「 芸術・言語・文学 」一覧

岡林信康「くそくらえ節」

岡林信康「くそくらえ節」

くそくらえ節 フォークソングの神様岡林信康の1968年に発表したものの、もろもろアレだったことで見事放送禁止となった有名な曲から、40年の...

記事を読む

懐かしの東京スカパラダイスオーケストラ×ゲストボーカルまとめ

懐かしの東京スカパラダイスオーケストラ×ゲストボーカルまとめ

最近スカパラもYoutubeに公式チャンネル作っているのを知って、色々お仕事中のBGMで、ひさしぶりにスカパラ聴きまくってました。で、スカパ...

記事を読む

「あのな、ええことおせちゃる」作家車谷長吉の母が説いた人生の言葉

「あのな、ええことおせちゃる」作家車谷長吉の母が説いた人生の言葉

車谷長吉(本名車谷嘉彦)は「最後の文士」「新無頼派」などと呼ばれ、また自身で「反時代的毒虫」と名乗る異端の私小説作家である。昭和二十年兵庫県...

記事を読む

宇多田ヒカルの10曲

宇多田ヒカルの10曲

宇多田ヒカル公式チャンネルが開設されたということで、あまり詳しくないんだけど、慣れ親しんだ宇多田さんの個人的ベスト10曲を選んでみた。 ・A...

記事を読む

「センセイの鞄」川上弘美著

「センセイの鞄」川上弘美著

< センセイの鞄 (文春文庫)posted with amazlet at 14.08.20川上 弘美 文藝春秋 売り上げランキング: 21...

記事を読む

タモリ「節操は無い方がいい。節操があると心が自由にならないから」

タモリ「節操は無い方がいい。節操があると心が自由にならないから」

結構前にやっていたブラタモリの品川の回で、この回は神回と言っていい面白さだったんだけど、その最後にゲストの、散歩好きなら必読本な「東京の空間...

記事を読む

村上春樹が本を読み込むために心がけている3つのポイント

村上春樹が本を読み込むために心がけている3つのポイント

二日続けて村上春樹ネタというのもどうかと思ったりはするのだけど、まぁ、書きたいと思ったときが書くべきときだということで、簡単に紹介。 「若い...

記事を読む

村上春樹が語る、これからの英語の重要性と変化について

村上春樹が語る、これからの英語の重要性と変化について

村上春樹氏の英語論についてはてなブックマークで話題だったので、関連して村上春樹氏の英語観がよくあらわされているインタビューを紹介します。河合...

記事を読む

60年代を代表する洋楽名曲セレクション22曲

60年代を代表する洋楽名曲セレクション22曲

最近ブログは難しいことばっかり書いてたので気晴らしに音楽ネタなど。個人的に60年代後半から70年代中盤ぐらいまでが大好物です。まぁ、王道とい...

記事を読む

男はなぜ絶望し死を選んだか~「ペパーミント・キャンディー」

男はなぜ絶望し死を選んだか~「ペパーミント・キャンディー」

ペパーミント・キャンディー posted with amazlet at 14.08.21アップリンク (2004-03-26)売り上げラン...

記事を読む

人はなぜ「貧しくても幸福な生」の物語に憧れるのか

人はなぜ「貧しくても幸福な生」の物語に憧れるのか

「貧しくても幸福な生」について、社会学者の見田宗介氏はこう書いている。見田宗介著「現代社会の理論」P107 貨幣経済の支配しつくしたシステム...

記事を読む

「天国と地獄」黒澤明監督

「天国と地獄」黒澤明監督

天国と地獄< 普及版> posted with amazlet at 10.05.30東宝 (2007-12-07)売り上げランキング: 9...

記事を読む

「西の魔女が死んだ」長崎俊一監督/サチ・パーカー主演

「西の魔女が死んだ」長崎俊一監督/サチ・パーカー主演

登校拒否になってしまった中学一年生のマイ(高橋真悠)が、しばらくの間、お母さん(りょう)に連れられて田舎の山村で自給自足に近い生活をする英...

記事を読む

「良き敗者になれない者は、立派な勝者になることはできない」

「良き敗者になれない者は、立派な勝者になることはできない」

今年もその年最低の映画を決めるラズベリー賞が発表され話題になっていますね。このニュースの時期になると、僕は女優ハル・ベリーの名スピーチをふと...

記事を読む

吉田兼好化する自意識と生きられなさ

吉田兼好化する自意識と生きられなさ

徒然草第百十二段 人間の儀式、いづれの事か去り難からぬ。世俗の黙し難きに随ひて、これを必ずとせば、願ひも多く、身も苦しく、心の暇もなく、一生...

記事を読む

最悪の悪漢とは

最悪の悪漢とは

最悪の悪漢とは、真の姿の反対であるふりをする者たちだ。愛のふりをした憎しみ。美徳のふりをした悪徳。正義のふりをした不正。アメリカの脚本家であ...

記事を読む

芥川龍之介が見たドッペルゲンガーの姿について

芥川龍之介が見たドッペルゲンガーの姿について

芥川龍之介の短編に「二つの手紙」という異色の作品がある。大学教師佐々木信一郎を名乗る男が自身と自身の妻の"ドッペルゲンゲル"を三度も目撃し、...

記事を読む

向上しながら滅びる

向上しながら滅びる

最近、色川武大の「うらおもて人生録」をパラパラと読んでいるのですが、その中で彼はこういうことを書いています。「うらおもて人生録 向上しながら...

記事を読む

「ポンヌフの恋人」レオス・カラックス監督

「ポンヌフの恋人」レオス・カラックス監督

ポンヌフの恋人 posted with amazlet at 10.01.21東北新社 (2006-10-27)売り上げランキング: 149...

記事を読む

「プリシラ」ステファン・エリオット監督

「プリシラ」ステファン・エリオット監督

プリシラ posted with amazlet at 14.08.1920世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の記事