ペットの死骸の処理・埋葬はどうするのが適法なのか?

母が飼っていた犬が亡くなり、その死骸をどうするかという話になっていて、心情・宗教的な面はさておき、適法性がよくわからなかったので、少し法的な側面だけメモ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットは一般廃棄物か

動物の死骸は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第2条第1項に基づいて一般廃棄物とされるので、焼却処分等一般廃棄物としての処理が必要となる。ただし、『 愛玩動物として飼われているペットが死んだ時、ごみ(廃棄物)として焼却するのに抵抗がある飼い主、また、宗教的及び社会慣習等により埋葬及び供養等を行いたい飼い主については、動物の死体であっても廃棄物処理法の『汚物又は不要物』には該当しないと考えるため、一般廃棄物の対象としていない。』(動物(犬猫)の死体取扱いについて)また、旧厚生省通知「昭和52年8月3日付け厚生省環計第78号」には動物霊園事業に関する疑義に対する『動物霊園事業において取り扱われる動物の死体は廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 2 条第 1 項の廃棄物には該当しない』との回答がある。

ペットの死骸の処理方法

よって、ペットの死骸の処理方法としては、以下の三つになる。(環境省「業種追加の検討「動物の死体火葬・埋葬業者」について

  • 飼い主が自ら処理(自己所有地への埋葬等)
  • 飼い主が、地方公共団体(清掃局等)へ処理依頼(焼却)
  • 飼い主が、民間事業者又は寺院等へ処理依頼(火葬、返骨、埋葬等)

公園や海、山、道路など自身の所有地以外への投棄や埋葬は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定に反するので違法。飼主が庭等に埋める場合には腐敗臭の防止などを考慮してかなり深い穴を掘って埋めるのが妥当。人間以外の死骸については、小動物はともかく、大型犬などになると事実上それが可能なほどの土地が無い限り、現実的ではない。また、廃棄物処理事業者以外が動物の死骸を火葬することも出来ないので、火葬の上で庭に埋葬する場合には返骨してくれる業者に依頼することになる。

一応、庭に埋めて良いのかどうかという話になっていたので、腐敗臭等周囲への影響を考慮した上でそのスペースが充分取れるならば良いらしい、ということです。

参考サイト
ペットの遺体を土葬できるの?
廃棄物の処理及び清掃に関する法律
動物(犬猫)の死体取扱いについて
・環境省「業種追加の検討「動物の死体火葬・埋葬業者」について
・「○廃棄物の処理及び清掃に関する法律の疑義について

関連記事

「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス 著/梨木香歩 訳
しばらく梨木香歩作品を読んでいなかったなと思い彼女の著作を検索していて見つけた本。梨木香歩の翻訳って珍しいな、と手にとってみるととても良い一...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク