「 心理学 」一覧

「なぜあの人はあやまちを認めないのか」キャロル・タヴリス&エリオット・アロンソン 著

「なぜあの人はあやまちを認めないのか」キャロル・タヴリス&エリオット・アロンソン 著

失言や判断ミスを言い繕う政治家、不正を隠蔽する官僚、予言が外れたときのカルト教団の教祖、論文捏造がばれたときの科学者、憎みあう民族、親子で食...

記事を読む

「ネガティブ・マインド―なぜ「うつ」になる、どう予防する」坂本 真士 著

「ネガティブ・マインド―なぜ「うつ」になる、どう予防する」坂本 真士 著

人には感情がある。喜怒哀楽、さまざまな「感情」は単独で経験されるわけではなく、『ある出来事に遭遇し、その出来事を解釈して何らかの意味を付与』...

記事を読む

「あなたはなぜ「嫌悪感」をいだくのか」レイチェル・ハーツ 著

「あなたはなぜ「嫌悪感」をいだくのか」レイチェル・ハーツ 著

お話は納豆からはじまる。日本ではこの大豆を発酵した食品は非常に好まれるが、日本人でなければ、ねばねばした糸を引き、独特の臭いが漂う納豆はとて...

記事を読む

人は何故虚偽の記憶を作りだすのかについてのTED動画

人は何故虚偽の記憶を作りだすのかについてのTED動画

エリザベス・ロフタス: 記憶が語るフィクション 虚偽記憶の研究者エリザベス・ロフタス氏によるTEDスピーチ動画がとても面白かった。冒頭...

記事を読む

「嫌悪感」が政治的・道徳的信条に及ぼす影響についてのTED動画

「嫌悪感」が政治的・道徳的信条に及ぼす影響についてのTED動画

デイヴィッド・ピザロ: 嫌悪感による奇妙な政治学 | Video on TED.com TEDで興味深いスピーチ動画を見た。人が感じる...

記事を読む

深刻な問題の要因となり得る「孤独感」をはかる20の設問

深刻な問題の要因となり得る「孤独感」をはかる20の設問

ジョン・T・カシオポ、ウィリアム・パトリック著「孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか」に研究者が社会的孤立について調査する際の心理評価法「...

記事を読む

「自分探し」の旅人の三つのタイプ

「自分探し」の旅人の三つのタイプ

承前:「説明責任を負う個人~浸透する「オーディット文化」について」 現代社会を形作る二つの運動、市場化と自己規律化のうち自己規律化の浸...

記事を読む

人が宗教に入信する過程で見られる7つの条件

人が宗教に入信する過程で見られる7つの条件

伊藤雅之著「現代社会とスピリチュアリティ―現代人の宗教意識の社会学的探究」ではいわゆる「新宗教」(キリスト教世界においては伝統的キリスト教と...

記事を読む

NO IMAGE

「音が人に与える4種類の影響」についての見事なプレゼン

音環境を設計するビジネスをしているジュリアン・トレジャー氏が我々に影響を与える4種類の音について語るプレゼンテーションの動画です。su...

記事を読む

自分の思考フレームをはずす、という傾聴法

自分の思考フレームをはずす、という傾聴法

たまーに会うお義母さんの話を上手に聞く方法 - kobeniの日記 このkobeniさんの記事にまとめられたお義母様との対話の実践は、思考フ...

記事を読む

流行りのタイプ別の性格診断ですが

流行りのタイプ別の性格診断ですが

河合隼雄著「ユング心理学入門」(P38) まず、タイプを分けることは、ある個人の人格に接近するための方向づけを与える座標軸の設定であり、個人...

記事を読む

幼児期の"Imaginary Companion"(空想上の友達)という現象

幼児期の"Imaginary Companion"(空想上の友達)という現象

最近、"Imaginary Companion"という幼児期に多く見られる現象についてカウンセラーの知人に教えてもらった。Imaginary...

記事を読む

NO IMAGE

他人の発言を無意識に繰り返してしまう性癖

会議等で他人の発言をついつい繰り返してしまう性癖があるのだけど、この反応のメカニズムは何かなーとおもう。他の人が言ったことと同じことを繰り返...

記事を読む

人はなぜ、自己として夢を見るのか?

人はなぜ、自己として夢を見るのか?

なぜ夢のなかの私は私ではないのに私という自我意識を持っているのだろう? 夢は記憶... - Wassr なぜ夢のなかの私は私ではないのに私...

記事を読む

「社内うつ」はうつ病ではなく適応障害の一種説

「社内うつ」はうつ病ではなく適応障害の一種説

仕事中はうつ 会社の外では元気 「新型うつ病」大流行の裏側(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース  これまでの「うつ病」といえば...

記事を読む

目を閉じて道を歩くと脳の仮説立証性が実感できる

目を閉じて道を歩くと脳の仮説立証性が実感できる

たまに、人気がなく、車通りも少ない道を選んで、目を閉じて歩いている。きっかけはある日唐突に目をつぶったらどうなるだろうという思いに駆られたか...

記事を読む

今日見た悪夢と悪夢をみる脳のメカニズム

今日見た悪夢と悪夢をみる脳のメカニズム

昨日は、まる一日、めまいと頭痛に悩まされて、起き上がってもふらふらと足元おぼつかないし、頭痛からやる気起きないしで、布団の中で過ごした。特に...

記事を読む

知らないうちにハマっている「暗黙の性格論」の罠

知らないうちにハマっている「暗黙の性格論」の罠

森真一著「日本はなぜ諍いの多い国になったのか - 「マナー神経症」の時代」(P20-21)より 「外集団」とはその人が属していない集団のこ...

記事を読む

要は、傷つくのが恐いんでしょ?

要は、傷つくのが恐いんでしょ?

タイトルは「要は、勇気がないんでしょ?シリーズ」からのインスパイアな感じです。はい。 傷つきやすい人はどうすれば強くなる?僕は傷つくことを...

記事を読む

「やさしさの精神病理」大平 健 著

「やさしさの精神病理」大平 健 著

やさしさの精神病理 (岩波新書)posted with amazlet at 14.08.19大平 健 岩波書店 売り上げランキング: 15...

記事を読む

スポンサーリンク