「 哲学・宗教 」一覧

リバタリアンの9分類表とリバタリアニズム関連本・入門書まとめ

リバタリアンの9分類表とリバタリアニズム関連本・入門書まとめ

森村進著「自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門 (講談社現代新書)」によると、リバタリアニズムは「いかなる国家までを正当とみなすか」「...

記事を読む

アメリカ保守主義思想の成立

アメリカ保守主義思想の成立

保守とリベラルというアメリカの二つの思想潮流の一翼を形成する保守主義思想が体系化されたのは戦後になってからのことだ。進化論裁判での失墜と大恐...

記事を読む

NO IMAGE

「音が人に与える4種類の影響」についての見事なプレゼン

音環境を設計するビジネスをしているジュリアン・トレジャー氏が我々に影響を与える4種類の音について語るプレゼンテーションの動画です。su...

記事を読む

自分の思考フレームをはずす、という傾聴法

自分の思考フレームをはずす、という傾聴法

たまーに会うお義母さんの話を上手に聞く方法 - kobeniの日記 このkobeniさんの記事にまとめられたお義母様との対話の実践は、思考フ...

記事を読む

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し」

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し」

「空言をもって義理を説くも、人を感動せしむること薄し。事績を挙示し、読むものをして憤然として感情興起せしむるに如かず。」         浅...

記事を読む

流行りのタイプ別の性格診断ですが

流行りのタイプ別の性格診断ですが

河合隼雄著「ユング心理学入門」(P38) まず、タイプを分けることは、ある個人の人格に接近するための方向づけを与える座標軸の設定であり、個人...

記事を読む

「アイヌ神謡集」知里幸恵編訳

「アイヌ神謡集」知里幸恵編訳

アイヌ神謡集 (岩波文庫)posted with amazlet at 14.08.20岩波書店 売り上げランキング: 5,692Amazo...

記事を読む

原理主義のイデオロギー・組織に関する9つの特徴

原理主義のイデオロギー・組織に関する9つの特徴

小川忠著「原理主義とは何か―アメリカ、中東から日本まで (講談社現代新書)」によると、米国の宗教学者マーティン・マーティ教授らが中心となって...

記事を読む

現代人のための神仏習合入門その2「跋扈する怨霊、翻る反旗」篇

現代人のための神仏習合入門その2「跋扈する怨霊、翻る反旗」篇

前回→現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」 今回は怨霊信仰が登場して散々暴れまわったのちに王権に取り込まれて行くまでです...

記事を読む

現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」

現代人のための神仏習合入門その1「神仏習合のはじまり」

よく、日本は神仏習合の社会だと言われます。特に最近は、一神教と比較して日本の多様性・独自性を強調する場合に使われるのを良く見かけますが(個人...

記事を読む

「鳥居」~1000年以上も遡るその歴史と起源は謎ばかり

「鳥居」~1000年以上も遡るその歴史と起源は謎ばかり

最近、「鳥居」という本を読んで鳥居の歴史がざっと書かれていたのでまとめておきます。 鳥居 (光文社新書)posted with ヨメレ...

記事を読む

病者の祈り

病者の祈り

「苦しむキリスト者のための信条」 大事を成し遂げるために神に強さを求めたが 謙虚さに従うことを学ぶために弱さを授かった 偉大なことをな...

記事を読む

歴史の天使は顔を過去に向けながら、嵐が天使を未来へと押し進める

歴史の天使は顔を過去に向けながら、嵐が天使を未来へと押し進める

20世紀初頭のドイツの思想家ヴァルター・ベンヤミンはパウル・クレーの絵画「新しい天使」にインスピレーションを受けてこう書いた。「コミュニティ...

記事を読む

日本の多くの会社で宗教行為が行われていたのは何故か?

日本の多くの会社で宗教行為が行われていたのは何故か?

経営人類学ことはじめ―会社とサラリーマンposted with amazlet at 09.06.21東方出版 売り上げランキング: 362...

記事を読む

幼児期の"Imaginary Companion"(空想上の友達)という現象

幼児期の"Imaginary Companion"(空想上の友達)という現象

最近、"Imaginary Companion"という幼児期に多く見られる現象についてカウンセラーの知人に教えてもらった。Imaginary...

記事を読む

なぜ人は「呪い」とその「効果」の間に因果関係があると考えるのか?

なぜ人は「呪い」とその「効果」の間に因果関係があると考えるのか?

僕は釘に打たれて死ねるのか - ミームの死骸を待ちながら 呪い、というものは存在するのだろうか。 存在するのだろうか、という問題提起自体かな...

記事を読む

既存宗教に変わって急拡大する「宗教的なるもの」への信仰

既存宗教に変わって急拡大する「宗教的なるもの」への信仰

NHK放送文化研究所が1973年から五年ごと調査している日本人の意識調査の宗教、信仰に関する調査がとても興味深い結果になっていた。 ...

記事を読む

浄土真宗の布教方法が日本型組織の意思決定のベースになってる説

浄土真宗の布教方法が日本型組織の意思決定のベースになってる説

今、山本七平の「日本人と組織」を読んでいます。 日本人と組織 (角川oneテーマ21)山本七平著「日本人と組織」(P80-81) 真宗の蓮如...

記事を読む

「自然」と"nature"

「自然」と"nature"

敵は「自然」 - 地下生活者の手遊び なににしろ、格差や差別を是認する立場の論者が、事実と価値の混同、あるいは本質主義的な主張をする際に、【...

記事を読む

NO IMAGE

現代人にとってのプロテスタンティズムとしてのニューエイジ思想

最近、とてもニューエイジ思想に傾倒した起業家の事業計画プレゼンを聴く機会があったのだけど(自然の偉大さを~とか、生命エネルギーを分かち合うと...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の記事