「 芸術・言語・文学 」一覧

kindleで読める岩波少年文庫の10タイトル24冊まとめ

kindleで読める岩波少年文庫の10タイトル24冊まとめ

amazonで色々と検索していたら岩波少年文庫からもいくつかkindle版が出ているのを見つけたので、2015年10月21日現在でkindl...

記事を読む

「本好きの下剋上 第一部『兵士の娘』1~3巻」香月美夜 著

「本好きの下剋上 第一部『兵士の娘』1~3巻」香月美夜 著

本が好き過ぎて周りが見えなくなるほどの読書狂い女子大生本須麗乃。司書として大学図書館への就職も決まったある日、地震で崩れ落ちてきた本に埋もれ...

記事を読む

「甲賀忍法帖」山田風太郎 著

「甲賀忍法帖」山田風太郎 著

鬼才・山田風太郎の忍法帖シリーズ第一作「甲賀忍法帖」を読んだ。山田風太郎作品はこれまで未読で、子供の頃に観た「伊賀忍法帖」「魔界転生」の映画...

記事を読む

「時をかける少女」筒井康隆 著

「時をかける少女」筒井康隆 著

以前「戦国自衛隊」の原作小説を紹介したが、本作も同様に、映画で知っているものの原作小説は読んだことがないという作品の一つだった。特に映画が有...

記事を読む

「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス 著/梨木香歩 訳

「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス 著/梨木香歩 訳

しばらく梨木香歩作品を読んでいなかったなと思い彼女の著作を検索していて見つけた本。梨木香歩の翻訳って珍しいな、と手にとってみるととても良い一...

記事を読む

「赤頭巾ちゃん気をつけて」庄司薫 著

「赤頭巾ちゃん気をつけて」庄司薫 著

およそ十年ぶりに読んでみた。以前ブログに感想を書いていたのだけれど、いい機会なので改めて感想をまとめてみる。 赤頭巾ちゃん気をつけて ...

記事を読む

「豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) 」栗本 薫 著

「豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) 」栗本 薫 著

前回の記事で栗本薫「グイン・サーガ」と高千穂遥「美獣」の関係についてどう影響しあってたかが疑問となっていたので、調査がてらグイン・サーガ1巻...

記事を読む

1972年生まれが十代で読んだヤングアダルト系SF・ファンタジー・伝奇小説まとめ

1972年生まれが十代で読んだヤングアダルト系SF・ファンタジー・伝奇小説まとめ

大体四十歳前後から、発作的に昔を懐かしんで果てしなく思い出がよみがえる伝染病に罹り重体となる例が観測されますが、さっきから発病したようなので...

記事を読む

「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー 著

「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー 著

ずっと読みたいと思っていた。1932年に描かれた本作はディストピア小説の傑作として、オーウェルの「一九八四年」と並び称されることも多い。その...

記事を読む

資本論に次ぐ影響を与えたという十九世紀末のユートピア小説「かえりみれば――二〇〇〇年から一八八七年」エドワード・ベラミー 著

資本論に次ぐ影響を与えたという十九世紀末のユートピア小説「かえりみれば――二〇〇〇年から一八八七年」エドワード・ベラミー 著

1888年に米国で出版され、「アンクル・トムの小屋」と並ぶ大ベストセラーとなった小説にエドワード・ベラミー(1850~1898)の「かえりみ...

記事を読む

「戦国自衛隊」半村 良 著

「戦国自衛隊」半村 良 著

映画はもう子供のころから何度となく観ていたけれど、原作小説は読んだことがなかったという作品の一つだったのだが、ついに読んだ。やはり日本SF黎...

記事を読む

「果しなき流れの果に」小松 左京 著

「果しなき流れの果に」小松 左京 著

1965年にSFマガジンに連載され、故・小松左京氏の最高傑作の呼び声も高い同氏初期の傑作。最近SFの古典を少しずつ読んでいこうかなと思い、半...

記事を読む

「ジーキル博士とハイド氏 」ロバート・ルイス・スティーヴンスン 著

「ジーキル博士とハイド氏 」ロバート・ルイス・スティーヴンスン 著

この作品ほど、謎や真犯人が知られているものはないだろう。その謎を知る人のうち、原作を読んだことがある人の数はかなり少ないであろうにも関らずだ...

記事を読む

「タイムマシン」ハーバート・ジョージ・ウェルズ 著

「タイムマシン」ハーバート・ジョージ・ウェルズ 著

ジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれるハーバート・ジョージ・ウェルズによって1895年に発表されたSF文学の古典。タイム・トラヴェ...

記事を読む

実写版「寄生獣」予告編

実写版「寄生獣」予告編

予告みるとまさにマンガのコマそのものな捕食シーンとかあって特撮はかなりすごそうだし、キャストもかなり良さそうで演技も期待できそうだけ...

記事を読む

「透明な批評(transparent criticism)」とライトノベル

「透明な批評(transparent criticism)」とライトノベル

先日の記事『「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー著』で紹介した『批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義 (中公新書)』で紹介さ...

記事を読む

「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー著

「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー著

以前、『「地獄への道は善意で舗装されている」ようなストーリーの作品を教えてださい!ジャンル・媒体なんでもいいです!』という「人力検索はてな」...

記事を読む

「All You Need Is Kill」桜坂 洋 著

「All You Need Is Kill」桜坂 洋 著

作品世界へゆっくりと、しかし着実に没入していくその過程は、良質な小説を読むときの魅力的な読書体験だ。本を手に取り、ページを開いて、文字を追い...

記事を読む

吉永小百合の野麦峠越えエピソード

吉永小百合の野麦峠越えエピソード

最近読んだ佐滝剛弘「日本のシルクロード―富岡製糸場と絹産業遺産群 (中公新書ラクレ)」(2007年)に、『飛騨総合ポータルサイト「野麦峠を越...

記事を読む

NO IMAGE

タイ王国をやたらハードボイルドな雰囲気で撮った短編映画

Thailand - In The Garden of The Dragon - YouTube 溢れ出るGメン'75海外ロケ編臭...

記事を読む

スポンサーリンク