「 キリスト教・西洋思想 」一覧

「フランス的思考―野生の思考者たちの系譜」石井 洋二郎 著

「フランス的思考―野生の思考者たちの系譜」石井 洋二郎 著

近代フランスを特徴づける、デカルト以来の合理主義、フランス語の優位性への確信から広がった普遍主義という二大潮流に対する反合理主義・反普遍主義...

記事を読む

クリスマスイブということで

クリスマスイブということで

アメリカノ神学者ラインホールド・ニーバーの著書「アメリカ史のアイロニー」から希望と信仰と愛と赦しについての一節を。 『いかなる価値あること...

記事を読む

「犯罪と刑罰」チェザーレ・ベッカリーア 著

「犯罪と刑罰」チェザーレ・ベッカリーア 著

イタリア・ミラノの法律家チェザーレ・ベッカリーア(1738-1794)が1764年に著した「犯罪と刑罰」は法制史において近代刑事司法思想の先...

記事を読む

「ザ・フェデラリスト」A.ハミルトン J.ジェイ J.マディソン 著

「ザ・フェデラリスト」A.ハミルトン J.ジェイ J.マディソン 著

ザ・フェデラリスト (岩波文庫)posted with ヨメレバA.ハミルトン,J.ジェイ,J.マディソン 岩波書店 1999-02-16 ...

記事を読む

自由主義の歴史が無い社会の陥穽に関するトクヴィルの論メモ

自由主義の歴史が無い社会の陥穽に関するトクヴィルの論メモ

昨日の記事を書いたときに久しぶりにトクヴィルの「アメリカのデモクラシー」をパラパラと読んでいたので、昨日引用した部分周辺、第二巻(下)「第四...

記事を読む

「自由と社会的抑圧」シモーヌ・ヴェイユ 著

「自由と社会的抑圧」シモーヌ・ヴェイユ 著

フランスの女性思想家シモーヌ・ヴェイユ(1909~43)が1934年、若干25歳で書いた論集。当時輝かしい未来が約束されているかに見えたマル...

記事を読む

時代によって移り変わる「七つの大罪」の中の最悪の悪徳

時代によって移り変わる「七つの大罪」の中の最悪の悪徳

人間の悪徳を列挙することは、古今東西、様々な宗教で行われているが、有名なのがキリスト教の七つの大罪である。四世紀頃に八つの枢要罪として語られ...

記事を読む

「民主主義」と「民主制」と「民主政」

「民主主義」と「民主制」と「民主政」

そういえば以前「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)」の感想(→「「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ」飯尾 潤...

記事を読む

「多文化主義とは何か」アンドレア・センプリーニ著

「多文化主義とは何か」アンドレア・センプリーニ著

フランスの社会学者によるアメリカの多文化主義の歴史と議論の全体像を描いた一冊。 多文化主義とは何か (文庫クセジュ)posted wi...

記事を読む

フランスの三つの公共哲学~「自由主義」「共和主義」「多文化主義」

フランスの三つの公共哲学~「自由主義」「共和主義」「多文化主義」

アンドレア・センプリーニ著「多文化主義とは何か」の三浦信孝氏による解説の中のフランスの公共を巡る政治哲学の整理が非常にわかりやすかったので紹...

記事を読む

オルテガ・イ・ガセットによる自由主義の擁護

オルテガ・イ・ガセットによる自由主義の擁護

『政治において、最も高度な共存への意志を示したのは自由主義的デモクラシーであった。自由主義的デモクラシーは、隣人を尊重する決意を極端にま...

記事を読む

「追跡・アメリカの思想家たち (新潮選書)」会田 弘継 著

「追跡・アメリカの思想家たち (新潮選書)」会田 弘継 著

追跡・アメリカの思想家たち (新潮選書)posted with ヨメレバ会田 弘継 新潮社 2008-09 Amazon7nethon...

記事を読む

公共の利益を理由とした背信と殺人の正当化についてのバークの批判

公共の利益を理由とした背信と殺人の正当化についてのバークの批判

『公的な恩沢を掲げて背信と殺人を正当化するうちに、やがては、この公的な恩恵が単なる口実になって、背信と殺人が目的となる。やがては、強奪、悪意...

記事を読む

ポール・ヴァレリー「独裁という観念」「独裁について」

ポール・ヴァレリー「独裁という観念」「独裁について」

フランスの作家・詩人ポール・ヴァレリー(一八七一~一九四五)が「独裁という観念」「独裁について」という独裁を論じた二つの小論を書いている。前...

記事を読む

主権者の一員としての政治研究の義務

主権者の一員としての政治研究の義務

自由な国家の市民として生まれ、しかも主権者の一員として、わたしの発言が公けの政治に、いかにわずかの力しかもちえないにせよ、投票権をもつという...

記事を読む

政治家の大罪「知的道化師のロマンティシズム」

政治家の大罪「知的道化師のロマンティシズム」

『政治家にとっては、情熱(Leidenschaft)――責任感(Verantwortungsgefühl)――判断力(Augenm...

記事を読む

マイケル・サンデル講演動画「失われた民主的議論の技術」

マイケル・サンデル講演動画「失われた民主的議論の技術」

日本でも人気爆発中のハーヴァード大学教授マイケル・サンデルが今年の一月にTEDカンファレンスで講演したときの動画です。subtit...

記事を読む

リバタリアンの9分類表とリバタリアニズム関連本・入門書まとめ

リバタリアンの9分類表とリバタリアニズム関連本・入門書まとめ

森村進著「自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)」によると、リバタリアニズムは「いかなる国家までを正当とみなすか」「...

記事を読む

アメリカ保守主義思想の成立

アメリカ保守主義思想の成立

保守とリベラルというアメリカの二つの思想潮流の一翼を形成する保守主義思想が体系化されたのは戦後になってからのことだ。進化論裁判での失墜と大恐...

記事を読む

病者の祈り

病者の祈り

「苦しむキリスト者のための信条」 大事を成し遂げるために神に強さを求めたが 謙虚さに従うことを学ぶために弱さを授かった 偉大なことをな...

記事を読む

スポンサーリンク