十八世紀プロイセンの特徴

セバスチァン・ハフナー著「プロイセンの歴史 伝説からの解放」では十八世紀のプロイセンの特徴について、「シュレジエンのドイツ学者でありスラヴ学者であるアルノ・ロボスの著作『ドイツ人とスラヴ人』(一九七四年)」(P64:同書は未邦訳)から引用して、『これ以上的確に要約することはできない』(P65)と評している。

プロイセンは当時、規律、服従、軍事教練、非の打ちどころなき官僚制、忠実な貴族階級、厳格で啓蒙的で人道的な司法、差別無き理性、完璧な行政機構、禁欲を奨励し、カルヴァン派とプロテスタント派の刻印を刻んだピューリタニズム、さらにコスモポリタン的で宗派に拘泥しない自由思想的傾向において、きわだった国家であった。それぞれまったく異なる四人の君主によって作られた多様な理念の一大集合体が、王冠と領土という観念のもとに一体となって出現した。プロイセンの特徴は、民族によって結ばれた国々とは対照的に、自ら国家形成と国家育成の原則を生み出さねばならなかったこと、この原則なしには存在できなかったこと、また決して否定しえない多様性をもち、そのバランスをとるために、とくに極端な官憲主義を発展させたということにある。

プロイセンの民族性というものはなかった。「国の核」となる模範的な手本も、統一的言語も、中心的な民族舞踊・音楽の類もなかった。多様性こそがまさにその本質と見てとれた。そうであればこそますます、結合と平均化を図る王冠と国家組織の権威が強調されねばならなかった。その権威はしかし、歴史の要求や王家の要求から引き出されるのではなく、国家全体の機能――王家とそれに従属する諸機関および国民諸階層の業績――これら相互の関係から生み出された。プロイセン国家を規定したものは、この国に順応しこの国のために働く個々人に、国が与える使命であった。この国家は、政治、経済、社会、文化等における進歩を、国民全般の労働意欲の土台の上に約束した。労働意欲の否定を、この国は国家存亡の危機として罰した。この国家は完全なる信仰告白、すなわち絶対的服従と職務への完全な忠誠を要求した。この国家は、たとえば宗派や民族の多様性など、その根拠は国にある限りにおいては自由を容認した。とくに少数派のスラヴ人には、新しい仲間意識をうながした。(P64-65)

このプロイセンの著しい特徴は軍国主義である。『プロイセンではすべてが必ず軍隊に帰結した』(P74)。三十年戦争以降、欧州の軍隊は傭兵から常備軍へと転換を遂げていくことになるが、それを最も徹底的に推し進めたのがプロイセンであった。諸列強と比較して狭く、かつ各地に飛び地状に点在する領地にたいして不釣り合いなほどに巨大な軍事力を抱え、その維持のために『国家収入の五分の四が軍隊のために費やされた』(P69)。

強大な軍隊を維持するために財政管理機構の整備は必然で、その効率的な運用を図る官僚制が整備される。巨大な軍隊、効率的な官僚制を維持するために財源の確保が急務となり、マニファクチュアに対する資金融資、国立銀行の設立、土地開発などが次々と行われ、都市に対しては消費税や国内関税が、土地には軍税が課されて厳しく徴収される。また、労働人口確保のために移民が奨励され、フランスで迫害されたユグノーたちを始め、宗派に拘らない寛容な移民政策が取られた。兵士の確保のために徴兵制が敷かれ、自営業者や土地を所有する農民以外は必ず兵役につかなければならない。この徴兵は拒否することも逃げ出すことも困難であり、半ば誘拐じみていて、苛烈極まる。

フリードリヒ大王が自身を「国家の奉仕者」と語ったように、王から末端の庶民に至るまで、それぞれがプロイセン国家のための使命を与えられて、それに応えなければならない。社会福祉などは存在せず、貴族であれ市民であれ乞食であれ罪を犯せば平等の法によって裁かれる。一方で、義務を果たしさえすれば、あとは自由であった。諸外国が宗教、道徳、あるいは民族などを基準にして自由が制限されていたのに対し、比較にならないほど自由でもある。それは宗教、民族、社会に対する無頓着さとしてあらわれていた。啓蒙主義を背景としての宗教的寛容は社会の隅々まで浸透し、同時代のフランスなどと比べると特異なほどだ。

プロイセン国家と臣下・国民との関係は義務と自由という非常に単純化された関係性で成り立っているが、一方でプロイセン国家にはいかなる理念もなく、ただ国家であるというだけでしかない。理念なき国家の維持は地理的条件もあいまって対外的侵略・領土拡大へと向かわざるを得ない。フリードリヒ大王は1741年の著作「わが時代の歴史」の草稿でこう語る。

『戦闘準備の整った軍隊、十分に満たされた国庫、生き生きとした活気、これらを所有していたことが私を戦争へと駆り立てた。』(P103)

十八世紀ヨーロッパの戦争は常にプロイセンがイニシアチブを握る。勤勉で進歩的で寛容にして最も自由な、他国を侵略せずにはいられない軍事国家だ。欧州諸国、特にオーストリアのマリア・テレジアにとって不幸だったのは、その国家に君臨したのがフリードリヒ大王という戦争の天才だったことだろう。

『フリードリヒ大王の行った戦争では、正義はほぼ常に敵方にある。にもかかわらず、これらの戦争の英雄はフリードリヒであり、彼の不当性は彼の英雄的行為の前に色褪せる。歴史とは、時としてこのように不当なのだ。』(P88)

ハフナーはプロイセン国家の特徴を現代の国家観とほとんど共通するところがない、というが、僕は旧ソ連を思い出す。民族的寛容、宗教的無神論、市民社会の軽視、国家の進歩の土台としての勤労の義務化、など、どこか後の共産国家のプロトタイプ的だ。また、資本論の発表(1867年)やパリ・コミューンの誕生(1871年)とドイツ帝国の成立によるプロイセン国家の形骸化(1871年)、あるいはロシア革命(1917年)とドイツ帝国の崩壊によるプロイセン王国の消滅(1918年)など、それぞれ相互に連関する事象でもあるが、共産主義の登場と時期を同じくして姿を消している点にも何か因縁じみて考えさせられるものがある。

よく言えばトリックスター、悪く言えばトラブルメイカー・・・って言い換えになってないが、この十八世紀の先鋭的なプロイセンは、十九世紀に入ると、一気に保守的な国家へと変貌する。この変容が十九世紀欧州史を理解する最大のポイントになるわけだけど、これについてはまたそのうち。

参考書籍
セバスチァン・ハフナー 著「図説 プロイセンの歴史―伝説からの解放
木村 靖二 編著「ドイツ史 (新版 世界各国史)
マイケル・ハワード 著「ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)
君塚 直隆 著「近代ヨーロッパ国際政治史 (有斐閣コンパクト)

関連記事
「市民結社と民主主義 1750‐1914」シュテファン=ルートヴィヒ・ホフマン著
シェーネラーとルエーガー~ヒトラーが範とした二人の反ユダヤ主義者
「仏独共同通史 第一次世界大戦」ジャン=ジャック・ベッケール、ゲルト・クルマイヒ共著
「傭兵の二千年史」菊池 良生 著
1470~1710の欧州列強の兵動員数の変化
「北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大」山内 進 著

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク