WordPress立ち上げで最初にインストールしたプラグインまとめ

今回、ブログをJUGEMからwordpress化するにあたって最初にインストールしたプラグインのまとめです。googleで検索して色々なブログやサイトでまとめられている記事を参考にしたので、概ねオーソドックスな、つまり多くの人には今更感満載のラインナップなのだろうと思いますが、一応立ち上げ時の記録ということで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Movable Type and TypePad Importer

Movable TypeとTypePadのエクスポートデータをWordpressにインポートするプラグイン。JUGEMのエクスポートデータはJUGEM-XML形式という特殊な形式なので、外部ツールでMT形式に変換、変換されたデータをこのプラグインを使って移行させました。
ダウンロード

All In One SEO Pack

WordPressの基本的なSEOに必要な設定を一元管理してくれるプラグイン。METAタグのDescriptionやKeywordの追加からタグクラウド・カテゴリ・パーマリンクなどの表示形式の設定、google・bing等のウェブマスターツールへの登録、google+やgoogleアナリティクスとの連携など多岐にわたります。
ダウンロード

Google XML Sitemaps

ブログのサイトマップを自動作成してくれるプラグイン。作成したサイトマップを各種検索エンジンのウェブマスターツールに登録すれば、サイトマップを元にサイト内のページを検索エンジンがクロールしてインデックスしてもらえる。タグやカテゴリー、アーカイブをサイトマップに含めるかどうか、など細かい設定が可能です。
ダウンロード

PuSHPress

Google、PubSubHubbubで真のリアルタイムインデックスを実現 | 海外SEO情報ブログ」「PuSHPress – Googleの検索エンジンに瞬時にインデックスさせるWordPressプラグイン | ネタワン」などによると、ブログの更新からgoogleへの更新通知までのタイムラグを無くすプラグインということのよう。
ダウンロード

Head Cleaner

HEAD部分のMETAタグ、Java script、CSS等々の記述や空白・改行等を整理して軽量化してくれるプラグイン。このブログはまだ、不足や根本的な記述ミスなどがまだまだたくさんあるのであわせて手作業で修正していかないといけないと思っています。
ダウンロード

Acunetix WP Security

wordpressの脆弱性をチェックしてくれるプラグイン。起動させるとダッシュボードで危険度に応じてCritical,Medium,Low,Infomationalに分類、ボタン一つで修正できるものから、手作業で変更する必要があるものまで修正する項目が一目瞭然(但し英語)です。
ダウンロード

WP Super Cache

動的生成されるwordpressのページのキャッシュを生成してアクセスの負荷を軽減してくれるプラグイン。ただ、キャッシュの設定は設定次第で不具合も多数出る可能性があるので、基本的にはいじらず「推奨」設定に準拠させています。
ダウンロード

DB Cache Reloaded Fix

データベースへのクエリをキャッシュすることで、アクセス数の増加に対してパフォーマンスの低下を防いでくれるプラグイン。
ダウンロード

WP Multibyte Patch

ダウンロード
公式サイトによると『本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグイン』。

Quick Adsense

google Adsenseを始めとした広告表示の管理を行ってくれるプラグイン。記事下部の広告はこれで表示させています。
ダウンロード

WordPress Popular Posts

24時間、一週間、一ヵ月など設定に応じて閲覧数の多い順にページのランキングを表示してくれるプラグイン。
ダウンロード

以上、11個です。もう少し運営して必要に応じて追加、削除など取捨選択していくつもりです。あまりプラグインが多すぎてもよくわからなくなるので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク