2014年春(4~6月)期アニメ一話面白かった作品まとめ。

2014年春アニメ、各一話をざっと観ました。一応面白かった順に十本、簡単に感想をメモ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラブライブ!第二期

一期と変わらず色々見せ方を心得た作りで非常に大満足です。穂乃果が皆の熱意を受けてラブライブに再出場を決心からの展開はなんですか、一期で打ち負かされた雨すら思うように止ませたことで、過去の超克と希望を表現しているわけだと思いますが、高坂穂乃果はキリストを超えた的な何かに思わず爆笑しつつも妙な昂揚感があってとても良かったです。その昂揚感そのままにハイクオリティな映像のオープニング曲へと突入して、あー、これはどこまで盛り上げれば気が済むんだ、思わず高揚して泣けちゃったじゃないか、みたいな期待感MAXです。一期同様二期もエリーチカと海未ちゃんを応援したい所存。

ラブライブ!  2nd Season 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-06-20)
売り上げランキング: 4

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

一部二部も近年まれに見るテンション(緊張感と昂揚感と両方)の高さの作品でしたが、三部も輪をかけて突っ走ってて一瞬のうちに時間が過ぎ去っていった。最近力抜けた感じのキャラが多かった石塚運昇さんが超全力で声張ってて、ベテランの全力疾走が良い感じに全体を押し上げている印象。スタンド対決、映像で観たら超すごいな。ラジオ聴いていたら、主演の小野大輔さんがジョジョは舞台で観ている観客を通していると想定して声の演技をしているという話をしていていなるほどと思った。似たようなことをたしかキルラキルのラジオで三木眞一郎さんがキルラキルについて言っていて、そういう舞台演劇的なテンションのアニメ作品という系譜なのかな。実力派声優たちの激突、間違いなく維持されるであろうクオリティとともに、とりあえずジョジョ三部って途中までしか読んでないので、先の読めなさも楽しみたい。ホリーが原作で読んだときのイメージそのままで素晴らしかった。

一週間フレンズ。

一週間で会った相手のことを忘れてしまう少女に友達になろうと申し出る少年、ド王道の設定にちょっと懐かしさも覚える綺麗な映像も相まって切なくてキュンキュンする。記憶のメカニズムって、かなり複雑でわかっていないことの方が多いんですけど、2012年に利根川進博士によって長らく有力仮説であった「セルアセンブリ仮説」というのが実証されたんですね。これは「脳内にあるニューロン(神経細胞)の集団の組み合わせとして符号化されて蓄えられるという仮説」(「記憶をコントロールする――分子脳科学の挑戦 (岩波科学ライブラリー)」P29)で、要するに特定のニューロンとそれを繋ぐシナプスの結合によって記憶がされ、時間が経つにつれてその結合が弱まることで記憶は忘れられるというものです。その結合を強めるためには、記憶を思い出して再固定化する、特に、連続的にではなく分散的に学習するのが効果的といわれます。エピソードが記憶を呼び覚ますとも言われます。ニューロンとシナプスを結合させることの象徴として、何度も繰り返し繰り返し、出会い、友情と恋を育むことを描くというのは結構正しい。記憶障害は勿論、現実にはロマンティックなものでは全くなく非常にシビアなものですが、リアルに寄れば日常生活への様々な支障とか家族の苦労とかが描かれるのでしょうし、ファンタジーに寄っていけば一週間で記憶を忘れるということに絞って、二人の関係性が描かれるでしょう。一話の雰囲気からいくとほぼ後者に寄るのかな。どちらにしても、非常に心動かされる作品になりそう。

一週間フレンズ。 vol.1 Blu-ray【初回生産限定版】
東宝 (2014-06-18)
売り上げランキング: 315

シドニアの騎士

去年のアルペジオに続いてのフルCG作品で、映像が緻密で戦闘シーンもギュンギュン動いていてすごい迫力ですね。順にロボット(衛人)がせりあがってきて、整備士に詰られながら(ここ重要。新兵出撃は整備士に詰られてこそです)の搭乗からパパパッと誘導灯が点灯し、出撃、強いGがかかって、宇宙空間に飛び出してという一連の発進シークエンスには惚れ惚れさせられる。あとビゾ・・・じゃなかった海苔夫さん、ドンマイ(笑)。また個人的に注目はキャラに山野さんがいることですね。山野って名字、ベタすぎるのか、実写映画にしろドラマにしろアニメにしろ、いそうでいないので。喜多村さんとか豊崎さんとか名だたる女性声優に山野と呼ばれることの至福を味わっていたら、まさかの引きに天国から地獄で、次回が気になりすぎる。山野ガンバレ山野。女性声優に名字を呼ばれるという喜びを全国の山野が味わい続けるために。あとラジオは今季ナンバーワンです。

シドニアの騎士(1)
シドニアの騎士(1)
posted with amazlet at 14.04.15
講談社 (2013-04-26)
【Amazon.co.jp限定】シドニアの騎士 一 (ジャケットカード付き) [Blu-ray]
キングレコード (2014-05-28)
売り上げランキング: 975

ベスト4は以上で、あとはこんな感じの順番かなー。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
僕らはみんな河合荘
ノーゲーム、ノーライフ
selector infected WIXOSS
キャプテン・アース
ブラック・ブレット

全然期待してなかった「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」と、全くノーチェックでなんとなくニコニコ動画で見た「ノーゲーム、ノーライフ」がどちらもかなり楽しかった。後者はあれか、もし福本伸行がソードアートオンラインを描いたらみたいなテイストか。「僕らはみんな河合荘」は安定のホームコメディ感、住子さんの罵倒とサトリナさんのアバズレキャラを存分に楽しみに見たいです。「selector infected WIXOSS」は期待以上にダークな展開になりそうでわくわく。とりあえずあやねるのキャラが幸せになって欲しいけど、たぶん目いっぱいどん底に落としてくるんだろうなぁ。「キャプテン・アース」はとりあえず謎ばらまいてロボット動かしたお披露目回という感じ。ロボットの合体シーンにそこはかとなく輪るピングドラムの変身パンクを思い出した。ただ、個人的にロボットのコクピットは謎の異空間風ゆったり操縦席よりメカメカして息苦しいぐらい狭い方が好み。「ブラック・ブレット」はこれも意外と面白かったなぁ。梶さんの「駆逐」が聞けたんで大満足としておこう。

あとは一話観てみたけど好みじゃなかった作品としては「極黒のブリュンヒルデ」「魔法科高校の劣等生」かな。あーでもブリュンヒルデはもう少し見るかも。あ、まだピンポン見てないや。流石にこれ以上見るのは時間的に無理だ(って毎期書いてる気がする)。

関連記事
2014年冬(1~3月)期アニメ見た作品まとめ。一押しは「ノブナガン」
2013年秋(10~12月)期アニメ一ヵ月終わって面白かった作品まとめ
2014年春アニメのWEBラジオまとめ
2014年春アニメ気になる作品のPVまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク