「 歴史・地理・民俗学 」一覧

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の歴代君主まとめ

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の歴代君主まとめ

ヴィッテルスバッハ家前史 ヴィッテルスバッハ家はドイツの名門で、主にバイエルンを738年に渡って統治した王家として知られる。現在のドイツ南...

記事を読む

文禄・慶長の役を巡る明・琉球・島津氏の情報戦

文禄・慶長の役を巡る明・琉球・島津氏の情報戦

朝鮮半島全土を荒廃させ、豊臣政権崩壊の要因ともなった十六世紀東アジア最大の国際戦争「文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱)」。どうしても戦地となっ...

記事を読む

NO IMAGE

琉球王国の興隆と衰退を中心に十六世紀東アジア貿易と島津-琉球外交略史

別のテーマで書いていた記事の話のまくらとして琉球王国の興隆と衰退、琉球と島津氏の外交について五百~千文字ぐらいの気分で略史をまとめていたらや...

記事を読む

豊臣軍撤退後の朝鮮半島における明国軍駐留問題

豊臣軍撤退後の朝鮮半島における明国軍駐留問題

1598年十一月、朝鮮半島から日本軍は完全に撤退し、豊臣秀吉の朝鮮出兵(「文禄・慶長の役(壬辰倭乱・丁酉倭乱)」)は完全に失敗に終わった。日...

記事を読む

「安倍晴明伝説 (ちくま新書)」諏訪 春雄 著

「安倍晴明伝説 (ちくま新書)」諏訪 春雄 著

安倍晴明伝説 (ちくま新書)posted with ヨメレバ諏訪春雄 筑摩書房 2014-07-12 KindleAmazon ...

記事を読む

「永楽帝――華夷秩序の完成」檀上 寛 著

「永楽帝――華夷秩序の完成」檀上 寛 著

明朝第三代皇帝永楽帝(1360-1424、在位1402-1424)は初代洪武帝、朱元璋の第四子で武勇に優れ燕王に封じられて北方の守りを任され...

記事を読む

日本で初めて反射望遠鏡を作った鉄砲鍛冶「国友一貫斎」

日本で初めて反射望遠鏡を作った鉄砲鍛冶「国友一貫斎」

第一章 江戸の貨幣経済と知識人の台頭、蘭学の登場 十七世紀、戦国乱世の終結による政治的安定は人口増大と経済成長を促した。貨幣経済・商品...

記事を読む

「田沼意次―御不審を蒙ること、身に覚えなし」藤田 覚 著

「田沼意次―御不審を蒙ること、身に覚えなし」藤田 覚 著

十八世紀後半、江戸幕府の権力を掌握して様々な政策を断行し、通称田沼時代と呼ばれる一時代を築いた老中田沼意次(1719-1788)の評伝である...

記事を読む

「蘭学事始」杉田玄白著

「蘭学事始」杉田玄白著

江戸中期の蘭学医杉田玄白(1733-1817)が文化十二(1815)年、83歳でおよそ半世紀前の蘭学草創の頃を振り返って著した自伝である。玄...

記事を読む

「チーズと文明」ポール・キンステッド 著

「チーズと文明」ポール・キンステッド 著

人類の歴史はチーズとともにあった。 チーズと文明posted with ヨメレバポール キンステッド 築地書館 2013-06-04 ...

記事を読む

十六~十七世紀、海を渡った日本人~倭寇、奴隷、傭兵、朱印船、キリシタン

十六~十七世紀、海を渡った日本人~倭寇、奴隷、傭兵、朱印船、キリシタン

十六世紀から十七世紀、戦国時代中期から江戸時代初期にかけて、多くの日本人が海を渡り、東南アジアから東シナ海にかけて様々な活動を行った。海を渡...

記事を読む

「小田原合戦と北条氏 (敗者の日本史 10)」黒田 基樹 著

「小田原合戦と北条氏 (敗者の日本史 10)」黒田 基樹 著

天正十八年(1590)七月、北条早雲(伊勢宗瑞)以来およそ百年に渡って関東を支配した後北条氏は豊臣秀吉率いる二十万以上の大軍勢によって難攻不...

記事を読む

明治政府のフーコー的臣民観

明治政府のフーコー的臣民観

ちょっと引用中心のメモ。 『明治の指導者たちは、人々を単なる支配の対象(object)ではなく、知識をもった自己規律的・自律的な主体(...

記事を読む

フィボナッチの登場、レヴァント貿易の隆盛、複式簿記の誕生、そして十六世紀欧州の数学革命

フィボナッチの登場、レヴァント貿易の隆盛、複式簿記の誕生、そして十六世紀欧州の数学革命

レオナルド・フィボナッチ 『インドの九つの数字は9、8、7、6、5、4、3、2、1である。これら九つの数字とアラビアではzephirium...

記事を読む

NO IMAGE

技術史からみた西南戦争

中岡哲郎「近代技術の日本的展開 蘭癖大名から豊田喜一郎まで (朝日選書)」に日本近代技術史から見た西南戦争について端的にまとめられていて面白...

記事を読む

「東南アジア 多文明世界の発見 (興亡の世界史)」石澤 良昭 著

「東南アジア 多文明世界の発見 (興亡の世界史)」石澤 良昭 著

東南アジアの歴史に対しては茫洋としていていまひとつ捉えどころがないイメージを感じてきた。目を閉じてみる。茫洋とした海原を越えた先に燦然と輝く...

記事を読む

日本人キリシタン「イエズス会で働いているんだが俺はもう限界かもしれない」

日本人キリシタン「イエズス会で働いているんだが俺はもう限界かもしれない」

戦国時代の日本でイエズス会が財政難に直面していたことは、前回の記事『「イエズス会の世界戦略」高橋 裕史 著』で書いた通りだが、同じく「イエズ...

記事を読む

「イエズス会の世界戦略」高橋 裕史 著

「イエズス会の世界戦略」高橋 裕史 著

1534年にイグナティウス・ロヨラらによって創設されたイエズス会は、ポルトガル国王の庇護の下、瞬く間にインド、東南アジア、中国、そして日本へ...

記事を読む

「真田三代 幸綱・昌幸・信繁の史実に迫る」平山 優 著

「真田三代 幸綱・昌幸・信繁の史実に迫る」平山 優 著

2016年のNHK大河ドラマが真田幸村の生涯を描いた「真田丸」という作品になるそうだ。よく知られているように幸村は後世、創作作品で名付けられ...

記事を読む

立憲思想の先駆としての幕末のイケメン武士池田長発

立憲思想の先駆としての幕末のイケメン武士池田長発

幕末の旗本に池田長発(いけだながおき 1837-1879)という人物がいる。最近では遺された写真からイケメンの侍としてネット上で知られている...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の記事