Youtubeで観られるおすすめ短編アニメ10本まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tezcatlipoca

アステカ神話の神テスカトリポカが皆既日食とともにジャガーの姿となって白鳥の湖に乗せて躍動する、壮大かつ美麗な短編アニメーションです。イントロダクションにふさわしいかなと思って最初に。ジャガーの姿で世界を滅ぼしたテスカトリポカと皆既日食を終わらせてテスカトリポカの時代を終焉させるケツァコアトルとの戦いがモチーフですね。

Anime Festival Asia Special Video – feat. Inori Aizawa

マイクロソフトの本気を見せてやる。というわけでブラウザInternet Explorerちゃんの戦闘魔法少女化アニメーションです。やっぱり、IEちゃんは周りが対応してくれなくて困ってるんでしょうか。世界支配を狙うchromeちゃん、熱血系だけど肝心なときに動きが鈍くなるfirefoxちゃん、ぼっちで地味系メガネっ子だけど熱狂的なファンをもつoperaちゃん、名前からして中二病患ってそうなSleipnirちゃんなど各社ブラウザ美少女化期待しています。なおネットスケープちゃんは三話で(以下略)

「フミコの告白」Fumiko’s Confession

勇気を出して告白したけど見事に玉砕したフミコがひたすら走る・・・というか落下していく爆走アニメ。短編アニメならではの疾走感が非常にたまらないです。フミコはその天賦の才を生かして調査兵団に入るべき(違。

rain town

「フミコの告白」と同じ石田祐康監督作品。降り続く雨の中で少女が出会った機械人形。雨の中でぼんやりと浮かび上がる蒼く沈んだ町並みと、全編に漂うなんともいえない孤独感、不安感が非常に美しいです。幼児期の空想上の友達”Imaginary Companion”の死は何を意味するだろう。

Sebastian’s Voodoo

ブードゥーの呪いの人形が、誰かを呪うために針を刺されるだけの運命に立ち向かい、英雄的な行動を見せるというエンターテイメント性たっぷりの作品。無茶しやがって(AA略

Reach

前作の「Sebastian’s Voodoo」も人形は吊るされていた鉤からの脱出が描かれていますが、特に海外の短編アニメで良く見るのが、呪縛からの脱出で、特にコンセントに繋がれた機械人形が自由を求めるという作品は少なくないように感じます。これもその典型で、コンセントは自由を縛る呪縛であると同時に命綱でもあって、そのジレンマは描きやすいテーマなのかもしれないですね。

自主制作アニメ 「 -socket- 」

その呪縛と命綱としてのコンセントをもっとライトにコミカルに描いているのがこちら。コンセント差し込まれた時の猫の表情の絶望感が非常可愛くてツボにはまった。電源求めてハイテンションに突っ走り、イケメン登場・・・からのオチのうまさに爆笑した。

CHILDREN 【自主制作アニメ】

これまで取り上げた作品からちょっと路線を変えて、こちらはいわゆるディストピア物ですね。全てが平等な管理された学校で、次第に溜まる抑圧が一気に爆発して、最後は破滅へと転げ落ちていく様が暗くて救いが無くてとても面白い。暗い世界のどうにもできない醜さに絶望する。

「彼女と彼女の猫」

今や日本のアニメーションで確固たる地位を築いた新海誠監督の1999年の自主製作映画です。猫から見たある女性の何気ない日常に、新海監督の非凡さが詰まっていると思います。喜びも悲しみも含めて人生は美しいなぁ。

Out of Sight (敲敲)

台灣藝術大學の学生による卒業制作ですが、Youtubeで公開されている短編アニメの中でも屈指の作品の一つだと思います。一時ネットでも大きく話題になっていましたが、やはり珠玉の作品でしょう。世界が鮮やかに色づいていく様には思わず感情の昂りを覚えて涙がこぼれます。暗く色のない世界だからこそ、心の中では鮮やかに色づいて見える、そんな希望と優しさにこの作品は満ちていますね。

彼女と彼女の猫
彼女と彼女の猫
posted with amazlet at 14.02.03
原作:新海誠 永川成基
カンゼン
売り上げランキング: 53,119

関連記事
youtubeで観られるキラリと光る自主制作アニメ7本まとめ
ひと夏の秘密の化石発掘体験を美しく描いた自主制作短編アニメ 『木の葉化石の夏』
女の子の仲直りを描いた自主制作短編アニメ 『想い雲』がおすすめ
自主製作アニメーション動画「義足のMoses」が素敵

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク