「 スピリチュアル・オカルト 」一覧

「現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇」大田俊寛 著

「現代オカルトの根源:霊性進化論の光と闇」大田俊寛 著

二十世紀のオカルティズムの拡大と浸透の過程で現代日本社会にごく当たり前の思想として受け入れられている霊魂観――「肉体が潰えた後も霊魂が存続し...

記事を読む

「オカルトの帝国―1970年代の日本を読む」一柳 廣孝 編著

「オカルトの帝国―1970年代の日本を読む」一柳 廣孝 編著

映画、TV、小説、アニメ、マンガ、ゲームなどのサブカルチャーから宗教・思想さらには日常生活の隅々までオカルトは薄く広く拡散している。日本にお...

記事を読む

「心霊の文化史—スピリチュアルな英国近代」吉村 正和 著

「心霊の文化史—スピリチュアルな英国近代」吉村 正和 著

十九世紀半ばから二十世紀初頭にかけて英米を中心に隆盛を迎えたのが心霊主義(スピリチュアリズム)である。近代的な思想運動として始まった心霊主義...

記事を読む

ノストラダムスに関する実証研究のコンパクトな入門書「ノストラダムス―予言の真実」

ノストラダムスに関する実証研究のコンパクトな入門書「ノストラダムス―予言の真実」

諸宗教の聖典・経典を除けば、十六世紀フランスの医師・占星術師・詩人であるミシェル・ノストラダムス(1503~66)によって書かれた「予言集」...

記事を読む

NO IMAGE

妖精信仰と代替医療、アニミズムとスピリチュアル運動

妖精信仰は古くからブリテン島・アイルランド島や北欧などを中心に欧州を中心に見られる、元素や樹木などの植物、嵐や雷などの自然現象、昆虫などの生...

記事を読む

「小さいおじさん」という都市伝説

「小さいおじさん」という都市伝説

巷では「小さいおじさん」なる「モノ」が出没しているという。 Wikipediaにはこうある。 小さいおじさん - Wikiped...

記事を読む

一人歩きして悲劇を生んだ一冊の政治風刺本

一人歩きして悲劇を生んだ一冊の政治風刺本

一八六四年、皇帝ナポレオン三世治世下のフランス。弁護士モーリス・ジョリは「マキャベリとモンテスキューの地獄での対話」という著作を発表した。 ...

記事を読む

「世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ」辻隆太朗著

「世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ」辻隆太朗著

本書は、そのタイトル通り、ユダヤ陰謀論、フリーメーソン、イルミナティなどの著名なものから、9.11陰謀論や地震兵器、あるいは「田中上奏文」、...

記事を読む

NO IMAGE

「ハイパー宗教」化する現代の新宗教運動

十九世紀末以降近代に入ってから登場した宗教は、それまでのキリスト教・イスラム教・仏教等伝統宗教に対して新宗教(新興宗教)と呼んで区別されるこ...

記事を読む

日本の多くの会社で宗教行為が行われていたのは何故か?

日本の多くの会社で宗教行為が行われていたのは何故か?

経営人類学ことはじめ―会社とサラリーマンposted with amazlet at 09.06.21東方出版 売り上げランキング: 362...

記事を読む

なぜ人は「呪い」とその「効果」の間に因果関係があると考えるのか?

なぜ人は「呪い」とその「効果」の間に因果関係があると考えるのか?

僕は釘に打たれて死ねるのか - ミームの死骸を待ちながら 呪い、というものは存在するのだろうか。 存在するのだろうか、という問題提起自体かな...

記事を読む

既存宗教に変わって急拡大する「宗教的なるもの」への信仰

既存宗教に変わって急拡大する「宗教的なるもの」への信仰

NHK放送文化研究所が1973年から五年ごと調査している日本人の意識調査の宗教、信仰に関する調査がとても興味深い結果になっていた。 ...

記事を読む

NO IMAGE

現代人にとってのプロテスタンティズムとしてのニューエイジ思想

最近、とてもニューエイジ思想に傾倒した起業家の事業計画プレゼンを聴く機会があったのだけど(自然の偉大さを~とか、生命エネルギーを分かち合うと...

記事を読む

人間は脳の○%しか使っていないので凄い潜在能力があるんだ信仰

人間は脳の○%しか使っていないので凄い潜在能力があるんだ信仰

ってあるじゃないですか。最近でも、さも当然のように電車の中刷り広告なんかに自己啓発本関連で「残り○%を呼び覚ます○個の方法!」とかそんな類の...

記事を読む

幸福の科学がビジネス書や自己啓発本の出版にシフトしている

幸福の科学がビジネス書や自己啓発本の出版にシフトしている

なんか、最近、「大川隆法著「リーダーに贈る「必勝の戦略」」とか電車の中刷りでみかけて笑った。ちょっと前も同氏の心がすっきりするストレス解消う...

記事を読む

無宗教の信仰の対象は神聖不可侵なる人格ですよ

無宗教の信仰の対象は神聖不可侵なる人格ですよ

無宗教の信仰の対象は何? 神に変わって神聖不可侵な人格を崇拝することを共通の規範として近代社会が成立したという理解だと思いますよ。お金はお金...

記事を読む

ソーシャル・ベンチャー(社会貢献を目的としたベンチャー)は何故、自己啓発・ロハスなどニューエイジ系に傾倒するのか

ソーシャル・ベンチャー(社会貢献を目的としたベンチャー)は何故、自己啓発・ロハスなどニューエイジ系に傾倒するのか

社会(ソーシャル・ベンチャー)というムーブメントを最近良く耳にする。利益の獲得よりも、社会変革を目的として株式会社を起業することで、最初耳に...

記事を読む

NO IMAGE

19世紀の英国、20世紀初頭の米国と同様に現代日本で自己啓発本が流行る背景とは?

「読書」という宗教~レバレッジ、ライフハック、マインドマップ - 【海難記】 Wrecked on the Sea(リンク切れ) むしろ、...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の記事