カタールの水資源自給プロジェクトについてのTEDスピーチ

ファハド・アル=アティヤ: 水のない国が発展するには | Talk Video | TED

カタールといえばマンガのようなアラブの石油王の国で、砂漠の中に天を衝く高層ビル群がそびえ立つ首都ドーハの写真・映像は有名だ。有名な中東の報道メディアアルジャジーラも首長のハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーのポケットマネーで設立された。「カタール – Wikipedia」を参照してみると、首長一族サーニー家に次ぐ有力部族として閣僚を輩出するアティーヤ家というのがあるらしいので、多分スピーカーのファハド氏はこの一族なのだろう。

水資源が無く農業が限定的なため食糧の90%を輸入に頼るカタールが水の供給をどのように実現させるかというプロジェクトについて、カタール国家食糧安全保障計画会長ファハド・アル=アティヤ氏のTEDスピーチ。水と食料が無いのでそれを自給するために大規模な太陽光発電システムで脱塩装置を動かして35億リットルの水を作りだし、それを農業生産に回して食糧自給化を進めるというプロジェクトで、まぁ石油と資金が唸るほどあるのだろうから、凄い勢いで実現されていくのは間違いなさそう。

水資源については資源問題の一つとして良く語られているところだが、詳しく知らないので少し調べてみたい。

水危機 ほんとうの話 (新潮選書)
沖 大幹
新潮社
売り上げランキング: 38,344
水ビジネスの現状と展望 水メジャーの戦略・日本としての課題
服部 聡之
丸善
売り上げランキング: 267,529
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク