と風景と歴史と神話と、そして戦争の爪痕とをじっくりと味わえる散歩コースでとても楽しめると思う。

走水神社

大きな地図で見る
京急電鉄本線馬堀海岸駅から京急バス「観音崎」行「走水神社」下車

観音崎公園

大きな地図で見る
京急電鉄本線馬堀海岸駅から京急バス「観音崎」行「観音崎」下車

参考書籍・サイト
・神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会編著「神奈川県の歴史散歩 (上) (歴史散歩 (14))
・神崎 彰利、大貫 英明 他編著「神奈川県の歴史 (県史)
・鈴木 理生 編著「図説 江戸・東京の川と水辺の事典
走水神社公式ホームページ
県立 観音崎公園
観音崎 (神奈川県) – Wikipedia
南関東直下地震 – Wikipedia
改税約書 – Wikipedia

観音崎物語―岬の風土と伝承
田辺 悟
暁印書館
売り上げランキング: 1,644,459
神奈川県の歴史散歩 (上) (歴史散歩 (14))
神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会
山川出版社
売り上げランキング: 440,359
ことりっぷ横須賀 三浦半島 (ことりっぷ国内版)
昭文社
売り上げランキング: 296,037
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク