「 仏教・神道・東洋思想 」一覧

「桃源郷――中国の楽園思想」川合 康三 著

「桃源郷――中国の楽園思想」川合 康三 著

苦しみの無い世界=理想郷の希求は人類誕生以来の、いかなる時代も地域も国も人種も超えた普遍的な願いであった。キリスト教的なパラダイス(楽園)の...

記事を読む

「江戸の読書会 会読の思想史」前田 勉 著

「江戸の読書会 会読の思想史」前田 勉 著

読書というのは孤独な営みであり、孤独な愉しみである。そんな読書観は実は新しいものだ。欧州では読書は黙読ではなく音読が主流であり、近世には読書...

記事を読む

「道教の世界――宇宙の仕組みと不老不死」ヴァンサン・ゴーセール&カロリーヌ・ジス 著

「道教の世界――宇宙の仕組みと不老不死」ヴァンサン・ゴーセール&カロリーヌ・ジス 著

道教というと非常に漠然と――いや「茫洋とした」という方がよりしっくりくるか――した印象を受ける宗教だが、この本はその道教の歴史・文化・思想に...

記事を読む

何故、富士山の登山車道は全て五合目までなのか?

何故、富士山の登山車道は全て五合目までなのか?

富士山に登山鉄道構想 過去には山頂までの計画も  :日本経済新聞 富士山の登山車道(富士山スカイライン、ふじあざみライン、富士スバルライン...

記事を読む

日本一長い名前の神社

日本一長い名前の神社

広島県福山市山野町大字山野の広島県天然記念物「上原谷石灰岩巨大礫」下の洞穴にある「多祁伊奈太岐佐耶布都(一〇文字:たけいなだきさやふつ)神社...

記事を読む

「殉死の構造」山本 博文 著

「殉死の構造」山本 博文 著

殉死の構造 (講談社学術文庫)posted with ヨメレバ山本 博文 講談社 2008-09-10 Amazon7nethonto...

記事を読む

NO IMAGE

日本の啓蒙時代を切り拓いた夭折の天才「富永仲基」の思想

富永仲基(とみなが・なかもと)は正徳五年(一七一五)、大阪で醤油屋を営む富裕商人富永吉左衛門の子として生まれた。同時期の欧州で台頭していたブ...

記事を読む

「葬式仏教の誕生-中世の仏教革命」松尾 剛次著

「葬式仏教の誕生-中世の仏教革命」松尾 剛次著

中国や韓国の仏教は日本ほど葬送にかかわることなく、葬儀は儒教や道教、シャーマニズム、あるいは無宗教的な手法で行われるのが常であるという。日本...

記事を読む

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し」

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し」

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し。事績を挙示し、読むものをして憤然として感情興起せしむるに如かず。」         浅...

記事を読む

現代人のための神仏習合入門その2「跋扈する怨霊、翻る反旗」篇

現代人のための神仏習合入門その2「跋扈する怨霊、翻る反旗」篇

前回→現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」 今回は怨霊信仰が登場して散々暴れまわったのちに王権に取り込まれて行くまでです...

記事を読む

現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」

現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」

よく、日本は神仏習合の社会だと言われます。特に最近は、一神教と比較して日本の多様性・独自性を強調する場合に使われるのを良く見かけますが(個人...

記事を読む

「鳥居」~1000年以上も遡るその歴史と起源は謎ばかり

「鳥居」~1000年以上も遡るその歴史と起源は謎ばかり

最近、「鳥居」という本を読んで鳥居の歴史がざっと書かれていたのでまとめておきます。 鳥居 (光文社新書)posted with ヨメレ...

記事を読む

浄土真宗の布教方法が日本型組織の意思決定のベースになってる説

浄土真宗の布教方法が日本型組織の意思決定のベースになってる説

今、山本七平の「日本人と組織」を読んでいます。 日本人と組織 (角川oneテーマ21)山本七平著「日本人と組織」(P80-81) 真宗の蓮如...

記事を読む

彼岸は怨霊、太陽、浄土、祖霊信仰の習合イベントですよね?

彼岸は怨霊、太陽、浄土、祖霊信仰の習合イベントですよね?

今日秋分の日は彼岸の中日です。プラリと近所を散歩したらヒガンバナが沢山咲いていました。暑さ寒さも彼岸までと言いますがそろそろ暑さも和らぎ始め...

記事を読む

自然に還る樹木葬が人気なのだそうだ

自然に還る樹木葬が人気なのだそうだ

樹木葬、静かな人気 好きな木の下で安眠 (1/2ページ) - MSN産経ニュース  墓石の代わりにサクラなどの木を植える「樹木葬」専門の区画...

記事を読む

「古代日本の最高権力者は天皇じゃなく八幡神だったんだよー!」「な、なんだってー(ry」

「古代日本の最高権力者は天皇じゃなく八幡神だったんだよー!」「な、なんだってー(ry」

以下、finalvent氏の与太話に刺激されたトンデモ系ネタ話。極東ブログ: 大仏を巡る与太話 北九州の宇佐神宮が天皇の位を道鏡に譲れとの神...

記事を読む

蛇神宇賀神像ヤバイ、超ヤバイ(閲覧注意?)

蛇神宇賀神像ヤバイ、超ヤバイ(閲覧注意?)

こっちみんな(笑) 高野山親王院収蔵の宇賀神像です。見てると徐々に可愛くなってくるから不思議。 宇賀神 - Wikipedia 宇賀神...

記事を読む

天満宮には何故牛の像があるのだろうか?

天満宮には何故牛の像があるのだろうか?

とりあえず疑問だけで解答なしなのですが、これから調べたいと思っています、という記事です。 全国の天満宮に行くと牛の像が必ずあります。 ...

記事を読む

「日本人は「やさしい」のか―日本精神史入門」竹内 整一 著

「日本人は「やさしい」のか―日本精神史入門」竹内 整一 著

日本人は「やさしい」のか―日本精神史入門 (ちくま新書)posted with amazlet at 14.08.21竹内 整一 筑摩書房 ...

記事を読む

「「はかなさ」と日本人―「無常」の日本精神史」竹内 整一 著

「「はかなさ」と日本人―「無常」の日本精神史」竹内 整一 著

「はかなさ」と日本人―「無常」の日本精神史 (平凡社新書)posted with amazlet at 14.08.21竹内 整一 平凡社 ...

記事を読む

スポンサーリンク